苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 学校・PTA

北風と太陽。 

2011/07/24 Sun.

言わずと知れた、イソップ童話の「北風と太陽」。


旅人のマントを脱がそうと、吹き付ける北風、ポカポカと照らす太陽・・・。

冷たく厳しい態度で人を動かそうとしても、かえって人は頑なになるが、暖かく優しい言葉を掛けたり、態度を示すことによって初めて人は自分から行動してくれるという教訓。

日常にもこういう場面、よく出くわしますやね。


昨日の学校の役員の話を書いていても思ったんすけど。


ユタの小学校は小規模なので、一人2~3回何らかの係をやらなきゃいけないわけです。

ま、中には1度だけとか、全くやらない人もいるんすけど(-_-;)


低学年の頃は、本当につらい学校生活を強いられていた我々親子。

こんな学校の為に、役員なんかやってられっかよ?!って、係になっても活動に消極的でした。

かと言って、「あたしゃ一切協力なんかしないよ」という強気な態度にも出れない小心者。。。


人からどう思われているのだろうかと、いつもびくびくしてとても肩身の狭い思いもしていましたし、お母さん方とのお付き合いが苦痛でした。

1,2年とやったのだから、ノルマもクリアできたよね??


で、3年生ではお断りしまして。。。


でも、担任の先生が変わってユタが落ち着いて、そうなってくると、なかなか役員もお断りしにくくて・・・(^_^;)

結局4年生でまたお引き受けして、そうしたら、その時のメンバーがとても楽しくて、次の年もまたやって、で、現在、卒業対策委員。

6年間のうち、5回も引き受けている!学校嫌いだったこの私が!(笑)


学校にお世話になっているという気持ちも強くなってきたので、できれば協力したいという思い。

元々学校には出入りの多かったワタクシですが(母子登校してたからね)、やはり学校の様子を知っておくことは決してマイナスではないのですよね。

担任以外の先生とも交流が持てますし、心証もよくなるし・・・ほら、校長先生との面談とかもしやすくなるでしょ。←打算(笑)


それもこれも、太陽さんがなかったら絶対こうはなっていなかったわけで。

なんだかんだ言って、小学校生活は恵まれているのかな。


北風さんも時には必要ですが、できればいつも晴天がありがたいですな。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/416-e93d1da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。