苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・低学年

腑に落ちない事。(愚痴) 

2007/10/10 Wed.

かつて、怪我をして入院した女の子、その子が最近学童で遊んでいて、何と!鼻を骨折したらしく、しばらく学校も休んでいたようなのですが、昨日から登校してきたのです。


朝、ユタはただ荷物をかけようと、たまたまその子の近くを通ろうとしただけなのに、担任の厚いガードが!!

(って、その子の横が荷物掛けじゃん)


その後、ユタは『オレは乱暴者だから、Kちゃんには近づいちゃいけないんだ』とつぶやきました。


担任によると「今日からKちゃんが登校して来て、鼻の骨折なのでギプスとか出来ないらしく、まだちゃんと骨が付いていないので、近づかれるのがちょっと・・・親御さんも心配されていて・・・」との事。


ん・・・???


それは、私に話す事ですか?


これから仕事に行く私がそれを聞いて、一体何が出来るでしょう?

(私がついていれば良いっての??いやいや、学校と、その子の家庭でフォローすべき事なのでは?)


それに、その怪我とユタに一体何の関係が???


私は、ユタが自分は近づいちゃいけないんだ、と言っていましたよ、と話したら、えっ、そうですか?でも、さっき近づいて行ったから・・・とな。

(だから、荷物掛けようとしただけじゃろがい)


朝だったのでゆっくり話す時間もなくて、私もその時は、またぶつかりでもして怪我が悪化したら大変だ~、なんて一瞬思ったものの、その後、考えれば考えるほど腑に落ちなくて。



通勤の電車の中で、だんだん腹が立ってきました


確かにそのご心配もごもっともですが、ユタはあの一件以来その子にむやみに近づく事もなく、それにあの当時から見れば随分成長しているのです。


例え、その親御さんが名指しで気をつけて欲しいと言って来たとしても、先生が凛とした姿勢で対応出来ないものなのかと・・・無理な注文ですかねぇ。


なぜ過去を蒸し返すような事を?

(実際、今冷静に考えると、あの事故もユタと直接関係があるようにはどうしても思えないのです・・・だって、頚椎がずれててお相撲が取れる?・・・と病院の先生も言ってましたケド)


そして、なぜまたユタが傷つかなくてはならない???

(あん時、どれだけ傷ついたと思ってんじゃーーー)


今日、連絡帳で、昨日は伝えられなかった”オレは乱暴者だから”という言葉を付け加え、『本人は傷ついているようです。せっかく今は前向きな気持ちで頑張っているのに、こんな事で気持ちが乱れまた荒れてしまうのではと心配です』とお伝えし、今朝も直接、こう言ってて傷ついているようなのですが・・・と担任に話すと、またもや「そうなんですかぁ~」とふわぁ~っと言われ

(そんな風には見えません的なニュアンス)



何か、私が言いたい事いまいち伝わらない感じ(ノ_-;)ハア…



打っても響かない、天然系の先生で、話もそれていきそうだったので、もうそれ以上話す気にもなれず。



確かに、他に色々ご迷惑を掛けているのも事実です。

でも、今回だけはどうしても黙っていられなくて。



外傷はすぐに治るけど、心の傷って見えないし治りにくいものです。

怪我をしている子を守るのも大事ですが、こちらのフォローはしてもらえないんですかねぇ・・・



幸い、今のところユタは大きく荒れる様子もなく、今週末行われる学芸会に向けて頑張っているところです


余談ですが、そのKちゃんの親御さん、入院の際に開かれた臨時の保護者会以外、ほとんど学校に来た事がありません・・・

あの時も、ユタに誰か大人を付けないなら、娘は学校に行かせません、と騒がれていたようです。

学校や誰かを攻める前に他に出来る事はないのでしょうか・・・



以上、愚痴でした。



にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽちっと応援お願いします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 8
TB: 0

page top

コメント

No title

ちら見のつもりでしたが・・・
私も学童保育の指導員をしえいるシングル母です。
いろんな人がいるからなぁ・・・
と、考えてしまいました。責める保護者の方は指導員も責めているはずです。
私の前任はそのせいで解雇させラマした。
あぁ、なんと言って説明すればいいものか・・・
とりあえず、安全なところで愚痴を言ってストレスの発散をしてください。
としかいえない私が、大変もどかしい。

マスミ #79D/WHSg | URL | 2007/10/10 23:38 - edit

No title

マスミさん、初めまして♪

息子の話だと、その子は上級生(?)に押されて、鼻をどこかにぶつけたとの事なので、相手がはっきり分かっているのなら、うちと同様、さぞ大問題になっている事でしょうね
学童の指導員も当然責められているでしょう・・・。

