苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 日常

ADHDの習い事。継続編2 

2011/05/31 Tue.

続いているシリーズ

その2 そろばん。


これは現在、辞めてくれランキングNo.1です。


3年生も後半に差し掛かる頃、算数に多大な不安のあるユタに、何かさせなくては!と思いまして。

お勉強系の習い事は、2年生の時に障害児向けの公文に少々通えども、宿題と送迎が負担で続かず、通信教育などはもってのほか、私が教えればイライラするだけだし、塾は高すぎる・・・


というわけで、宿題もなく、月謝もお安い「そろばん教室」を見つけたのでした。

そろばん以外に、算数プリントもやっているというので、こりゃ理想的!

見学に行くと、本人は例によってすぐ「やる」と言いまして(^_^;)


頭の中に、そろばんが出てきてパチパチ・・・そうなったら、算数の文章題できなくても計算だけで乗り切れる!

・・・なーんて、またもや理想と現実の大きな壁ヾ(=д= ;)


昔ながらの寺子屋風教室で、時々先生からお菓子を貰えたりして初めは喜んで行っていたのですが、不器用なユタにはあまり向いていないようで、なかなか進級できず。

そのうち、馬鹿にするような子も出てきたりで、「辞めたい」モード全開になりました。


その時は、自分でやると決めたものだし、簡単に辞めさせてはいけない。なので、4級になったら辞めても良い、というラインを設けまして。

だから、頑張ってさっさと4級まで行って辞めればいいじゃん。

と、大人は単純に思うのですが、成功経験の少ないユタにとっては、見通しのつかない目標だったのかもしれません。


その後もやる気のなさは続きました。


おかげで、検定を受けることもできず、一向に算数の成績に反映することもなく(足し算引き算すら危うい状態)、これは月謝の無駄としか言いようがない!

ちなみに6000円。かける12か月、プラス教材費や光熱費が時々・・・


無駄じゃ・・・

もう辞めても良い、いや、頼むから辞めてくれ。


これ、教育センターや担任の先生に相談しても、同じく「辞めた方が良い」と言われまして(^_^;)

もし、また辞めたくないと言っても、これは明らかに向いていないものだろうから、自尊心を傷つけないように辞める方向へ持っていくと良い、とアドバイスされました。

算数の出来に関しては、担任曰く、私が思っているほど悪くはないのだそうで。。。(マジか?!)


しかし、いざ辞めようという段になると、ユタは「やっぱり辞めたくない」って言い始めまして。Σ(・ω・ノ)ノ

それが、今回はいつものように意地やプライドで言っているのではなさそうなんです。

「最近は、少し真面目にやってみたらできるようになってきて、次は検定も受けられると思う。だからもう少しやりたい。」

のだそうで・・・。


本当に信じていいのか?!

12か月かける・・・プラスα・・・本当に無駄にしないか?!


以前は、事あるごとに「今日おなか痛いから休んでいい?」「熱があるから・・・」などと私に電話してきていたけど、ここ最近はそんな事もなくなったので、やる気が出てきたのは本当なのか?!


というわけで、もう少し様子を見てみることにしました。


ちなみに現在7級・・・遅いです(ll゚д゚ll)

せめて5級までは行きたい、と言ったので、期限は小学校卒業までだと言い渡しました(^_^;)

中学になったらきっぱり辞めて、塾に移行・・・と、勝手に私の中で思っているので←だって、お金出すの私だもん(`ω´*)


そんな感じで、続けています。


にしても、なかなか“これは!”って習い事なんてのは、見つからないものですね。。。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

ADHDの習い事。継続編 

2011/05/28 Sat.

習い事シリーズ・続いている習い事編。


その1  ピアノ。

まぁ、これも親主導で始めたんすけど。


多動真っ盛りな4才のある日、保育園の先輩ママさんが教えていると言う情報を聞きつけまして。

クラスも違って話した事もなかったのですが、オーラがあって素敵な人でした。

何か理想的~(人´∀`)。.。・.。*゚+(浅はか)

共通のママ友を介して、無理矢理押し掛け女房でござんす。(我ながら、すごい勇気と根性・笑)


もう、目に入るもの手当たり次第触らなきゃ気がすまない当時のユタ。

パソコンのスイッチ入れたり、部屋をウロウロ・・・とっても迷惑だっただろうと思います(苦笑)

でもって、ピアノなんかに興味があるわけもない、多動4才児。

それでも、「ピアノをやっている」というのは自慢だったようで、保育園でも言いふらしていました。ヾ(-ε-o)ォィォィ


ところで、何故ピアノをやらせたかったのか?


