苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害

折り合いをつける。 

2012/12/22 Sat.

二か月ぶりの教育センター。

その間の、学習発表会、の後の友達とのトラブル、そして、先日のボンクラ担任事件

とまぁ、色々あったわけで、それぞれを手短にお話しました。


ボンクラ事件の後の、校長面談の話をした時に、こう言われました。

大概、学校というのは教師を庇いたがるものなんですよ。
なのに、そうされなかったという事は、校長先生もその担任を見限っているのかなぁ・・・


と。

ええ??あんな失態でも、普通は庇い立てするものだなんて驚きだけど、
確かにそれもアリかと思う。

校長と話す前に緊張したのは、そういう反応も想定していたからだったし。。。


・・・話をしているうちに、実に冷静でどこか諦めがついている自分がいる事に気付く。


起きてしまった事は仕方がないし、いくらボンクラでも今すぐ担任が変わるはずもなく、
だったら、いかに今の状況でこれ以下の環境にならないようにできるか・・・

過去よりも、未来を見つめるしかないのだ。


しっかし、7月頃のブログを読み返すと、何ともどん底に沈んでいる様子が窺えますなぁ^^;


宜しくない環境でも、ユタは、少しずつ部活も楽しくなってきているようだし
(先日の試合で、勝てはしなかったけど、惜しい展開が幾度もあったそうで)、
理解のある教師もいます。


保健の先生。

最近よく登場しますが、生徒の為に労力を惜しまない、まさに教師の鑑だと私は思っています。

子供たちの様子もよく把握していて、担任よりもよっぽど状況をわかっている。。。

こういう先生が一人でもいてくれた事は、本当に救いです。


保健の先生って、昔は健康な子には縁がなく、健康診断の時にチラッと会うくらいの存在でしたけど、

今は、道徳の授業をしたり、副担任だったり、そして、特別支援コーディネーターでもありと、結構存在感があるのですよ。


あとは、通級学級にも恵まれて、何とか中学校生活やって行けるかなぁ・・・と、

担任には恵まれなかったけど、折り合いつけて、あと三か月、乗り切れそうな気がしています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/578-c6608497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。