苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・高学年

勇気あるチャレンジ。 

2010/07/26 Mon.

夏休み、突入しましたね。




ユタは、初日から二泊三日の林間学校でした。


楽しい事、盛りだくさん・・・




ここで、先生からの提案で、一つ大きなチャレンジをしてみる事になりました。




「一日だけ薬を飲まない」。




全日程というのはさすがに厳しいので、他校との交流のない二日目だけ。


先生は、とある土曜日に、学校で開催された親子活動の際、薬を飲んでいない素のユタを見て、林間学校でも思いっきり楽しませてあげたい、という気持ちが芽生えたようです。


(その日、「先生、今日ボク薬飲んでいないので、元気なんです!」と言ったらしい。)


休日(の習い事とか)やキャンプでは飲んでいないし、もしかしたらイケるかも・・・。


先生とユタはこの事について話し合い、また、当日の朝の様子も見た上で最終判断。


これが吉と出るか、凶と出るか・・・。




残念ながら、うまく行きませんでした。


羽目をはずして、危険な場面や、静かにしなくてはならない場面でふざけてしまう事が多々あったようです。


係員さんにも注意されてしまうほどに。。。


終いには、彫刻刀で指を切ってしまった模様; ̄ロ ̄)!!




ユタは、「やっぱり薬を飲まないとダメなんだ」と、すっかり自信をなくしてしまいました。


先生も「力不足でした・・・」と落ち込んでるし(^。^;)




正直、想定内だったんです。


ドクターや、教育センターの先生からも、宿泊でそれをやるのは、賭けだと言われました。


でも、もし成功すればユタ君の自信に繋がるし、それを試みてくれる先生はなかなかいない、やってみる価値は大いにある、とも言われました。


それに、そもそも薬は多動や衝動性(暴力)を抑えるために飲んでいるわけであって、それが出なかった事は評価できるので、ユタにもそう話しました。


ただ、「5年生として」の良識ある行動には至らなかったわけで。。。


それでも、初日、三日目は全く問題なく過ごせたようだし、トータル的には「楽しい林間学校」だったようです。




やっぱり、いくら通常の授業ではないとはいえ、初めての場所、環境、そしてハードなスケジュール・・・


楽しい事いっぱいでも、遊びではない。


プライベートでは許される範疇でも、集団だとそうは行かない。


宿泊行事は、リスクが大きいです。


今回、この事が分かって良かったと思うし、成功とはいえないけど、勇気あるチャレンジ、大いに讃えたいと思いました。




でも、そんなに薬が必要なのかな。。。




さて、次は、夏休み明けに、4年生との合同の二泊三日の移動教室。


ユタは班長です。(これまた、チャレンジャー!)


今度こそ、成功経験が増やせますように。。。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

No title

いい先生ですね。
思いっきり楽しませてあげたいって(j o j) ウルルル
チャレンジの結果がどうあれ、先生との信頼につながったのでは?
 
あっ、おひさしぶりです。

コーヒーとうさん #79D/WHSg | URL | 2010/07/26 23:03 - edit

No title

コーヒーとうさん☆

お久しぶりです!

はい、良い先生なんですよ。
でも、予想以上のユタの豹変振りに、狼狽してました(^。^;)
でも、あんた、「伝説の入学式」からのお付き合いやん・・・って感じなんですけど(笑)
まだまだ青いゼヨ。

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2010/07/27 21:57 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/291-a1945ba4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。