苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・中学年

過呼吸って・・・。 

2009/07/25 Sat.

先日記事にしたユタの過呼吸。 【→ジョーダンきついぜ!


その時まで私は、過呼吸なんて子供なら誰でもなるもの、くらいに軽く考えていました。

(もちろんユタは、これまでなった事はなかったが)


でも、その後ネットで調べてみたら、誰でも・・・じゃなく、めったになるようなものではなかったのね!


担当医にも聞いてみたら、「それは心因性のもの」との事でした。


強いストレスや不安な状態になると、過呼吸になるのだそうです。


小さい子が泣いているうちにひきつけを起こす、というのとは違うのだそうです。

(ユタは泣いた後なったそうなので、てっきりそんなんかと思った)


あとは大人、特に女性に多いのだとか。




って事は、先日の件は、明らかに担任が原因。


ユタは、先生に対してではなく、自分に対してほっとけと言った子に対して怒っていたけど、そういう状況にさせたのは先生だものね。



担当医曰く、一度過呼吸になると、それがきっかけで今後も症状が出る事があるとの事; ̄ロ ̄)!!




来週、個人面談があるので、過呼吸に対しての知識の有無の確認、発言の重みについて等々、しっかり話し合って来なくては!!




にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  


スポンサーサイト

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 夏休み

偶然の産物?! 

2009/07/25 Sat.

夏休み、まだ一ヶ月以上!!


ホント、夏休みって長いですよねぇ(^-^;




その夏休み、一番頭を悩ませるのは宿題・・・


その中でも、読書感想文、そして、『自由研究』。


我が家は、読書感想文はさっさと終わらせる事ができましたが、残るは自由研究です。


これまで、ほとんどテーマとアイディアは私が出してしまっていましたが(汗)、もう4年生、いい加減自分で決めてくんないかなぁ。。。と思っていたところ、今年は自分で決めてくれました!!


テーマは『宇宙』だそうです。


今、理科で星の事をやっているの?これから?(親は全然把握していません・(^-^;)とにかく星に関して興味があるようで、夏休み学習支援の図工の日に、早速完成させてきました。


星座の図






























“偶然の産物”なんて言っちゃ悪いけど、いやぁ、助かった(笑)

最悪、この絵だけでも良いもんね( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ




他には、スケッチブックに図鑑の写真や文章を写していくつもりのようで、これなら長い夏休みにボチボチ時間をかけてやってゆけそうです(^_-)v


うちの地区では観測できませんでしたが、日食の事も記事にすればタイムリーですし♪




他、算数国語のプリントは残り1枚、ゴーヤの観察日記2枚、先生へ暑中見舞いを出せば終わりで~す\(*T▽T*)/ワーイ♪







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 夏休み

夏休み第一日目。 

2009/07/18 Sat.

今日からユタは夏休み。



そして、第一日目にして・・・やりました!!!



読書感想文。



終わりましたーーー!!!!!!!



すごいでしょ?(^ー^* )フフ♪



さてさて、なぜこんなに早いかって?



ワタクシ、今回、読書感想文について研究しちゃいました。

って、研究なんて大げさなもんじゃないですが(笑)



今は便利な世の中、ちょいとネットで検索すれば『感想文の書き方』なんて五万と出てくるわけですよ。

それによると、長すぎる本はダメ。特にファンタジーやSFなんかは登場人物は多いわ、話は長いわで、感想文には向かないそうです。

なんだぁ、今ちょうどハリーポッター読んでるから、それ書けば良いと思っていたのに・・・。



と言うわけで、短い本・・・



あるじゃ~ないですか!家に絵本がいっぱい♪



ユタに選ばせたら、「ライト兄弟」というので、それを題材にする事になりました。

もう、既に読んでいるし、後はもう一度読み直しするだけ。



それからメモを作ります。



①なぜこの本を選んだか?

②登場人物について思う事

③自分と比べて思う事

④感動した事・すごいと思った事

⑤結びの文



これを箇条書きします。これがまた、文才のないユタには大変な事でして・・・ほとんど私の誘導。しかも半ギレ(^-^;

でも、いきなり原稿用紙に書くよりはマシですね。



これができたら、いよいよ原稿用紙に書いていきます。



こっからはもう、ほとんど、いや、全てと言っても過言ではないほど私の作業(^-^;

メモを元に、ほぼ口頭で言い、書かせてしまいました(滝汗)



だいたいね、今どき作文の授業もろくにないのに、夏休みだからっていきなり感想文、しかも400字原稿用紙3枚もだなんて、無理だっつーの!



なので、親が手伝っている事バレバレでも良いのです。

それより、小さいマス目に文字を書く事(習った漢字を使って)、自分で書く事によって文章を書く事に慣れる、小学校のうちはこれで良いのだと思います。



今年は、文章を書く事に慣れさせる為に、毎日日記を書かせる事にもしましたよ。



そんなわけで、目標より早く、難関の読書感想文が終わり、ちょっと肩の荷が下りた母でありました。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 小学校・中学年

ジョーダンきついぜ! 

