苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・低学年

切ない思い。 

2012/02/13 Mon.

ユタが低学年で、私が付き添いをしていた頃の話。


ユタは、K君という男子と隣の席だった。

このK君、とてもおとなしい少年で、そして、明らかにユタの事を毛嫌いしている様子。

担任も、数多いるユタの扱いが下手ではない子ではなく、なぜこの子をチョイスしたのか・・・
(席は、担任がすべて決めていた)


ユタの席は固定で、最前列の窓際(一番端)と決まっていた。

そして、目の前に教卓があり、黒板がとても見にくい。


ユタがいつも「見えない!!」と叫んでいるのに、私が付いているからなのか、担任は完無視。


ユタは黒板が見えないので、隣のK君に「ノートを見せて」とお願いする。

K君は何も答えず、ただひたすら隠す。。。


私もこの様子を先生に伝えるべきだったのだけど、近距離の出来事に教師が気付いていないとは思わず、何も言わないまま数日が経ち・・・


そして参観日の日。


ついにユタが爆発した。

その意地悪に耐えかね、K君の横っ面をパンチしてしまったのだ。

よりによって、大勢のギャラリーの前で・・・


まぁ、最前列の端という事で気付かない人がほとんどだと思うが、補助に入っていた教師がK君を抱えて保健室へ急行・・・あまりにも目立つじゃぁないか!
(もちろん、怪我するほどやってないっすよ!)


はぁ。。。

何でこうなるかなぁ。。。


いくら理由があっても、手が出てしまえばすべてこちらが悪くなる。

弁解の余地なし。

だから私も、声を大にして理由はある!!とは言えなかった。。。


そのK君も、きっと意地悪というよりも、まだ幼くて、彼なりの精いっぱいの主張だったのだと思う。


避けようと思えばいくらでも回避できた事態なのに・・・。


そして、アホな教師が出した答え。

それは、翌日から、ユタの席は一人席にするという事だった。

私は当時ものすごい疲れていて、何もかもが面倒で、その事を受け入れるしかなかった。。。



つづく。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

はじめまして。
ADHD系の広汎性発達障害児の親です。

うちの息子にもそのようなことがありました。
入学当初隣の席にいた男の子が、息子をあからさまに毛嫌いしていたのです。
朝登校して来ると、息子にくるりと背中を向けて反対側の席の子とばかりおしゃべりしてました。
当時付き添いしていた私は、この光景を目のあたりにするたび凹む思いばかりでした。
息子がその子を叩くことはなかったですが、その子も含む男の子達のグループにちょっかいかけられたりけしかけられたりなどでほかの子を叩いたりして、それで自分ひとりだけ怒られたことが何回もありました。その度先生に、うちの子だけじゃない!っていいたかったけど、我が子かわいさに...って思われるのが怖くて言えなかった。迷惑かけてるという負い目もあったし...。
でも、やっぱりいわなきゃダメですね。私はあるとき我慢できなくていいました。そのときはサラリとかわされたけど、それからはほかの子達にもやんわりと釘を刺してくれるようになりました。
そしてそれ以降、からかいや意地悪が目に見えて減って行きました。

SHOママ #- | URL | 2012/02/14 13:55 - edit

Re: タイトルなし

SHOママ さん☆

初めまして♪

暴力は確かにいけない事だけど、でも理由はちゃんとあるんですよね。

当時の担任は、本当に何も目の行き届かない先生で、もちろん私も真実は伝えましたけど、「そうだったんですかぁ・・・」と何だか他人事。
諦めるしかありませんでした。。。

その分、次の担任にはこの件含め、存分に今までの事を愚痴らせて頂きましたけど(笑)
その先生がユタを受け入れてくれたので、他の子供たちもそれに倣って受け入れてくれるようになりました。

なでし子 #Qodc/VW2 | URL | 2012/02/14 19:06 - edit

No title

こんにちは。

先生の態度って、周りの子ども達にとても強く影響するものだと思います。
息子の保育園時代の先生も他の園児達の前であからさまに将を馬鹿にしたり、トラブルがあると将だけを叱ったりなど、ということがありました。
しばらくして「うちの息子は悪い子・ダメな子」というレッテルが感染病のように周囲に広まって行きました。
お迎えに行くたびに「将くんは馬鹿な子なんでしょ?」と、同じクラスの子に尋ねられて辛かったです。
ユタくんと同じように、息子がトラブルを起こすので席を一人にしたり、挙句の果てには教室の外に机と本人を出されてしまったり…なんてこともありました。
先生はきっと良かれと思ってやったのでしょうが、明らかに息子の自尊心を削ぐ行動だと思いました。

今の小学校の先生はとても協力的で、理解もすごく深い先生です。
もちろん今は普通学級の集団の中ですので息子の気持ちに寄り添ってあげられない部分も多くて悩むと仰っていましたが。
最初は先生に対してものすごく反発していた息子ですが、だんだんと打ち解けられてきたようで、クラスメイトの対応も悪いばかりの反応では無くなって来ました。

今回の記事を読ませていただいて、先生の対応次第で集団生活はこうも変わるものなんだな、と改めて感じています。

そらち #su7LfdQk | URL | 2012/02/15 16:39 - edit

Re: No title

そらちさん☆

本当に、先生の気持ちは子供たちに伝染します。
教師は、この事をしっかり肝に銘じてほしいものですが・・・

担任の先生を選ぶ事はできないので、こればかりは運なのですがね^_^;

これからも、お互い良い先生に出会えると良いですね♪

なでし子 #Qodc/VW2 | URL | 2012/02/16 21:42 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/476-e5c95db2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。