苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害・薬

チック?! 

2010/11/27 Sat.

病院で、ユタがドクターと話をしている時、しきりに瞬きをしていた。


まぁ、慣れない相手だし、緊張しているのかな?と、大して気にも留めなかったワタクシですが、ドクター曰く、


「チックですね」


との事; ̄ロ ̄)!!


え??今まで、私の前では一度もなった事ないんすけど・・・


と伝えると、


「あ、そうですか。まぁ、ビートたけしなんかもありますし、この程度は誰でもあるクセのようなものなので、気にする事はないですが。」


だそうです。



この程度だと、特に心因的ストレスとか、深刻なものではないようです。




ただ、音声チックなど、日常に支障をきたすようなものになると、投薬治療なども行われるそうで。


しかし、そこまでのものになると、コンサータが使えなくなるのとの事; ̄ロ ̄)!!


(チックを悪化させるのだとか。)




と、話していると、ユタの瞬きがひどくなってる!!


あんた!わざとやってんでしょ?!と思わず言いましたが、


ドクターも本人も、「違う」とな(^-^;




学校ではどうなんだろう?!


確認してみなくては。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

予期せぬ血液検査。 

2010/11/27 Sat.

月一の病院。


久々にユタも連れて行きやした。

(いつもは、薬を貰いに私だけ行ってます)


朝早いし(と言っても9時過ぎてるが)、「行きたくない!」と渋る男を、叱り飛ばしながら家を出て・・・。




ドクターは、ひと通りユタに最近の様子を聞き、せっかく来たのだから、検査して行った方が良いね、との仰せ。


そう、薬を飲んでいると、時々肝機能が低下していないか調べる必要があるらしい。


確か3,4年前にやったきりだよな・・・(^-^;




要は、血液検査です。




!!!




ユタは、注射が何より嫌いなんす!




そうは言っても、もう5年生だし・・・先生が説得してくれれば・・・


しかし、“注射”と聞いた瞬間、「やだー!」と拒絶。


血液検査なんて、一瞬チクッとするだけで、後はなーんも痛いことないのにねぇ(^-^;




まぁ、何とか強引に針を刺すとこまで持って行きましたさ。


血を抜いている間も「痛い~」と小さく騒いでいます。




はい、もう終わったから抜くね、と看護師さんに言われると、




「抜く時の方が痛いんだよ~Σ(|||▽||| )」


とな。




じゃあ、そのまま刺しときなはれ(笑)


ったく、根性無しだよ。




その後、心電図を撮って、本日終了。

 


「だから来たくなかったんだー!(`Д´) 」


・・・ごもっとも。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 学校・PTA

今年も出ました。 

2010/11/25 Thu.

PTAの卓球大会。


始めて1年が経過し、少しは腕が上がったか・・・?!


まぁ、去年よりは、幾分マシになりましたが、周りは更に上達しているので、私が一番下手っぴなのには変更なし。


何だか、ユタの発達テストの指数みたい(苦笑)




そんな中、恒例の大会があったわけですが。


去年は、「立ってるだけで良いから」状態でしたが、今年はさすがにそういうわけにはね(^-^;


基本、運動神経のない私には限界があるようで、皆さんが良い試合(勝てなくても)して盛り上がっている中、一人落ち込んでおりました・・・


「何で、私がこの場にいるのだ?!」と(^。^;)


まぁ、人数も揃ったし、ここで辞めても良いけどね。




純粋に卓球だけを楽しめればまだ良いのですが、その後の飲み会とか、忘年会とか、その他諸事情が、人見知りっ子クラブの私にはキツイ!


そのくせ、盛り上げようと頑張っちゃうから、グッタリで落ち込むっす。


ほら、辻仁成も歌ってるでしょ、


“喋りすぎた翌朝 落ち込む事の方が多い”(by ZOO)


って(笑)




本当は、大勢の集まりが嫌いなんす、信じてもらえないけど。


しかも、定型発達の親御さんとの会話は、更に落ち込む要因でもある・・・




まぁ、大人のお付き合いってそんなもんですけど、そんな私が無理に付き合う事もないでしょう。


来年は良い試合してみたい、って気持ちもあるし、あと1年なんすけどね・・・。




しっかし、去年の記事に比べて、この変わり様(爆)!

