苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・高学年

なかなか理解を得られない。 

2010/12/08 Wed.

私は、定期的にユタの担任の先生と面談をしています。




ユタの多動・衝動真っ盛りの時期は過ぎ、今ちょうど第二段階にさしかかる頃。。。


“注意欠陥”部分が目立ってきました。

 


例えば、口頭での指示を聞き分けるのが苦手。


なので、宿題などを口頭で言われても理解できず、結果やらずに叱られる・・・。




面談時に、ここ数回の宿題忘れを指摘され、連絡帳に書いていない宿題があった事が発覚!


いえ、ユタは宿題がある事は分かっていたのですが、何をやって良いのかが分からなかった。


「算数の復習」と聞いても、私も何をやらせたら良いのか分からず、二日ほど放置してしまいまして。。。




その事を先生に伝えたところ、「ちゃんと言ってるし、皆わかっているのになぁ!」との事。




確かに見た目は普通、一時のような衝動性もなく、皆と同じ事ができたり、時にはそれ以上だったり・・・この2年で随分成長しているので、「そんな簡単なこと」ができないはずは・・・のワナにはまるのでしょう。




算数は、クラスが二つに分かれていて、それぞれ範囲が違うので、黒板には書かないのだそうです。


高学年になると、これ以上の事は・・・とな; ̄ロ ̄)!!


グレイトティーチャー!!あんたからそんな言葉が出るなんて、マジがっかりだぜ。。。




やっぱり“発達障害”を理解していないんだね。




中学に入ると課題の提出などが大変になるので、今のうちから・・・と仰るのですが、そこが『特別支援教育』じゃないのでしょうか?




では、どうすれば良いのでしょう?って・・・


意外と簡単に解決できる事じゃないかしら?ね?皆さんもそう思うでしょう??




きっと、他にも困っているお子さんがいると思うのです。


ただ、衝動性と比べて目立たないのでつい見過ごされてしまう・・・。


主張が出来ない彼らは、分からないまま時が過ぎてゆく・・・。




3年生で初めて受け持って貰った時、目標はたった一つ、「暴力をなくす事」でした。


もちろん、それが最重要事項で、一番大変な事ではあったのですが、そこはグレイトなティーチャー、見事、あっさりクリアできたんですよね。


下がっていた自己評価も、相当上げて下さいました。




今も、ベースは一緒、でも、第二段階の現在、なかなか明確な目標が定まらず、困惑している模様です。


だからさ、もう一度コレ読んでみてよ↓



                   




もう少し勉強して欲しいなぁ、とも思いますが、でも、毎回こうやってお話させて頂くと、良い情報交換になり、「どうしたら良いのか分からない」と言いつつも、私の言葉を聞いて理解してくれようとするので(そこがグレイト!)、大変ありがたくもあります。


そして、やっぱり話さないとわからないもんだなぁ、と感じます。


まだまだ、問題は山積みですが、少しずつ理解を得て行かなくては!!




ヨロシク!ティーチャー!!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/337-30f26776
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。