苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 学校・特別支援教育

今年度2回目の通級面談。 

2013/03/09 Sat.

FxCam_1362729018443.jpg
この写真は、通級学級生徒一同の共同作品だそうです。

小さな紙のピースを貼り合わせて作ったそうで、先生はユタの手先の器用さを褒めて下さいましたが・・・

正直、そんなに難しそうじゃなかったっす(失礼)


で、面談。

先日、国語の先生より「通級の通っている日の授業の評価ができない」という話を受け、まずは通級の回数を減らすというお話。
(参照→恒例、土曜公開&面談(というか、おしゃべり)。)

国語云々より、やはり一日授業を受けないという事は、中学だと結構影響大なんですよね。。。

確かに、この日はユタのリラックスタイムでもあるし、ここがあるから在籍校に行けていると本人も言っているので、
絶対欠かす事は出来ないんだけど。


というわけで、隔週、或いは参加した方が良い授業がある時は在籍校優先、という事で決着。


そして、今日も面談に要した時間、2時間ほど・・・(苦笑)

この先生、すぐ自分の家族の話に持って行っちゃうんだもん。。。

(娘の○○ちゃんがどうのとか、孫の○ちゃんがどうとか・・・)

良い先生だけど、ちょっと疲れる^^;


そんな中でも、中学校の教科の評価方法など、ご自分の経験を交えて細かく教えて下さったりして、
これは、ちょっと為になったかも。。

昔と違って、例えば体育なら、ただ運動さえずば抜けてできれば「5」になるってわけではなく、
テストや提出物、忘れ物、授業態度などいくつもの項目の基準をクリアしなければいけないとか・・・

超・超・細かく教えてくれました(笑)


ってか、「5」を貰うって相当大変な事なのね^^;

特に、この地区は内申評価が厳しくて有名だそうですが。。。
(その分、高校に入った時楽だとも。。。)


んで、その評価の作業を毎時間する先生も大変なんですと。

二言目には、「こんなに先生は大変なのよ」と言いたいらしい(苦笑)


そんなこんなでドッと疲れた面談でしたが、

とにかく、今年はこの通級学級の存在に、親子共々本当に救われました。


・・・・・・・・・・

侍ジャパン、ヒヤヒヤさせ過ぎだぜ!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
↑ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/599-e1aa2a3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。