苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: サッカー

サッカーがダメだったワケ。 

2010/10/14 Thu.

もう、随分日も経ちますが、記録として残しておこうと思います。




高学年から始めるには、あまりにも敷居が高すぎるスポーツ、「サッカー」。(特にスポ少の場合)


頭で分かってはいても、実際やってみないとわからないのが世の常でござんす。


以前、記事にもしましたが、低学年のクラスから始めたユタでしたが、揉め事勃発、それで、本人の希望もむなしく、「大人の事情」で高学年に無理やり突っ込まれたわけですが・・・。




地域等が運営するスポーツ少年団は“習い事”ではないので、本人のレベルに合わせて、ってのが難しいんですよね。


そして、出来上がったチームに途中から入るという事は、相当な①覚悟と②努力と③根性が要るわけで・・・


ユタには、いや、私にもその3拍子が欠けていました(-o-;




始めた以上は、せめて半年は・・・と考えていましたが、ドクターにも話してみたら、フットサルもやっているのだから、そんなに我慢する事ないんじゃないか。


そんなに長い期間で考えず、無理だと思ったら一学期とか短い期間にしてはどうか。


その時は、“できなくて辞めた”ではなく“ここまで頑張って辞めた”と肯定してあげる事、とも言われました。




まぁ結局、その“一学期”も持ちませんでしたけど(^-^;


もう、高学年になると、首に縄つけて行く訳にも行かないし、無理に行っても練習に参加できなかったりと、せっかく好きで始めた事も、このままでは悪いイメージばかりでサッカー自体嫌いになってしまいそうだったので(私自身も)、キッパリここで諦めました。




ユタに、もう辞めて良いよ、と言った時、「ありがとう!」と言わました。


今まで、習い事でもなかなか辞めたいと言った事がないので、今回は相当嫌だったのでしょうね(^-^;




その代わり、フットサルは絶対辞めない事、という約束をして。


ちなみに、フットサルは学校内の活動なので(管轄は学校ではないが)、顔見知りも多く、低学年とも一緒なのでユタも無理なく参加できている模様です。




色んな思いをしながら頑張った約2ヶ月・・・


正直、落ち込みましたよ。


たった2ヶ月かよ、我が子ながら、情けないってね。




もう少し頑張ってみた方が・・・とも思い随分悩みましたが、できないものはできないんだね。


私生活でそこまでのストレスを抱える事もないですし、思い切った今は、非常にスッキリしていて、今年はワールドカップも楽しめました(笑)


キリンチャレンジカップ、VSパラグアイ戦も観に行きましたよん(^_-)v




とにかく、今回の事は、良い経験になりました。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/310-4966d05f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。