苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・高学年

脱力。 

2011/11/05 Sat.

無事、学芸会終わりました。


「ユタと不思議な仲間たち」

三浦哲郎作 劇団四季ミュージカルでもお馴染みの名作です。


お気づきでしょうか?

“ユタ”とは、このユタの事なんです(笑)


父親を亡くし、東北地方にある母親の田舎に引っ越してきたユタ事、水島勇太。
村の子供たちに馴染めず、「東京っ子、もやしっ子」といじめられ生きる気力を失っていたが、ある日、この地方に伝わる、悲しい過去を背負った“座敷わらし”たちに出逢う。
彼らに見守られ、心身ともに鍛えられて、やがて村の子として受け入れられるようになる・・・


低学年の頃、クラスに馴染めなかったユタ。

いつかこの“ユタ”にように・・・という思いから、ちょいと名前を拝借したわけなんす。


なので、この作品にはものすごい思い入れがあって、実は先生に推薦したワタクシなのでした(^_^;)


ユタは、この“ユタ”の一人(4人一役)を演じたわけですが、演技自体は結構良かったです。(親馬鹿御免)

過去を振り返ってみても、やはり成長したものだなぁ・・・としみじみ。
(参照→学芸会にて。 学芸会にて。2


しかし、演劇方面の指導は苦手な先生・・・

この作品の素晴らしさが、観客に伝わらなかったのが残念でした(;´д`)=3トホホ・・

そういや、誰も劇についての感想言ってなかったなぁ・・・(悲)


だいたいさぁ、この劇のテーマは「友達です」って言いきっちゃってるけど、「生きているって素晴らしい」ていうのが訴えたいテーマなんだと思うんですけど・・・??

未曾有の震災を経験し、そこから立ち上がる東北・日本という今にマッチした作品で、子供たちにも良い勉強になると思ったんだけどなぁ・・・(*´U_u`*)


小規模の学校は、結局担任一人の監督・指導になってくるので、どうしても先生の力量次第になっちゃうんですよね。

そういうところが残念なんだなぁ。。。

でも、一生懸命、個人的にも良く指導して下さったので、それは感謝感謝でございます。



・・・ワタクシ、何をこんなに一人で気負って緊張していたのでしょう(滝汗)

何だか、色んな意味で脱力した、最後の学芸会でした(^_^;)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

NoTitle

なでし子さん、こんにちは^^そっか~ユタくんは「ユタと不思議な仲間たち」からきてたんですね~。私、劇団四季のミュージカルが好きでユタと不思議な仲間達も2回見ました。座敷わらしたちと心が通っていく様子、ユタくんが逞しくなっていく様子が見ていて感動しました。最後に、座敷わらしたちが一人ひとりす~っと消えていく場面は2回とも泣いてました私。学芸会でユタくんが主人公を演じたなんて、なでし子さんにとっては感慨深いものがあったでしょう。あ~成長したな~って思いますよね!学校側の事はちょっとテンションダウンですが、この劇を演じた事、ユタくんにとってもなでし子さんにとっても忘れられない思い出になりますね。

ニコ #- | URL | 2011/11/06 09:43 - edit

Re: NoTitle

ニコさん☆

ニコさんも「ユタ~」好きでしたかぁ!良い作品ですよね~☆
わかって頂けて嬉しいです♪

この劇をやると決まったのも嬉しかったし、何か運命を感じたというか・・・って大げさよね(笑)
まぁ、演出・指導面は置いといて・・・無事にやり遂げた事もやはり嬉しいですね(^_^)

なでし子 #Qodc/VW2 | URL | 2011/11/06 10:24 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/448-0abf25a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。