苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害・薬

苦渋の決断。その後。 

2011/09/26 Mon.

(前記事→苦渋の決断。


ユタはコンサータを再開して、落ち着いた日々を送っております。


担任の先生は、潔く(?)再開した事を大変驚いていたので(あんたがそうさせたんやろが!)、「お互いの平和の為ですよ」ってイヤミ込めた言葉放っときました。


主治医にも相談しました。

曰く、

先生にそういった負の気持ちがある時は、無理に止めない方が良い。

これは意外と侮れず、先生の気持ちが周囲の子にも伝染して、良くない方向(イジメのターゲットや孤立状態)にいく事が多い。

そういった事も含めての、「服薬」なのだ。


と・・・。


何だか腑に落ちないけど、やはりユタを守る為には致し方ないのか?

相手を変える事は難しいですからね。


一番の気がかりは、成長期にこの薬を飲む事で影響は出ないのか?という事。

医師はきっぱり、


「それは出ますよ!」


ですとε-(‐ω‐;)


医師にしろ、担任にしろ、所詮他人事ですからねぇ。。。

まぁ、ユタは週末服用していないし、処方量も少なく、ご飯も何とか食べられているので、成長への影響は少ないと願いたいのですが・・・。


学期初めは教師も子供も落ち着かないもの。

特に2学期は行事が目白押しですから。

そういう時は無理をせず、やはり薬の力も少々借りて、また徐々に減らしていけば良いではないか!


これからは、馬鹿正直に担任には話さず、うまくコントロールしていこうと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/434-c26a1a55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。