苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害

DN-CAS 

2009/09/20 Sun.

DN-CAS認知評価システム

Das-Naglieri Cognitive Assessment System


というテストを、今年の5月に教育センターで受けたユタ。


WISCとは違い、より細かく、情報処理に関する部分をクローズアップして検査するものらしく、ごく最近取り入れられるようになったものだそうです。


なので、担当の先生もユタが初めての被験者との事。


検査の結果の一部を、『心理検査報告書』をもとにご披露(?)いたします。

「DN-CAS」にご興味のある方の参考になれば。。。と思います。


【検査の目的】

ユタ君の認知的な特長を把握する事で、日常の行動特徴をより理解し、効果的な関わり方を考えるために、今回DN-CASを施行しました。


【検査時の様子】

検査は1時間ずつ、2回に分けて試行しました。両回とも、検査者の指示に従って素直に検査課題に応じていました。

また途中、集中が途切れて、他のものに注意を移行してしまうという様子も見られませんでした。

一方、自発的な説明を求める場面では、言葉が少なめであった事が特徴的でした。




DN-CASは4種類の下位検査群から成り、それぞれが[プランニング][注意][同時処理][継次処理]をみる検査になっています。

[プランニング]は、決められた目標を達成するために、効果的な解決方法を決定したり、選択したり、使用したりする力。

[注意]は、提示された情報に対して不要なものには注意を向けず、必要なものに注意を継続する力。

[同時処理]は、提示された複数の情報を、まとまりとして統合する力。

[継次処理]は、提示された複数の情報を、系列順序として統合する力を表しています。




【総合所見】

この検査から捉える事ができるユタ君の特徴をまとめると、次のようになります。


①[継次処理]が[プランニング][注意][同時処理]に比べて優れています。[継次処理]は情報を順序だててひとつずつ処理する力です。

したがって同じ作業にしても、情報を一度に全体として処理するようなものよりも、階段を一つ一つ追って進めていくようなものの方が得意といえます。

また、[継序処理]の課題は耳で聞いて答える課題なので、視覚的な処理よりも聴覚的な処理の方が得意といえます。

ユタ君は一見聞いていないように見えても、聞いていたことは覚えている様子です。したがって、ユタ君には言葉で一つ一つ階段を追って説明する事が効果的と思われます。


②今までやっていた問題から、より複雑な問題に移るような“段差”がある時、そこで混乱して止まってしまう事があるようです。

しかしその混乱は外からは見えにくいので、周りの人はユタ君が静かに混乱している時がある事を分かってあげる必要があります。もちろん、自分でその混乱から抜け出る力をつけてきている事も窺えました。


③不要なものには注意を向けず、必要なものに注意を継続する事が要求される時、どうしても不要なものの方にも注意を向けがちのようでした。

この時、自分がどうしても不要なものの方にも引きずられてしまう事は分かっていて、それを補うように見直したり慎重に進んだりする方略を身に付けてきています。

自分の不得意なところでも自分なりに対処する力を身に付けてきており、その部分を伸ばしてあげる視点が重要と思われました。



***********



という事でした。。。



確かにユタは「耳が良い」です。

聞いていない素振りでも、しっかり聞いています。



学校の授業でも、先生の話を聞かず、他の事をやっているように見えても、実はしっかり聞いていて、最終的には辻褄を合わせる事が出来るのです。



私生活では・・・大人の話をちゃっかり聞いていて(他の事、例えばゲームに集中していても)、なのでユタの前では悪いことは言えません(苦笑)



逆に視覚的な事が弱いかというと、生活に困るほど弱くはありません。

板書など苦手かというと、そうでもないようで、それなりにノートも取る事ができます。



なので、今のところ学校では極端に困る事はないようです。


ちなみに、数値的なことを言いますと、WISCに比べるとかなり低く出ました。

WISCの場合はもっと全体的なものをみる検査で、DN-CASはかなりピンポイントな検査なので、先生曰く、全体を見るならWISCの方を重視した方が良いとの事です。





この検査結果、通級の先生が是非聞きたいという事で、だったら担任の先生にも、というわけで、8月末に四者での面談形式で集まる事になり、この資料も全員分用意していただきました。


その後学校長の手に渡る事になっており・・・こんなに資料を提供しているのって、我が家くらいかと思われます(^-^;


ちゃんと役立ててくれよ~!!





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  

スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

コメント

No title

得意不得意が細かくでるんですね。
資料を渡して役立ててくれてユタ君の学校生活が
潤滑にいくようにしてもらえると良いですね。

MYU #79D/WHSg | URL | 2009/09/20 18:32 - edit

No title

MYUさん☆

資料を出して、役立てるも立てないも担任次第・・・と実感する今日この頃です(^-^;

あと半年・・・来年はどんな先生が担任になるのかなぁ。。。

なでし子 #79D/WHSg | URL | 2009/09/20 21:33 - edit

page top

コメントの投稿

Secret

page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://yamatonadeshiko2011.blog.fc2.com/tb.php/218-ebe31b52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。