苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: サッカー

挑戦。 

2010/04/04 Sun.

突如、サッカーをやりたいと言い出したユタ。



(関連記事:本当に体育好きになった。  ハードル高し。


先週から体験で参加させて貰い、ついにチームに入る事になりました。




高学年から始めるには、大変敷居が高い「サッカー」の世界。


それでも、運動が得意な子なら大丈夫だと思うんですよ。


でも、ユタときたら…


まず、闘争心が全くない!


リフティング、ドリブルできない!!

(当たり前だけど)


しかも、友達いない!!!


何でこんなんで「やりたい」と言うのか、私には全く理解ができません(;´д`)




まずは低学年(園児~新小3)と一緒に基礎から学ぶ事になりました。


これも、普通の子だったら嫌じゃないのかなぁと思うのですが(少なくとも私なら、この状況には入っていけない(-o-;)、ユタは自ら進んで「低学年が良い」と(汗)


まぁ、実年齢より幼い子ですから、こちらの方が馴染めるかも・・・体格もほぼ変わらないし(^_^;)


これって、もしかしたら、発達障害ゆえの特性から来る、空気の読めなさや、幼さとかが関係しているのかなぁ・・・なーんて思ったりも。。。




しかし、このチームのコーチやお母さん方は大変面倒見が良く、こんなドンクサ少年でも快く受け入れてくれたのです。



今日は、ほぼマンツーマンで見て下さって、少しは馴染めたような気もします(^-^;

ありがたいことです。




そして、子供よりも親が大変なのが、このスポーツ少年団。


定期的なお当番や、練習、いずれは遠征まで付き合わなければいけません(涙)


親しいママさんもいない今の状況、私の方が覚悟が必要です・・・


なぜ自ら「イバラの道」へ?!(苦笑)



それでも、初めてユタが自分から「やりたい」と言ったスポーツなので、この機会を逃さないよう、親としては見守らなくてはなりませんね。


今は、ユタの出来なさ加減にイライラですが、いずれは楽しめる日が来るのでしょうか・・・。




道具も一式揃えましたよ(^_^;)


ボールは一応持っていたのですが、シューズからストッキングからすね当てから、そして、今まで運動には縁遠かったので、ジャージ類を持っていなかったのですよ。

なので、トレーニングウェア一式。


お金かかるぅぅぅ(涙)


ショップの店員さん曰く「これでもスポーツの中でサッカーは一番お金かからないんですよ」との事。


そうだよね、野球の時は、最低限、チームのユニフォーム、バット、グローブが必要だったもんね。しかも、ユニフォームなんて、ホント、野球以外では使えないしね(^_^;)




サッカーをやる代わりに、スイミングも休まない事、という条件で始めましたので、3時間の練習の後、しっかりプールにも行きました。


今は、100m個人メドレーをやっているので、大変辛そうですが。


暫くは、親子共々試練の日々が続きそうです・・・。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村

 


スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/277-fefa6eb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。