苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害

先生方に気付いて欲しい、現代のイジメ。 

2012/05/06 Sun.

前回の記事を書いた後、改めて考えてみた。


今は、世間でも教育者の間でも「イジメは許さない」と強く叫ばれているので、昔のようなわかりやすいイジメが露呈する事は少なくなってきているように思います。

“何か気に入らないから”という理由があいまいな子供っぽいイジメは減っているとして、では、きちんとした理由があったとしたら・・・?


あいつは悪い事をした。だから先生に言いつけて怒って貰おう。


ユタの元担任のように、怒ると見境なく罵倒する教師の場合・・・


大概、言いつけて済むような事って、大した事がないんですよね。

本当に悪質なものが隠れている場合は、子供は言いつけたりはしないんです。

だから、子供同士でも十分に解決できるのに、あえてそうしないで教師に言いつける。


先生は、「ほうほう、そんなに悪い事をしたって本当か?」と凄んで聞くので、弱く言葉が足りないターゲットの子供は、「そうです」(一部は本当の事なので)と答えるしかない。

そして、クラス全員の前で罵倒され、「ごめんなさい、もうしません(涙)」と言わされて、終了。

真実や、隠れた問題は見て見ぬふり・・・

これ、教師も加担した、新種のイジメではないでしょうか?


発達の遅い子の場合、このようなターゲットになる事は少なくないと思います。


私は以前、ユタがこのような目に遭った時、悪い事をしたのは事実なのであれば、そこは厳しく叱って貰いたいが、関係のないクラス全員の前で叱りつけるのは止めてほしいとお願いしたことがあります。

それによって、好奇の目にさらされ、ユタの評価が下がることを避けたかったからです。

先生が怖かったので、賢い子供たちはあからさまにユタの評価を下げるような事はしませんでしたが、実際はどうだったのでしょう。


そして、言いつける子の心理。こちらも見逃してはならないと思います。

人に言いつける事によって、自分という存在を認めてもらいたい。

ユタのクラスのチクリっ子達は、親が、子供よりも優先したい事がある、放任家庭という共通点がありました。


人間は、誰しも何かしらのストレスを抱えて生きている動物です。

そのストレスを軽減する事ができなければ、

イジメがこの世からなくなる事は、私はないと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/497-a4550a69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。