苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・高学年

番外・謝恩会~感動の再会?!編~ 

2012/03/12 Mon.

謝恩会には、転勤された先生もご招待しています。

ユタがお世話になった先生のうち、校長(2人)・副校長、低学年時の担任、養護、図工、音楽の先生が転出されていますが、やはりこの時期どの学校も謝恩会シーズンで、なかなか出席する事は難しいようで。

そんな中、何とか調整して、低学年時の担任だった先生が来てくださいました。


当時の記事をご覧いただければお分かりになるかと思いますが、この先生とは色々ございました・・・^^;

当時は恨みもしましたし、今でも思い出すと悔しさも込み上げてきますが、あの時があったからこそ、今の私たちがあるのだし、糧になったとも思っています。


その先生とも、少しだけお話しする事ができました。

まずは、ユタが美少年になったとお褒め(?)の言葉を頂きまして(笑)
(相変わらずトンチンカンやなぁ^^;)

先生!初めから美少年よ!!(爆)

しかし、先生も変わらず可愛らしいわねぇ。(年齢不詳)


そして、お母さん、よく頑張りましたね、と・・・

赴任先の学校でも、発達障害のお子さんがいるのでしょう。

しかし、親が協力的ではなかったり、聞く耳持たないようなケースがあるのだと思います。

「お母さんのように、協力的で前向きな方はなかなかいらっしゃらないです。」

と。

今さら解ったか(笑)

ホント、仕事辞めて付き添いまでする親なんて、なかなかいませんぜっ!


1年生の時、「最後は“あんなこともあったね”と笑って話せる日がいつか来れば良いと思っています」と話した事がありました。

その事を思い出し、現実にそういう日が訪れて・・・熱いものが込み上げてきました。

思わず先生の手を取って「本当にそういう日が来ました。ありがとうございました。」と、言いました。


こうやって感謝できる日が来て、嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/482-0db8667b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。