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/10/11 18:17 - edit

No title

確かに、可愛い娘の怪我は心配でしょうが、(彼女も頻繁に心配になるような怪我するわねー。)名指しでってのはどうなの?もしかして、モンスター?
先生だってさぁ、朝の会で皆に向かって「○○さんは鼻の骨を折っているので皆さん気をつけてあげてくださいね。」って言えば済む事なんじゃないかと・・・。

じゅんこ-37 #79D/WHSg | URL | 2007/10/11 21:25 - edit

No title

じゅんこ-37さん☆

うん、もちろんみんなに向けて、気をつけるようにという指示だったらしいけど・・・
(個別にユタに話したのかは不明・・・連絡帳にて問うてみたが、未だ返事なしで)

今日行ったら、その女の子の横の壁が、荷物掛けになっているんだけど、そこ(席と荷物掛けの間の通路)も通行禁止になってて
どんだけ過保護なの?!って感じです

名指しかどうかは定かではありませんが(十分ありえるが)、親の対応がおかしいのは、まぁこの際置いといても、教師がもう少し毅然とした態度でいて欲しいと願う、今日この頃です。。。

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/10/11 22:37 - edit

No title

何かあると、我が子のせいにされてしまうという、悪い風潮。
感じますね。全部が全部自分の子供が当事者で、悪者。
ハイハイ、そうですか?
って開き直ってしまいそう・・・
うちの子は、確かに問題児かもしれないけど、悪い子じゃありません。その場所にいたからといって、犯人扱いするのは止めてください!
って、声を大にして言いたくなることあります。
ユタ君の心の傷は、大きく深い・・・
その傷口をさらに、大きく開くような、対応は止めて欲しいものですね。

コーヒーとうさん #79D/WHSg | URL | 2007/10/12 20:44 - edit

No title

コーヒーとうさん☆

正直、まだモヤモヤしています。
担任では話にならないので、更に上に訴えようかとも・・・
事は大きくはしたくないですが、うちの息子にも守られる権利はあるはずです。
他に問題があっても、今回の事とは別ですから・・・。
前回の事件の時、私がもっと強く、しっかり息子を守ってあげるべきだったのでは、と言う思いも残っているので、今回は譲りたくないのです
無駄な戦いでしょうか・・・?

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/10/12 20:51 - edit

No title

働きに出るようになって、大変そうですね。
私も夜勤などが入るようになって、ブログの更新がおろそかになっていますが、お互い、気長にやりましょうね!
 
理解のない、人に理解してもらおうと努力することは、一見、無駄な努力に感じてしまうことがありますが、、
その人が理解しなくても、その周りには、必ず、理解してくれる人がいるはずです。
教師なんて、いい加減なものです。結局、上を動かさなければ、楽な道を進む存在ですから・・・
地道に、良い方向へ道が開かれるように、お互い頑張りましょう!
疲れた身体に鞭打って・・・

コーヒーとうさん #79D/WHSg | URL | 2007/10/20 20:44 - edit

No title

コーヒーとうさん☆

すみません・・・最近ブログもかなり更新停滞気味(^-^;
やはり、仕事をしているとなかなか手が付けられませんね、アハハ~(苦笑)

その後、教育センターの先生に相談したところ、日も経ってしまったし、その女の子の怪我が完治するのを待って(その頃の方が先生も落ち着くでしょう、との事)、改めて面談を申し込んでみては?という案をいただきました。

私的には、これまで1年半、山越え谷越え、すったもんだありながらも担任との良い関係を築いてきたつもりで、情もあります。
それが逆に仇となって、今回の事は、親としての主張が足りなかったのか等色々思い悩んでいましたが、センターの先生は、それは当然の事、それ以上踏み込まなかったのは、常識のある親の考えだと仰ってくれてほっとしたのと、その後、違う件で担任の愛情が垣間見れたりで、やはり悪い先生ではないという事、なので、いきなり上の先生への直訴はしてはいけないな、と思いとどまりました。

教師として、そこはどうかな、という部分も多々ありますが(私も、人の事言えたモンじゃありませんが・汗)、総合的に考えると、たくさんフォローもして頂いているし、幸い、ユタもその後荒れるような事もないので、今、これ以上の波風を立てるのはやめる事にしました。

次回の面談の際に、今回の事にもう一度ふれようかとは思っていますが。

お互い、頑張りましょうp(*^-^*)q 疲れた身体に鞭打って(笑)

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/10/20 21:02 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/87-44b40708
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。