苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 中学1年

先輩ママの話を聞いて。 

2012/04/21 Sat.

月に数度、“ウォーキング”という名の座談会に参加している私(笑)

小学校のPTA繋がりで、2年ほど前から、1学年上のお母さん達と3,4人で金曜日の夜に歩いています。


そこはとっても貴重な情報交換の場なわけで。

中学に入学してから初めての集い、部活や生活の不安と、いまだ馴染めていないユタの状況などを話してみました。
(発達障害がある事は話しておらず)

中学はそれぞれ違うのですが(一人は同じ)、我が家同様、あまり活発ではない息子さんのママによると、

「うちも去年は同じ思いをしていたよ~。生活もものすごいハードになって、時間さえあれば寝ていたし。」

との事。

去年は他人事だったから気付かなかったけど(失礼!)、そうだったのかぁ。

しかも、ちょっと遠くの大規模中学へ入学して、知り合いもほとんどいない中、部活の体験もなかなか行く事ができず、唯一同じ小学校出身の子の親と示し合わせて一緒に見学に行かせ、テニス部に入れた、という話を聞いて、定型発達のお子さんでもそうなんだ、と、ちょっとホッとしたり^^;


先日の保護者会で、

「部活を楽しみにして入学したので、毎日が楽しそうです☆」

「新しい友達ができて、以前より積極的になりました☆」

などと言う、同じ小学校出身の親御さんたちのキラキラした話を聞いて、すこぶるへこんでいた私('ェ`)


担任の先生にも、体調不良などで部活の体験にも出遅れて、一人で行けない状況になっているので、背中を押してほしい、とお願いしたのも、すっかり忘れられてしまっているようで、それにもガッカリしていたのですが、去年も体験一日でその部に入ってしまって辞めずに頑張っている子もいるという話も聞いて、まだまだ出遅れてはいないのだと、これまたホッとしました^^;


ちなみに、相変わらず何の部活にも参加していないユタは、先日まで「イラスト部(週一しかない)にしようかなぁ」と、逃げの姿勢まっしぐらだったのですが(好きならもちろん良いけど・・)、今は「ソフトテニス部に入る」と一応言っているので、もう強引に入部届け出しちゃおうと思っています^^;

水泳は続けてはいるものの、体が小さく発達遅めなユタには、陸の運動が必要だと私は思うのですよね。嫌なら無理には勧めないけど。


そして、担任の先生・・・とても穏やかで人の良さそうな先生で、話もよく聞いてはくれるのですが、こちらからすると切実なお願いも忘れられてしまうし_| ̄|●

別件(これまた忘れらていた)でお電話した時に、部活の事なのですが・・・とお伺いしたら、「何部に入ったんでしたっけ?」って、ォィォィ!(´゚∀゚`ノ)ノ

いや、だから・・・と説明したら、「そういえば、部活の話されていましたね」ですって(_△_;)

うん、これはもう頼れない事決定だな。

クラス、18人しかいないんですけどねぇ・・・部活って、私が考えているほどそんなに重要じゃないのかなぁ??


入学前に、特別支援シートなども提出し、小学校からも申し送りがあったとは思うのですが、中学校の先生はこの程度なのでしょうかね。。。

しかも、3年間担任はそのまま持ちががるという情報も入手し、何とも切ないこの思い^^;
2クラスなので、クラス替えは毎年あるそうですが。

でも、逆にこれだけ放置状態なのに、問題も起こさず学校に通えているという事は、大きな成長ですよね(oゝД・)b

今は薬も飲んでいないし♪


と、まぁ、相変わらず冴えない毎日なのですが、環境の変化に弱いADHDっ子なので、スモールステップで見守るしかないですね。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/492-37b80052
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。