苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 日常

三者面談。 

2012/12/09 Sun.

子供・親・担任との三者面談。

夏休みの三者面談で散々な思いをしたので、今回は面談そのものをお断りしたのですが、そうもいかないらしく・・・

なら、保健の先生(特別支援コーディネーター)と、私と担任との三者面談ならお受けしますと申し出まして。

保健の先生には、本当の事を話したところ、

「そうだと思っていました」だって(苦笑)

話の分かる先生で良かったよ^^;


というわけで、その面談は土曜公開授業の合間に行われました。


こちらから伺いたい事はひとまず置いといて、担任からの話を先に聞きました。


まずは、各教科からの評価。

これ、前回は用意していなかったので、まぁこれなら面談も受けた甲斐があるってものです。

ってか、三者面談でこれがないなんて意味不明ですけどね(呆)


ユタは、授業態度は大変真面目らしく、家庭科以外は概ね高評価。

どの教科も積極的に参加しているのと、英単語などの暗記は良く出来るらしいです。

なのに、テストには一切反映されていないんですけど・・・^^;

家庭科は、夏休みの宿題の時点でおかしいと思っていたので、ま、気にしていません。


次に生活態度。

給食の時に下品な話をするそうです。

って、それ夏休みの時も言ってたやん(-_-;)

またか・・・と呆れ顔で聞いていましたが、参考までに、どういう言葉を言うのか問うたところ、

「まぁ、下ネタです。悪い事を言っている自覚はあるようです。」と、たどたどしい説明が始まりまして・・・


そこで保健の先生すかさずフォロー。

「ユタ君に限らず、それは皆言うんですよ。この年頃の男子はみんな好きですからねぇ。」

ありがとう。そういう言葉があると、救われるよね。


ってか、やっぱりユタを立ち会わせなくて良かった。

だって、そんな話ならわざわざ面談で聞かなくても、その場で注意すればいい話ですもの。

それを親の前でってねぇ・・・。


で、言いたい事はそれくらいかい?

じゃあ、こっちからも行かせて貰おうかね。


まずは、先日の友人とのトラブルの際の、あまりにもお粗末な対応について突っ込んでみた。

ろくに事実関係も確認せず、ただ暴力沙汰があったというだけで、詳しい聞き取りもせずに連絡してくるというのは違うのではないか。

そもそも、相手方にだってよくよく聞くと、きちんと事実が伝わっていないではないか。

これではあまりにも一方的な印象だし、まずはきちんと学校内で対応して頂きたい。


それから、子供たちの心無い言葉があまりにも飛び交いすぎている事実。

小学校卒業からたった半年で、ここまで変わるものだろうか?

汚い言葉、心無い言葉を使うのはこの年頃にはよくあることだが、もう少し把握して指導するべきではないのか。


これらは、ワタクシからのほんのジャブです。

実は、前日、ユタから本当だとすればあまりにもお粗末な出来事を聞いて、怒りに燃えていた私。

ここからが、本日のメインイベントだぜぇ。


つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/572-661644b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。