苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・低学年

あとがき 

2007/08/08 Wed.

昨日の記事の続きです。(やっぱり続きがありました)


あとがき的にというか、最後に現在の私と担任の先生との関係について述べておきたいと思います。


今現在は、以前に比べて大変良好だと思います。


やはり先生も人間なわけで、ユタが荒れていた時は”何なのこの子は!!”という気持ちは少なからずあったと思います。

他の親達からも、相当攻められる場面もあっただろうし・・・。

そして、2年生になりユタも成長し、授業も妨害しなくなり良い所もたくさん見えるようになって、ちょっと前までの態度とはコロッと変わってしまいました。


でも、そういう単純な(おっと失礼)、いや、気持ちを引きずらない先生で良かったと思っています。

私も毎日顔を出しているので、大分意思の疎通も出来るようになったかな??いや、どうだろうか???


”コーヒーとうさん”からのコメントで『モンスターペアレンツ』という言葉を初めて知りました。

調べたら、異常なほど過保護な親の事らしいですね。


確かにいます

なので教師側も”モンスターティーチャー”にならざるを得ないのかも・・・。


ホント、私が子供時分、親が学校に来るなんて参観日や運動会以外あり得なかったもの。

(うちなんて参観日すら来なかったですが)

それが、今ではPTAの集まりの何のって、皆さんしょっちゅう学校にいらしてますから・・・。

学校側も”開かれた学校”を銘打っているので、かなりの頻度で教室を覗きに来る親御さんもいらっしゃいますよ(;´▽`A``

で、バンバン意見を言う・・・


先生の威厳も何もあったもんじゃないですよ。


今の教師は大変だなぁ、と学校へ行くようになって改めて思うようにもなりました。

私には絶対この仕事は無理だな(^-^;


さてさて、来年度は必ず担任が変わるらしいのですが、果たしてどんな先生にめぐり会えるのでしょうか・・・


にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽちっと一票お願いします♪

ゆっくりねっとサーチ  
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/65-3263b975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。