苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・高学年

素晴らしい授業。 

2012/01/21 Sat.

ユタの学校の公開日。

そしてこの日は、小学校生活最後の公開日でもあります。

基本、全授業を見るワタクシですが(低学年時に“ちゃんと自分の子見てなさいよ”的な視線を浴び、それ以来の習慣による)、特に1・2時間目の授業に興味があったので、日課の「カーネーション」を観た後、早々に出掛けたわけですが。。。


講師の先生をお招きしての、「いのちと心の授業」。


院内学級で教員をしている先生が、今回の講師。

大学病院内に設置されている、入院している子供たちが通う教室を「院内学級」というのだそうです。


「赤鼻のセンセイ」というドラマをご存知でしょうか?

どうやら、そのモデルになった先生のようなのです!

NHKの「プロフェッショナル」でも取り上げられたそうなので、ご存知の方も多いかもしれません。


物腰が大変柔らかく、そのお話に引き込まれる素晴らしい話術。

後で担任の先生とも話したのですが、はい、確かに大泉洋っぽい(笑)


学級の子供たちが書いた詩や、会話の中から抜粋した言葉などを紹介して下さり、涙を誘う場面も。。。

病気や怪我と闘っている子供たちにとっての幸せは、毎日ご飯が食べられる事であり、毎日朝が来る事なのです。


いつも些細な事で怒っている自分が、本当にちっぽけに感じましたね^^;

ちなみに、昨夜もユタと大バトルをしたところでして・・・健康で毎日そばにいられる事だけで、本当は幸せな事なのにね。


これまでも、様々な講師の先生がいらして授業や講演会をして下さっていますが、正直、どれもありきたりなお話ばかりでねぇ・・・(失礼)

しかし、今回ばかりは本当に感動的で素晴らしい授業でした。


とにかく、私は大変感銘を受け、授業後にいそいそと寄って行って、その気持ちをお伝えした次第なのであります^^;

本当に気さくな先生で、「良かったらFacebookもやってますので、いつでも連絡ください」なんて・・・あたしゃFacebookはやっていないけど、始めちゃおっかしらん(笑)


家に帰ってからも、ユタ相手に「良い授業だった」と連呼しているアタイ^^;

そして、ユタはユタなりに、心に響いていると思われます。

本当は、クラスのお母さん方とこの話をしたかったのに、6年生の保護者(5・6年の合同授業)がほとんど見に来ていなくて非常に残念・・・もったいないぜよ!!


小学校生活最後の公開授業が、このような素晴らしい授業で、今日は本当に行って良かった!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/473-84f96a2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。