苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害・薬

薬を飲み始めて 2 

2007/06/19 Tue.

途中、ブログの内容が脱線しつつ・・・(^^;

若干、軌道修正でございます。



前回の記事はこちら→薬を飲み始めて


リスパダールを飲み始めて、一時はとても穏やかになった。

そしてトラブルも激減した。(それでも、月1~2回は誰かしらのお宅にお詫びの電話を入れている状態)


初めは私も『薬なんて・・・』とマイナス的に考えていたけど、ユタ自身も薬の効果を身をもって感じる事ができ、又、生活しやすくなるのであれば、逆にありがたい産物である。


このお陰もあってか、10月に開催された学芸会も大変落ち着いて劇を演じる事ができた。

(舞台裏では喧嘩もあったらしいけど)

あの入学式のイターいパフォーマンスから比べると、なんと言う成長ぶりであろうか!!


が、しかし、2学期後半になるとそれも崩れだし、またもや首絞めや、顔面パンチなど激しいトラブルが勃発するように。


担任からも「最近、お薬の効き目があまりないようなのですが・・・」と指摘され・・・トホホ・・・


病院の先生に話して、量を2倍に増やしてもらったが(1日2回に)、2回飲むと酔っ払いのようにロレツが回らなくなる; ̄ロ ̄)!!

そして、効果もあまり見られない(-_-;)


それでも何とか2学期を乗り越え、3学期に突入。


やはり、リスパダールの効果が見られなくなっているので、その旨医師に伝えると、「では違う薬を試してみましょう」と言う事になった。

(休日の行事などの時は、飲むと効果が見られるんですが・・・)


新しい薬の名前は『リーマス錠』。


衝動を抑える効果もあるそうですが、元来はうつ病などに用いられるそうで、ユタの場合、自己評価の低さ、被害妄想的な思想からの暴力があり、うつ的な症状も出ているのでは?という事で、この薬を試してみる事に。

(リスパダールと併用)


が、結局この薬を飲んでもあまり変わらずで・・・


それでも、入学当初から見れば随分成長したんです。


そして、1月のある日、来年度に向けて、校長、コーディネーターの先生、担任の先生との話し合いの場を設けて頂いた。

来年度は2年生になり、今年度ほど教員が付く事はできないが、とにかく学校側、家庭側ともに協力し合いやっていきましょう、という事で話を終えた。


しかし、その直後、私とユタの人生を揺るがす大事件勃発!!!

これを書くには相当パワーがいるので、また次回に・・・


つづく


↓皆様の1票がパワーの源です!!



にほんブログ村 子育てブログへ ゆっくりねっとサーチ

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/36-e4100ad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。