苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 学校・特別支援教育

通級学級のこと。 

2010/03/10 Wed.

通級の事は最近ほとんど記事にしていなかったのですが・・・


そして、これまでの関連記事を読み返してみると、ほとんど良い事が書かれているのですが・・・


確かに以前、ユタが低学年の頃は、親子共々よりどころにしている部分が多々あり、救われた事も多々ありました。


良いお友達もできたし♪




しかし、最近はどうも指導不足(人手不足?)という感が否めません。


先日行われた、学習発表会(劇発表)では、ユタに低学年の子のセリフを全部覚えさせ、本番でその子がセリフが出てこなくても教師は一切ノータッチ。

全部ユタに任せて(耳元でささやいたが、相手に聞き取ってもらえず)、結局二人ともが共倒れになってしまいまして。。。



もっと、配役の考慮とか、ちょっとした配慮でうまくいくはずなのに、それを10歳の、しかも自分の事もままならない子供に全て押し付けるなんて!!!


ちなみにユタは、学校行事(在籍校の)等の関係で、練習は3回しかありませんでした(-o-;





今年度は、在籍級で様々な事件が起きましたが、担当の先生に相談しても、「新任の先生は色々仕事が多くて大変なのよ」で済まされ・・・じゃあ新任の先生に当たった不運を嘆けば良いわけ?!

・・・ストレスが溜まる一方。


確かに通級の先生も同じ教員ですから、親の肩を持って欲しいとまでは思いませんが、あまりにも学校寄りの“事なかれ主義”で非常にがっかりしました。


それでも、指導がしっかりしていれば良いのです。


しかし、先に述べた学習発表会をみてもわかるように、ここにわざわざ授業抜けてまで来る意味があるのだろうか?!と思わせる事が多く、ユタ自身、今は在籍級の方が居心地が良いらしく(これは大きな成長なのですが)、最近は以前のように行きたがらなくなってしまいました。




普通級でも活かせる指導をして頂きたい。だって専門の勉強をしている(はずの)先生、クラスなのですから。


在籍級はともかく、通級まで担当になった先生次第、だなんて。。。




発達障害児は年々増えて(明るみになって?)きています。

しかし、今のままでは以前より質が劣り指導が行き届かず、反比例の状態になりつつあります。




「子ども手当て」ももちろん頂きたいけど(笑)、こちらの方にも予算を増やしていただきたいものです。。。

 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村
スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

コメント

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/270-6d3836f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。