ピアノだけは、どうしても子供に習わせたかったんすよね。私もやりたかったし、大人になってから「やっとけば良かった」と、男女共に結構聞くし。

本当は、ピアノとバレエを習わせたかったのですが、当時何でもやりたがった男も、バレエだけは断固拒否でした(笑)

それと、男子でピアノが弾けたらカッコイイというのもあるけど、両手で違う事をやるというのは、かなり頭を使いますよね。

一番の目的は、この「頭の体操」です(笑)

ピアノ以外でも良いのですが、他に思い付かないし、お月謝もお手頃だったもんで。

ま、その“体操”があまり活かされていない今日この頃ですが、ボケ防止くらいにはなるでしょう(^_^;)


あと、音楽センスのある人は、耳が良いのか語学も堪能だったり。。。

ほら、吉田美和さんとか、マッキーとか、英語の発音が上手だし♪

中国語を学んでいた友人に、「中国語は、音感のない人にはものすごく難しい」という話を聞いた事があったので、小さい頃から音楽に触れさせといた方が、使えない英語を習わせるよりも良いのかなぁ、と。←単純。


そして、当時やっていた「砂の器」というドラマで中居くんがピアノを弾いているのを見せ、洗脳しました(笑)


まぁ、母の「ミーハー根性」と「憧れ」という事情を含み、半ば強制的に押し付けたピアノですが、小学校入学と共に落ち着いてレッスンを受けられるようになりました。


が、家で練習しない!

私も、毎度怒りながら練習付き合うけど、ものすごいストレス( ̄‐ ̄#)


同じ理由で、同時期に入門した女の子が辞めてしまったので、うちもそろそろ潮時かと先生に相談しました。


「男の子なんてそんなもの。ココ以外で練習しないとしても、上達しないということはないし、ママがそれで大丈夫なら、うちは全然構わないよ。」

「例えば、学校や社会で何かあった時・・・意外と音楽で救われる事もあるし。」

なんて言われ、私も気が楽になり、お言葉に甘える事にして、家での練習は一切放棄しました(笑)

それに、年に一度発表会があって、その時だけは練習するし、人前で発表するという緊張感も良い経験になるし。


まぁ、私は、ユタには才能のサの字も感じないので、ここまで来ればいつ辞めても良いと言っていますが、例によって「辞めたくない」と言うので、ピアノに関しては放置しています。何だかんだ言っても自分で行くし(^_^;)

今は、色々弾いてみたい曲とかもあるようだし(実力が伴わないが)、長く続けいているというのは一応自慢のようなので(楽譜も読めないのに自慢すな!)、ユタにとってピアノをやっているというのは少しはプラスに働いているのでしょうか。


そんな感じで、小6現在も続いているわけです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: つぶやき

梅雨入りですと?! 

2011/05/28 Sat.

関東地方も梅雨入りですと?!

例年より17日も早いって(´゚Д゚`)ンマッ!!


来週、運動会なんすけど。。。

ま、毎年微妙な天候なんですが、小学校最後の運動会くらいパァっと快晴であってもらいたいものですが。


昨今の異常気象。

こんなに梅雨入りが早かったら、春季運動会の開催は難しくなるかもね(´-∀-`;)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: つぶやき

ねごと。 

2011/05/22 Sun.

おいおい、もう丑三つ時だぜ。

珍しく夜更かしなあたい。

ずーっとパソコンとにらめっこ。他にやらなきゃならんことあるのに、とことんダメな女。

こうなりゃ眠りたくねーぜ!このまま夜が明けなきゃいいのに(笑)


はっ!ユタが寝言言った!


「このイチゴおいしいよ。食べないの?」

だって(爆)!


ユタさん、イチゴ大好きなんすよヾ(*´∀`*)ノ

起きてる時はめっちゃ憎らしい男ですが、寝てる時はまだまだ愛くるしいですな。


早よ寝なくては!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: つぶやき

気になるものランキング。 

2011/05/22 Sun.

最近、すんごく気になっているものベスト3。


第3位 ブルーレイレコーダー。


これ、気になっているというか、買わなきゃならないものなんすけど(^_^;)

だって、テレビ同様、7月から録画できなくなっちゃうんでしょ?