(→卓球大会。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・低学年

電話が恐怖。 

2010/11/21 Sun.

ワタクシ、基本、電話嫌い。


人見知りっ子は、電話苦手さんが多いのではないかと思います。


はい、ワタクシ、人見知りっ子クラブなんで。


なので、メールが普及する世の中になって、本当に助かっています(笑)




そんな、人見知りっ子クラブ 会員No.1番 電話苦手子さんに追い討ちをかける事態発生。




さかのぼる事、3,4年前(ユタが、1,2年生の頃)なんすけど。。。


古い話ですが、なんか思い出しちゃったんで、忘れぬよう、記録しておこうと思います。




ユタが小学校に入学してしばらくした頃から、学校から電話がかかってくるようになった。


ほぼ、「ユタ君が○○したので、相手のお家に謝罪の電話を入れて下さい」という連絡。




保育園の頃は、「トラブル(怪我も含む)は、全て保育士の責任」という事で、お互いに相手の名も明かされず、保育園内で処理されていたのですが(それはそれで問題なのかも)、小学校はそうではありません。


なので、本当に戸惑いました。




何でも、首から上だと、軽く叩こうが何だろうが連絡を入れなくてはいけないのだとかで、正直、「こんな事まで言うか?!」という事も多々ありました。




当時の担任曰く、「マメに相手に謝罪を入れた方が、心証が良くなる(放任親じゃないと思われる)」なのだとか。


そうかなぁ・・・それは、時と場合、相手にもよるかと思うし、どうしても学校都合である感が否めないのですが。。。



もちろん、怪我に至るような事態であれば、当然お宅まで伺わせて頂きますよ。




顔も見た事のない親御さんに、電話を入れなくてはならない・・・しかも、何と言えば良いのか・・・


トラブルになる相手は限られているので、何度も同じお家に電話をしなくてはならないし、その時はさらに何と言えば良いのか。。。


人生初めての経験で、そりゃ、ものすごいストレスでした。



もちろん、菓子折り持って謝りに行く事もありましてね。。。




とにかく、夕方に鳴る電話が本当に恐怖でした。


それでも、相手の親御さんから直でお怒りの電話を貰わなかった分だけ、幸いだったのかもしれませんが。




今では、そんな事はすっかりなくなりました。


当時は、こんな平和な日々が訪れるなんて、想像できなかったなぁ。。。(遠い目)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 学校・特別支援教育

担任は大事。 

2010/11/18 Thu.

って、今更言う事でもないですけど。




私は、担任によって子供の状態が大きく変わるのだという事を、身を持って経験しました。


なので、3年生からは毎年、学年度末に校長先生と面談し、担任についての要望を出しています。


そういう事をすると、厄介な親、モンスターと思われるかな・・・と躊躇される方もいるかとは思いますが、明らかに、担任のせいで子供が困っている時は、どう思われようが私は闘います!!


何より、過去のような苦しみを二度と経験したくないのでね。。。




とは言え、やはり「この先生を変えて下さい」とは言いにくいもの・・・。


それと、学校側への要望は、あくまでも『低姿勢』で。

一般企業的に、こちらが“お客”と考えたら、それもおかしな話なんですけどね。


3年の時は「このまま持ち上げて下さい」だったので、言いやすかったのですが(^-^;



4年の時の担任は、初任だったので色々問題はありましたが、1・2年の時に比べたらずっとマシでしたので、さすがに「変えて下さい」とも言えませんでした。





で、どう話したかというと・・・





ユタにとって、一番合わない先生、担任になられては困る先生は誰か?


