苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・低学年

担任の先生の話。 

2007/06/21 Thu.

『大事件』の記事を書く前に・・・今日は担任の先生について、少し触れたいと思います。


今の担任は、去年からの持ち上がりの先生です。


私個人としては、その先生は人間的には嫌いではありません。

ちょっと天然でおっとりしてるけど、見た目もお嬢様っぽくて優しそう。

(この『天然・おっとり』というのが曲者か?!)


まぁ、そんな感じなので、宿題等の提出物を出していなくても気付かれなかったり、なかなか頼りなさげ・・・

なので、持ち上がると分かった時は、ブーイングな親御さんも多かったようです。

(うちの事も原因のひとつかと・・・)


でもきっと、問題のないお子さんにとっては良い先生でしょうね~


ユタの担任としては・・・・・・


発達障害については、それなりにお勉強してくださっていると思います。

ただ、本質的な事は理解してくれていないのかな・・・と言う気が・・・。

(贅沢は言えませんがね(^^;)


ユタの場合、衝動的な行動を起こす時、必ず何らかの理由があると思われます。


例えその時は何もないように見えても、過去にされた事を覚えていて、今仕返し・・・とか。

う~ん、厄介( ̄Д ̄;;

(でもADHDタイプの子には、こういうの多いのではないでしょうか?)


あとは、会話の流れや場の空気を読むのが苦手でも、人間の発する空気を読む事ができるというか・・・いわゆる「以心伝心」というのでしょうか。

自分に対して「嫌い」というオーラを発している人を、超敏感に嗅ぎ分ける事ができる。

で、そういう相手を攻撃する訳です。

(ユタは、プライドは割と高いようなので、自分をバカにするような奴は特に許せないようです。)


でも、先生にいくらその性質を話しても理解してくれない。


で、結局「何も理由がないのに、いきなり○○しました」と言われる・・・

ユタは興奮状態になると、何故そうしたかと言う事を説明できなくなり、ただ暴言を吐くだけで埒が明かない。

そして、私も現場を見ていないので、先生のその言葉を受け入れるしかない。

それでも初めは「本当に理由はなかったのか?」と疑いましたがね。


「みんなユタ君を受け入れようとしているのに・・・」とか「ユタ君を避けるような子はいませんよ~」とか・・・

先生曰く、”今年の1年生は、今までに見た事ないくらい穏やか”なのだそうです(-_-;)

そう言われると、こちらとしては返す言葉もありません・・・


そして、2年生になってから、私がしばらく学校へ付いて行く事になったのですよ。

(3月いっぱいで退職し、実は現在無職であります)


初めは1日付きっきりで、給食まで頂いておりました・・・

(これ、親にとっては超ストレスです!!!今は免除されましたが(^^;)


でも1日いると、学校での様子がよーく分かり、やっぱり手が出る時も必ず理由があることが分かってきたのです。


先生が「この子は大人しいし、何もしない」と言っていた子は、実は、ユタがノートを見せて欲しい(授業の進行が分からなくて)と言った時に、無言で見せないように隠していたり。

(だからって暴力はいけないけど、相手の子もどうなの??)



2年生になってからは、随分衝動を抑えられるようになってきたから、即パンチ!とかいう事はほとんどなくなりましたが、こういう事が原因だったんだな、と。


そして、私が付いている事によって、揉め事が起きた時、何故そうなったのか状況を説明できるようになり、先生も「そうだったんですか~」ってな具合に・・・

(ホント、しっかりしてくれよ~)


先生は以前”他の子は皆落ち着いている”なんて言ってたけど、ユタを刺激するようなクセのある子、結構おりまっせ~


まぁね、大勢の中の一人ですから(と言っても28人しかいないんですけど)、先生の目が行き届かないのは分かりますけどね、もう少し何とかならんものでしょうか。


ちなみにユタは、先生の事をどう思っているかというと・・・



『ふつう』



なのだそうです。(ならいっか!)


それでも、周囲の話と聞き比べると、うちの学校は諸々手厚く対応して下さっているようなので、それは本当に感謝しております。



にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽちっと一票お願いします♪

ゆっくりねっとサーチ

スポンサーサイト

edit

CM: 4
TB: 0

page top

コメント

No title

こんばんわ!
いわゆる「天敵っ!」
クラスにかならずいるんですよ。刺激したり、わざと、騒ぎを起こさせるように仕向ける愉快犯てき存在が。
3年生になると、もっと、陰湿になると、なんかの本に書いてあって、ソーシャルスキルトレーニングを必要とするのは、我々の子供よりも、むしろ、その「天敵」に必要性があると、言われているそうです。
3年生がギャングエイジと言われる所以です。

コーヒーとうさん #79D/WHSg | URL | 2007/06/21 23:10 - edit

No title

コーヒーとうさん、こんばんは!

ギャングエイジ・・・そいうや病院の先生も、3年生からは別な意味で困難があるかも、と仰っていました。
だからこそ、担任の先生にはしっかり引き締めてもらいたいものですよね。
ちなみに2年連続同じ担任だと、次は必ず違う先生になるのだとか。
来年に乞うご期待!(って今の先生がダメってわけじゃ・・・ない・・・です・・・はい・・。)

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/06/21 23:19 - edit

No title

( ノ゚Д゚)こんにちわ
うちの子のクラスには 刺激する子がかなりいるので、喧嘩がたえないクラスなんです。
天敵ばかりですよ(´ヘ`;)

本当、訳があるのにそれを見逃してしまう先生には困っちゃいますよね。きちんと 当事者同士の話を聞いてくれる先生だといいのですが・・・。
うちの子は今年はとってもいい担任に恵まれ、きちんと話を聞いてくれてるので、助かってますけど・・・。なでし子さんの息子さんも来年は・・・ですね(*^^)

がきんちょママ #79D/WHSg | URL | 2007/06/22 13:18 - edit

No title

がきんちょママさん、こんばんは!
私も去年は、どうして分かってくれないのだろう?担任としてどうなのか?と思うこと多々ありました。
今年度は、担任の対応が変わったというより、息子が多少成長した事もあり大分居心地良くなったかな~(^^;
でも、良い先生に出会う事によって、子供は随分成長するんでしょうね、きっと。

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2007/06/22 20:12 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/37-b23036e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。