まだ十分使えるのに、何か納得いかねぇ。(`ω´*)


第2位 ツイッター。


先日の大地震の際、学校の連絡網が、電話・メールともに通信不能でうまく機能せず。

これからはダウンしないインターネットで・・・というわけで「ツイッター」の採用でござんす。

見るだけなら登録しなくても大丈夫みたいだけど、アタイもちょっとつぶやいてみたい、なう(笑)

(きょうび“なう”なんて使わないのだとか?)

でも、イマイチ用途がわからん!

職場の若い女子に聞いたら、

例えば、電車の中でムカつく事があったりするじゃないですか。かと言って誰かに言うほどの事じゃない。そういう時につぶやいたりもします。

だそう。( -Д-)フムフム


そして、第1位。


スマートフォン!

これ、すっごくすっごく欲しい!!なう(笑)

今の携帯も2年以上使って、傷だらけでもう替え時なの(涙)

以前は、朝起きるとポチっとパソコン起動させていたのですが、今は節電で夜しかつけていないんです。

そんな時は、やっぱスマホじゃないすか?


私、auユーザーなんすけど、夏の新ラインナップご覧になりました?

AU夏モ~1


もう、この機種に一目惚れざます!!!

デザイン重視なので、他の機種に比べて使いにくさもあるようですが、どうせスマホ初めてなんだからかまやしないぜ、おねえさん!(←auショップの)


というわけで、予約しちましました(^_^;)

まだ発表になっただけで、デモ機も出ていないので、見て気に入らなければキャンセルしても良し、とのことなんで。


スマホユーザーになったら、つぶやきまくってるかもね(笑)


ゼニはないけど、あれこれ妄想して小さな幸せ♪

嗚呼・・小市民・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

ADHDの習い事。3 ~「辞めない」事へのこだわり~ 

2011/05/21 Sat.

自分から「やりたい」と言うまで新しい事はしない。

そして、ついにその日がやって来たわけで・・・。

それが、サッカー。

(カテゴリ:“サッカー”をご参照下さい)

ま、あっけなく撃沈したわけですが、「やらない後悔」より「やった後悔」の方が良いじゃないすか?経験値も上がりますし。←と、あくまでも前向きに捉えてみる。

私自身、やりたい習い事をやらせて貰えなかったので、余計色んな事を経験させたいと思う部分がありましてね。経済的には大変なんすけどε-(‐ω‐;)



ところで、何でもそうですが、習い事も始めるより辞める時の方が気力がいるもの。

ましてや、小さな子供には判断力がなく、親の気持ちひとつ。すぐ辞めてしまえば、辞めグセがついて、忍耐力の無い人間になってしまうのではないか・・・


そんなわけで、私にも幾度か試練があり、判断を迫られたわけですが、いざ辞めようと決めると、ユタが「辞めたくない」と言うのです。

どう見てもやる気無いし、情熱も感じられないし、特に団体スポーツの場合は人様に迷惑がかかる・・・

でもって「今日は行きたくない」と“今、この時さえ逃げ切れば”という短絡的思考。


何故、このような状態でも「辞めたくない」と言うのか?


先日、教育センターの先生にも聞いてみました。

発達障害と関係しているかはわからないのですが、自分が受け持っているお子さんの中でそういう子は何人かいます、との事でした。


辞めてしまった後の不安や罪悪感、継続している事での「自分はこれをやっている」という自信(ユタの場合は“自慢”かも?)、そういうのが普通の子よりも強いのかもしれないと・・・


しかし、継続する事へのメリットより自己肯定感を下げるようなデメリットの方が上回った場合は、いさぎよく辞めさせた方が良い。

傷は浅い方が良い。長引くと、傷も深くなります。←これ、婚姻の継続にも言えます(爆)!


サッカーを辞める時には、主治医からは、

「ダメだから辞めるのではなく、ここまで頑張ったから辞める」と、あくまでも肯定的に話すように、と言われました。


それから、辞めるにしても何か一つ目標を設定するようにしています。

そろばん○級まで、とか。

その代わり、○○は継続して頑張る、とか。

最終的には自分の意思で始めたわけですし、嫌な事から簡単に逃げてほしくない。そして、「ここまでできる様になったら」と言うのがあれば、モチベーションも上がるのではないかと。

どうしても無理そうなら、少々ハードルを下げてみる。


あ、ちなみに空手だけは、習い事を整理する際に自分であっさり辞めると言いました。(関連記事→習い事。(スイミング編)



次回は、続いている習い事について記事にしたいと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

ADHDの習い事。2 

2011/05/18 Wed.