基本、文系(というか、お勉強一筋だったと思われる)の女性教師がダメな模様。(体育会系な先生なら、まだ良いのですが)


お互いに理解しあえず、生理的にも合わないのでしょう。


実際、算数専科の先生と合わず(現在も)、私も現場を目撃していたので、そんな一例もお話しし、“女性は難しい”(この先生だけは寄越すなよ~と念を送り)とアピールしました。


それから、早い段階で薬をやめたい、その為には、指導力のある先生を・・・とも。

薬を飲んでいる子は少ないので(もしかして、ユタだけかも)、これは効果ありかと思われました。





そうなってくると、選択肢は絞られます。


男性教諭は現在3名で、一人は3年の時のグレイトティーチャー、一人はボンクラティーチャー(失礼)、一人はベテランティーチャーで、これまた良い先生。


ベテランティーチャーは、当時5年生だったので持ち上がる可能性高し、グレイトティーチャーは5年目なので転勤の可能性高し・・・


転入してきた先生という可能性は低いだろう・・・


ま、最悪ボンクラ(失礼)でもしゃーないか、合わない先生よりは・・・と腹をくくりましたけど。


もし、聞き入れられず、相性最悪な先生になった時は、徹底的に応戦するつもりでした。へへっ。




そんなこんなで、今年度は当たりくじを引けたわけです。(3年の時の先生が戻ってきた)


前年、診断書まで提出したのも、少しは効果あったか?!




また、要望を出さずにとても後悔した、という話も聞いた事があります。


最悪な担任が持ち上がった事で状況が改善されず、結局不登校になり、卒業式にも出れず、中学も2年生まで行けなかった・・・と。


その方は、要望を出さずとも、当然担任が変わると思い込んでいたそうです。

後で校長と話をした時に、良かれと思い、あえて担任を変えなかったと言われたとか。


私も、1年の時の担任が持ち上がるとは思わず・・・ユタには、さらに1年辛い思いをさせてしまいました。





要望を出しても、全てが通るわけではありません。


でも、学校側だって、面倒な事態は避けたいでしょうから、最善策をとろうとしてくれるはず。。。




親としてできる事・・・例えモンスターと言われようとも、あたしゃ、なりふり構わず突き進みますよ!!


あ、良識の範囲でね(笑)

 


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

発表会終了。 

2010/11/15 Mon.

無事、ピアノの発表会が終わりました。


ユタも、何とかノーミスでできまして(若干おぼつかないケド)、先生からも「本番に強いよね~」と、お褒め(?)の言葉を頂きました。





良かった、良かった、チャンチャン♪



 


で終わらないのがこの男。



すぐさま、欲深き『オネダリ男』に早変わり; ̄ロ ̄)!!


まぁね、これがなきゃやってらんないよね(^-^;





手に入れたブツ↓

 





これで、今年のイベント終了。



そして、ピアノから縁遠い生活のスタートです(笑)



チャンチャン♪





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: つぶやき

ともだちづくり。 

2010/11/10 Wed.

出不精、人見知り、めんどくさがりな私。


なもんだから、子育てもいい加減で(^-^;


もちろん、『公園デビュー』なんてした事ないし。へへ。


近所には児童館などがあり、ベビーカーで集うママ達。

自分のママ友作り、もちろん子供のお友達作りに勤しんでいる様子を見ては、あたいには無理、って逃げてきました(苦笑)。




保育園でも、友達作りに必死 熱心なママがいて、「ごはん会」と称した飲み会(もちろん夜)も盛んに開かれていました。


ユタは、当時多動真っ盛りで、とてもとても、そのような場所へ行けるようなご身分じゃござんせん(^-^;

(つーか、平日の飲み会もどうかと思うし・・・)


“子供のため”の集いが、結局当の子供は馴染めず、現在では熱心ママさん、親だけの参加になってるわ・・・


って、自分が飲みたかっただけやないか~い













このまま、ユタには友達出来ないかも・・・って、不安に思った事も、そりゃありましたけども。。。


でも、友達がいない事は、別に悪い事なんかじゃない。


世間一般的には、何となく「友達が多い方が良い」って思われがちですけど、私なんて、幼なじみとかほとんど(いや、全く・・・かも)いませんし。友達少なくても、さして困る事もありませんし。(もはや、開き直り。)




それでも小学校に入って、2年生くらいになると、親抜きの世界が広がってくるもので、学校では浮きまくりのユタも、放課後遊べる友達が少しずつ増えてきました。


特定の親友的な友達はいないようですが、今では、学校でも外でもそこそこにコミュニケーションが取れている模様です。




要は、放っておいても、親が必死にならなくても、友達はできる時はできるって事か。浅いか深いかはさておき。




一方、自分の世界観を強く持っていたり、コミュニケーションが最大限に苦手なお子さんは、親がいくら頑張っても、この年になってくると友人関係の成立が難しくなってくる場合もあるようです。


