苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害

9歳の壁~ユタの場合~ 

2009/12/02 Wed.

先日、ユタが通っている病院で発達検査@WISC-Ⅲを受けてきました。


次のテストま2年位空けるとよく聞きますが(問題を覚えているから?)、ユタの場合はなぜか小1の時から毎年受けています。

特に問題を覚えているから・・・云々のデメリットは無いように思います。


今年で4回目の検査・・・去年まで、数字的には上がり続けてきましたが、今年、初めて全検査の平均IQが下がりました。

受けた時のコンディションは、悪くはありませんでした。


ちなみに去年は“平均の上”、今年は“平均”ですので、知能的には問題ないそうです(^-^;

ま、発達検査の場合は、数字よりも得手不得手を見極める事が重要なのですが。


先生曰く、この年(小3~4)の健常児は飛躍的に能力が伸びる時期で、ユタのような子の場合はそのスピードにおいていかれるのだとか・・・いわゆる「9歳の壁」ってやつだそうです。

(ユタは今日現在9歳11ヶ月)


今のところ学力的には問題はないのですが(苦手は多々あり)、周りの子達が色々要領を覚えて行く中、相変わらずの不器用さでついていけなかったり・・・という事も今後あるそうです。




WISCの結果はさておき、以前から心配ではあった交友関係。


最近は、こちらの方は伸びを見せています。


今までは、クラスのグループにはほとんど入らず、静かな男の子と二人でいる事が多かったのですが、宿泊行事後からいろんな子と交わるようになったそうです。


この時の班分けも「いつもと違う友達と交わりたい」と、自ら普段交流の無い子達のいる班に入ったのだとか。(なんという前向きさよ!)


又、クラスの子達のユタに対する雰囲気も、以前と比べ随分良くなったなぁ・・・と感じます。


ユタが低学年の頃、通級の保護者会の時に、当時高学年の男子のお母さんが、友達を持つ事をすっかり諦めていると話す様子に、我が子の未来を見たような気がしました。ユタも彼と同じようなタイプだったからです。


なので、今の状況は全く期待していなかった事で、嬉しい事でもあります。

友達を無理に作ろうとする事は無いけど、やっぱりいた方が学校生活も豊かになるでしょうし。


今思うと、彼とユタの違いは、クラスの環境だったのかもしれません・・・。




『9歳の壁』・・・この後どのような形で現れてくるのかは未知数でありますが、これまた未知数なユタの成長にも期待して。。。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  


スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

No title

勉強は問題なくついて行けるのですが、お友達関係は・・・微妙です。王子の学年、今年から急に荒れはじめて、イジメ的な行動や嫌がらせをする子がいるらしいのです。直接王子だけってわけではないようですが、笑えないようなイタズラがあっても犯人は不明のまま。。。特に男の子が過激なようで、王子はすっかり怖がっているんですよね。。無理に仲良くさせるわけにもいかないので様子見してますが・・・難しいですね

MYU #79D/WHSg | URL | 2009/12/07 05:44 - edit

No title

MYUさん☆

イジメですか。。。
この年代、特に担任の力にかかっているんですよね・・・。
難しいですね( ̄~ ̄;)

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2009/12/07 18:13 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/243-3e5d3162
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。