続かなかった(早すぎた?)習い事シリーズ。

その二、野球。

まぁ、スポーツ少年団なので正確には「習い事」とは言わないのかな。


男子に生まれた以上、野球の一つでもできるべきであるという、勝手な妄想。

ワタクシ、野球観戦が大好きだったもので。←しかし、己れはキャッチボールすら出来ない。

はっきり言って、少年野球は憧れでした、私の(笑)


かの長嶋茂雄氏もADHDなどとも言われているし、もしかして向いてたりして・・・という、これまた痛い妄想。


保育園時代に一度苦い経験をして、すっかり野球とは縁がないものと諦めていた小1のある日、先輩ママさんから声をかけられました。

ユタの多動ぶりを見て、「活発なお子さんだし、野球やらせてみない?」と。

とりあえず見学だけでも、と言われ、こんな子でも受け入れてくれるのかと嬉しくなり、やはり二つ返事で「やる」というユタを連れて見学へ。

猫をかぶっていたユタは、サウスポーは貴重だとかとおだてられ、すっかりその気に。

現ソフトバンクの小久保選手も母子家庭で、小1の時にお母さんに無理やり入れられたのがきっかけだった、なんて話も聞いて、私もその気に(笑)


しかし、いざ入ってみると、全くやる気が見られず、まず、練習に連れて行くのも一苦労。

毎回「今日だけ休む」とかグズグズ言うしε-(‐ω‐;)

やっと練習場についても、皆の邪魔をしたり、剣道同様バットを振り回すなどの危険行為・・・

そもそも、野球自体に興味があるように見えないのよねぇε-(‐ω‐;)

なのに「辞めない」と言う。ナンデヤネン


野球って、サッカーなどに比べたら初めからルールが複雑で、低学年には難しいんですよね。

私が子供の頃も、だいたい3年生くらいからでしたが、やはり今は野球も低年齢化してて、幼稚園児からやっている子もいますけどね。


そして周りを見ても、1年生で来ている子はお兄ちゃんがいたり、野球にちゃんと興味がある子ばかり。

ユタみたいな子もいるけど、半分親の思惑で来ている子は、やはりぼんやりと練習に参加していない。


こんな状態で続けるべきか否か・・・

それでも、初めは地面に向かって投げてんのか?!というキャッチボールや、バッティングなども少しはできるようになってきたんですけどね。。。


さて、ちょうどその頃、学校でも問題多発しておりまして、私も休日の野球にまで付き添えない精神状態に・・・

スポーツ少年団というのは、親の活動は必須で、故に子供の気持ちが強くないと、とても続けるのは困難なんですよね。

中には親先導のお家もあるけど、私には無理っす。


無理やりケツ叩いてまでやらせるものでもないし、本当に好きでやりたいたら、時期が来れば自分の意思でまた始めれば良いさ。


というわけで、2年生に上がると同時に辞める事にしました。


野球一本なら、覚悟決めれたかも知れませんが、他にも習い事があったし、やはりあれもこれもは無理なんですよね。

どれを取るかと考えた時に、その時は「野球」ではなかった。

ま、結局は、私の根性が足りないのか?(-ω-ll)


そして、これからは本人が言い出すまで、こちらからお膳立てするのはやめよう、と強く思ったのでありました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

ADHDの習い事。 

2011/05/15 Sun.

子供に何か一つ、得意分野を見つけてあげたい・・・

特に発達障害とわかってからは、私はそういう思いが強くなりまして。


ユタはこれまで色々な習い事に挑戦してきました。

剣道、野球、公文、空手にサッカー。


そういや、幼少時に子役養成所に所属していた事も(笑)

これは、今更ながら本人も「続けていれば良かった」と申しておりやす。
きっと、同世代の子役達が活躍しているのが羨ましいのでしょう(笑)←そんなに甘かぁないぜよ!


まぁ、そんな数々の習い事たちですが、先に書いたのはどれも続かなかったものでござんす。


はて、なぜ続かなかったのか???