それはそれで、本人が良ければ「友達」にこだわる事はないと、私は思うのです。


何度も言いますが、私、友達ほとんどいませんし(笑)




だから、子供が小さい時に、親があまり無理する必要なないのだと・・・まして、飲み会だのカラオケだのに連れ出すのは、ねぇ・・・無理しないで、心穏やかに過ごすのがイチバンです(*´∇`*)





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  






 


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: ユタ語録

言いまつがい?3 

2010/11/07 Sun.

ユタが言った。




「あのさー、桜吹雪のあの人・・・梅さんだっけ?」




「ほら、仏教とか言う人。」


 


はぁ?????


 




梅さん→金さん




仏教→奉行

 


でしょうか・・・







梅さんって、すし屋じゃないんだからさ。









↓梅さん?























にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村

 


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

『失言先生』再び。 

2010/11/07 Sun.

失言先生。(参照→『失言先生』。


今年度の人事異動で、他校へ異動になってしまいました。


はい、決して悪い方ではないんです。話もしやすいですし。それに、ベテランの養護教諭だったので、頼りにもなりました。




そんな失言先生、行事の度に観に来て下さいまして、もちろん今回の学芸会にもお出ましでござんす。


そして、また傷付けられたあたい・・・。




まず、


「ユタ君、ちゃんと歌ってたじゃない!去年なんか全然歌ってなかったのに~。」


と軽いジャブ。


は?去年は連合音楽会もありましたし、今年よりしっかりやってましたけど、何か?




それから、


「ホント、成長したよね~。ハサミで人の髪の毛切った子とは思えないよね~!」


は?確かに危険な事多々やりましたけど、人様の髪の毛切ったこたぁねぇよ!




あの・・・誰かと間違っているのでしょうか・・・


しかも、ここ(体育館、人大勢)で話す事でしょうか・・・




通級もそろそろ退級の方向で考えています、と言った事に対し、


失言「今は落ち着いているのね。でも、中学でどうなるかねぇ。(と怪訝そうな顔)」


私「まぁ、隣の中学(小規模)ですし・・・」


失言「でも、環境が変わるからさぁ。」





相変わらずな失言に、完全KO。




はぁ????


そりゃ、未来の事なんざぁ誰にも分からないよ。


でもさ、これまで少しずつでも成長した実績があるの!


あんたらが整えてくれなかった環境の中で精一杯頑張ってきて、やっと理解のある担任にめぐり合えて、ここまで来たの!





悪い人間じゃぁないんだけどねぇ・・・成長を喜んでくれているのも分かるんだけどねぇ・・・




失言っぷりは健在でした。残念







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

嫌な事から逃げたい。完。 

2010/11/06 Sat.

「逃げたい」シリーズ↓

嫌な事から逃げたい。 

続・嫌な事から逃げたい。 

嫌な事から逃げたい。番外 

嫌な事から逃げたい。3





無事に、学芸会が終わりました。




まず、出来栄えの方ですが・・・


前評判(?)よりはずっと良かったです。子供の力はすごい!


全体的にレベルが落ちた感は否めませんが(^-^;




何も知らない親御さん達は「良かった(*^_^*)」と満足気でしたし、終わり良ければ全て良し!


と、相成りたいところですが・・・




実は、前日にまた楽器チェンジがありました。


ピアニカからキーボードへ・・・キーボードが一台余ったから、誰かやりたい人~、ってなったそうで、ユタが挙手して決まったそうです。

(もう一曲は、アコーディオン。しかも出来は40%とな。)


楽譜も同じだし、ピアニカよりは目立つポジション・・・


でも、それで良いの?!




今どきって、それが当たり前なのでしょうか・・・


良くする為に変えて行く事も大事なのでしょうか・・・


それで、「一度決めたら投げ出さない」という教えは通じるのでしょうか・・・




私には分からないので、ちょいと疑問をぶつけてみようかと思います。




何はともあれ、無事に学芸会も終わった事ですので、このシリーズ、これにて終了でござんす<(_ _)>







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

2010-11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。