苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・低学年

学芸会にて。2 

2007/10/21 Sun.

次の日も登校日で、1時間ほどで下校後、担任からお電話を頂きました。


先生「ユタくんに、”声が小さかった”と言ったのですか?」(ユタめが、早速報告した模様)


私「はい、声が云々より、まずふざけた事を叱りました。(と、内容を話し)」


先生「横から見てたのですが、全然気付きませんでした~。ちょっと下を向いちゃったところもあったけど、舞台度胸もあるし、よく出来てたじゃないですか~!」


(そ、そうですか・・・確かにあたしゃ、わが子にしか目が行ってませんので他は分かりませんが、ありゃヒドイですわ・・・よく出来ていたという事は、練習もあんな感じだったのかしら・・・汗)


先生は、何よりも鑑賞態度(他学年の発表の)が良かったと褒めて下さったので、そこが出来れば、学校での課題はクリアできたのかな、と・・・

やはり学校生活が苦手な子なので、そこまで欲を出しちゃいけないのかな、と考え直してみたり・・・。


そして、わざわざお電話までくれて(他の用件もありましたが)気に掛けて下さった先生・・・

前回の記事では悪役で登場しましたが、こういう気遣いもして下さると、なかなか憎めない・・・結局良い先生なのだ本日まで、ご指導ありがとうございました)


まぁ、ユタも、自分的には良くできたとお思いのようですし・・・私、厳しかったかしら???


でも、悪い事は悪い!!

ふざけた事を叱るのは当然さっ!!


という感じの、ちょっと塩辛い学芸会でした・・・



教訓:何事も”期待しすぎ”は良くありません。



おわり。


にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽちっと応援お願いします♪
スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

No title

期待しただけに、子供のおふざけに、がっかりすることってよくあります・・・
その逆に、まったく期待していなかったのに、できたときはとても感動します。
日頃から、子供の成長を見ているとがっかり、感動の大きな振幅に、親の方がくたびれてしまいますよね・・・
でも、子供の方は、親を気にして何かしているわけでもなかったり、妙に、親に気遣っていたり・・・子供は子供で複雑な振幅に揺れているようです。
今回は、学芸会、頑張ったのではないですか?
ただ、練習のときに頑張りすぎて、本番では糸が切れてしまった。
そんな状況だったのでしょうか?
今週末、我が息子も音楽発表会があります。息子はどちらに揺れるのでしょか?さてさて(汗)

コーヒーとうさん #79D/WHSg | URL | 2007/10/21 22:00 - edit

No title

コーヒーとうさん☆

>その逆に、まったく期待していなかったのに、できたときはとても感動します。

ハイ、全くその通りで。
去年はそうでしたね~。
なので、今年は欲が出てしまいました(^-^;

今回は、鑑賞態度が良かったという事であげないといけませんね
(そこは褒めました。&あんたは、もっとできる子なんだよ、と暗示もかけつつ・・・)

トットくんも頑張れ~

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/10/22 19:30 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/89-ab065803
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。