苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 中学2年

大きな道。 

2013/11/17 Sun.

IMAG0170.jpg
この絵は、先日教育センターにてユタが描いたものです。

心理テスト?のようなもの??


順番は忘れましたが、山・川・道・人・家・田んぼを描かせるのだそうです。

いくつかの特徴から、解説して頂きました。


①絵が中心に寄っている。

→抑制力が強い。外では自分を抑えている。

テストを受けている時も、非常に真面目で誠実、素直に従っていたそうですが
大人の男性に対して、もの凄い緊張があるように見えた、との事。(先生は男性です)

確かに慣れない相手には、礼儀正しく接することができるけど、
時には瞬きチックが出るほど緊張することもあります。

ちなみに、この先生とユタは、会ってはいるが、さほど話はした事がない、くらいの間柄です。


方や、慣れている相手に対しては、もの凄い態度が悪かったり・・・
特に、私に対しては顕著です(-_-;)


小さい時は、人見知りもなく誰彼かまわず馴れ馴れしくし、全く抑制のきかない状況でしたが、
人よりも遅れた分、抑制力も強いのかも、との事でした。


②山や川の自然の絵に対して、人間や、人間が営む生活風景の方が極端に小さい。

→文明生活よりも自然を求める傾向にある。
都会よりも、田舎の生活の方が向いているのかも?との事。

まぁ、ADHDという特性から狩猟民族の流れを受けているのだとしたら、
それはごもっともな話かもしれません(苦笑)

残念ながら、今は都会のど真ん中の生活ですが、
田舎でのびのび暮らせた方が良いんだろうな、とは常に思います。


③道が絵のバランスに対して、非常に大きい。

→道というのは、本来人が切り開いて出来ていくもの。
ここまで大きく描く子は少なく、何かこれというものを見つけた時に、突き進む力を感じるとの事。

実は、私も最近似たようなことを感じていて、確かに学校の成績は芳しくないけど、理解力はあり、
時として鋭い感性を発揮することがあるのです。

なので、これと決めた時には、確かに突き進むのではないか?という気がしていました。


しかし、こんな絵一つでそんなにわかるのか??と疑いの眼差しで訊ねてみたところ、

確かにこれ一枚ではわからないかもしれないけど、これまで何人ものお子さんを見てきているので
大体の傾向はわかるものなんですよ。

との事です。


この絵のように、いつしか大きな道を切り開いて進んでいく日が来ることを、願わずにはいられません。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
↑ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/637-0fba88cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-06

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。