苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害

「やる気のなさ」は「自信のなさ」。 

2010/12/30 Thu.

最近ちょっと考えていた事なので、忘れないうちに年内に記事にしておこうと思いまして・・・




簡単な問題なのに、分からないといってすぐ諦める。(算数)


できる事なのに、やろうとしない。


努力が嫌い。




最近のユタの傾向です。




クラスに、頭脳明晰、運動神経抜群な女の子がいます。(Aちゃんとします)


彼女はしかし、唯一球技があまり得意ではないそうで。


休み時間、クラスのほとんどは校庭に出て球技やら外遊びをしているそうですが、ある日、「私もやってみる」とAちゃんがボール遊びに加わったそうです。


今まで食わず嫌いなだけだったのか、意外と出来て、それから毎日外遊びに参加するようになったのだとか。




同じく、球技が苦手なユタ。


せっかくサッカーに興味を持てたのに、ハードルが高いスポ少に入ってしまった事ですっかり自信をなくしてしまい、休み時間なども積極的には参加していない模様。




Aちゃんも苦手を克服して楽しく遊べるようになったのだから、ユタ君は出来ない訳じゃないのだから、入ってくれば良いのに、なかなかやろうとしません。


という話を、先日の面談で先生から聞き・・・。


(百戦錬磨のAちゃんと比べられてもねぇ・・・)




やってみれば楽しいかもしれない。


でも失敗したら・・・

 


成功経験の少ないユタは、努力をする事を拒み、チャレンジする事を簡単に諦めてしまうようです。


ちなみに、ユタ自身は、「ボールを遠くに飛ばせないから」とか、些細な事(周囲から見れば)で入っていけない模様。




一方、成功体験を多く積んでいる子は、何事にも果敢に挑戦し、努力する術も知っている。。。



それは、学習面や習い事などにも言えますね。




先日、心理の先生が仰っていたように、自我が確立されつつある今、ますます嫌な事から逃れたいという傾向が強くなってきているのかなぁ、とも思います。




金子春恵さんの著書「先生が明日からできること。」に、“ドロップアウトの構図”という項目があり、頷きながら読んでます。

ご自身のスキー体験を元に、非常に分かりやすくて笑える(失礼!)解説なんですけど。



あ、ちょいちょいこの本が記事に登場してますけど、本当にオススメなんで、まだの方は是非読んでみて下さいね♪

ちなみに、私は毎年担任の先生に差し上げています。へへ。




成功体験を一つでも多く増やして欲しいと願う、今日この頃です。



 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/350-d5c22aed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。