その一、剣道。

5才の時でした。

友達の子供が始めると言うので、一緒に体験に行く事に。

常日頃から棒を振り回しているユタを見て、こいつぁ武士の生まれ変わりに違いねぇ、と勝手に思い込んでいたので、絶対向いていると思いまして(笑)

本人に聞くと、二つ返事で「やる」と言うし。

当時は好奇心旺盛で、何でも「やる」って言ってましたっけ。

実は、私も剣道には憧れていました。


時は、多動真っ盛り。

一斉指示など通るはずもなく、竹刀を振り回しては叱られ、練習どころではない。

とにかく、当時は鉄砲玉状態でしたから、危険で危険で。。。

指導者もほぼボランティアなので日によって替わり、理解をしてくれる先生、そうでない先生と対応がまちまちで(-_-;)


私にも忍耐力がなく、この状況がいたたまれないし、これも一応「スポ少」というくくりなので、親の出番もあるらしいし・・・

平日の夜の練習という事もあり、5才児にとってはこれまたきつい。


向いていない訳ではなかったかもしれませんが、多分、ユタにはまだ早かったのでしょう。

今は何でも低年齢化してますけど、昔から、習い事は「6歳の6月6日から」と言いますし、それにはちゃんと理屈があるんですよね。


まだ「お試し期間」という事もあり、総合的に判断して、今はやめておこう、という事になりました。

本人は「辞めない」と言ったのですがね(苦笑)


その後、小学生になってから「剣道やりたい」と言った事がありましたが、タイミングが合わず、現在に至る・・・。


習い事シリーズ、まだ続きます<(_ _)>


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: つぶやき

地球の名言。 

2011/05/15 Sun.

自分に甘く
人にも甘く。
それがフェアというものだ。

あまりきちんとしすぎると
自分が疲れるだけでなく
周りの人も疲れさせる。

(石原由美子)


心に響いた名言シリーズです。

「自分に厳しく 人にも厳しく」

こういう人いますけど、確かに疲れるし、度が過ぎると負のオーラ放ちまくります。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 日常

ママ友地獄。私の場合。最終話 

2011/05/12 Thu.

長らく続けてしまったこのシリーズも、いよいよ最終回です(笑)


こちらからは連絡をしなくなったある日、久々にキムさんからお誘いを受けました。

年末だから、忘年会やろうって。

限界MAXだった私は、適当な理由をつけて(仕事とか言った)丁重にお断りしましたところ、

「何で最近会ってくれないの?皆(長男のママ友とか)、私と会っていると楽しいって言って引っ張りだこなのに、邪険にするのはなでし子ちゃんだけだよ」

な~んて言われましてね((´д`)) ブルブル…


・・・あたしゃ、あんたの彼氏か?

「仕事と私、どっちが大事なの!!」みたいな^_^;


その、“楽しいって放してくれない”お友達と仲良くしてつかぁさい<(_ _)>


とにかく、そうこうしているうちに思いが通じたのか、あちらからも連絡が来なくなり、道でバッタリ会うことも不思議な事になくなりました。

「縁」って面白いものですね。


3年生に進級した時に、「新しい先生ってどんな人?うちの息子が怖がっているんだけど。」ってメールが来て、「良い先生だよ」って返信するとそれっきり。


彼女を学校で見かける事もほとんどなくなりました。

転校前の学校(同じ区内)でも、保護者会にも一度も来た事がなかったそうです。

私には、前の学校の顔だった、くらいの事言ってましたけど(笑)


彼女の場合、お国がらみのデリケートな問題もあるけど、屈折した寂しい人なのかなって思います。

精神衛生上よろしくないので、相手の背景まで配慮して付き合いきれないけど。


今は、彼女にも新しい「ママ友」ができて、一緒に同じマンションに引っ越して、行事の時も一緒に来ているので良かったなぁ(?)と思います。


ちなみに、当時のブログには「仲良くなったママ友」として登場しています(笑)

あの頃は、とても恩を感じていたし、だから何とか彼女の良いところだけを見ようと頑張っていた。

そして、人知れず悩んでもいたわけだ(苦笑)


結局1年にも満たないお付き合いでしたが、もう3年以上の濃厚さでしたね(^_^;)

ちょっと書ききれないほど、他にも色々ありましたし。。。


世の中、色んな人がいるわけで、良い距離感を保つのって意外と難しい・・・何年生きても未だによくわからないっす。


ま、この話はドラマのママ友とはちと違うけど、私にとっては苦しんだ日々だった、って事で。。。

でも、良い人生勉強になりました!


完。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2011-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。