2009/07/17 Fri.

本日は終業式。1学期、あっという間ですなぁ(^-^;


夏休みの宿題は、めちゃ少なっ!!です。。。(不安)

そして読書感想文は、今月中に、できればこの連休で終わらせたい親子です(笑)




そんな終業式間近の今週水曜日、事件発生。


ユタは帰宅するなり、「今日、学校で喘息の発作が出た」と・・・。


え?!でも連絡帳には何も書いてないし、学校から電話も来ないし・・・


よくよく話を聞いていると、もしかしてそれって喘息の発作ではなく“過呼吸”ってやつじゃないかい?!という感じなのです。

それにしても、私はそんな状態見た事ないし、ユタの話では、手足が冷たくなって、おんぶして保健室に運ばれ、その間の記憶が定かではない、と、やっぱり一報入れるべき深刻な事態ではないのか!と思ったのですが、とりあえずユタは元気だし、電話はせず連絡帳に状況を知らせる旨書いたのでした。


すると、翌日の夕方、担任からの電話がありまして・・・


「確かに過呼吸になりまして、実は・・・事の発端は僕なんです・・・」とな。




真相はこうです。


ユタは水曜日に通級学級へ行っており、給食もそちらで食べてくるのですが、通級は先週で終わり、今週は在籍校へ登校だったのです。


で、担任が前日に冗談で「ユタ君のゼリーはないかも。だっていつも水曜日いないから、給食ないんだよ。」と言ったそうなのです。(すぐ冗談だと言ったそうなのですが・・・)


確かにユタはその日の帰宅後「僕の給食ないって先生に言われたんだけど・・・」と言うので、私は、そんなわけないでしょ!と言っていたのですが、どうやら本気にしていたんですね。


翌日も朝からずっとイジイジしていて、日直や給食当番の子に「僕のゼリーはないんだ」と給食前まで言っていた模様。

で、あんまりしつこいので、そのうちある子が「ユタはほっとけ!」と言ったそうなのです。


それに対してユタが怒り、やっと先生はその状況に気付き、「あれは冗談だよ。ちゃんとユタ君の分もあるから。」と言ったらユタが泣き出し・・・


そのうち過呼吸の状態になってしまったと言う事なのです!


にしても、何でそんな冗談を?!いつもいないから、なんて!!

それに、家庭によっては、通級に行ってる事隠しているケースもあり、すごくデリケートな部分なのに、冗談にならないくらいきついぜ(-o-;

「いなくても、いつも給食用意して君の事待ってるんだよ☆」くらいの素敵な言葉が出てこないものかしら?!


とにかく担任も平謝りで、こちらも責めるつもりもなかったのですが、やっぱり問題ありですなぁ。。。





ちなみに、前日も電話は入れて下さったとの事。でも、夜遅い時間(入浴時間中)で、留守電にも伝言残っていなかったので気付かなかったんですね。

で、「留守電に何て入れたら良いか、連絡帳にもどう書いて良いかわからなくて、直接お話しようと思ったので・・・。」ですって。。。


だ、大丈夫かい?!(滝汗)


連絡帳に一言「体調が悪くなったので、詳しい状況後ほど、○時頃お電話でお伝えします。」って書いてくれりゃ良いじゃん!

留守電だって「また電話します」で良いじゃん!!


そしたらこちらからだって連絡入れるんだからさぁ・・・


ま、自分が事の発端とは書きたくはなく、他に言葉も見つからなかったのでしょうかね。




私は、的確な判断力に乏しく、発言の重み・善し悪しがイマイチ分かっていないこの先生に対し、腹が立つというよりは、心配で不安な気持ちでいっぱいです。


これ以上、いたずらにわが子をを傷つけないでおくれ(>_<)





追記。

当のユタは、先生に対してより、友達が言った「あいつはほっとけ」という言葉に腹を立てていました(^-^;

発端は先生なのにね。





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  


edit

CM: 3
TB: 0

page top

Category: 日常

初 MRI 

2009/07/05 Sun.

今年5月頃から原因不明の頭痛が続き・・・



ワタクシ、生まれてこのかた頭痛なんぞ経験がございませんで。

(頭痛もちの友人からは“なんて幸せな人なの!”と言われます)



実は、祖母と叔母が脳出血系の病気で倒れている事もあり、早めの受診、そして念のため“MRI”を取る事になったのでした。





MRI・・・



皆さまご存知であろうか?あの、白いトンネルのような機械に体を通して断面写真を取る機械。

ワタクシ、テレビでは見た事はあれど、もちろん初めての経験でございます。



そして、いざその日が来て、巨大な機械を目の前にすると、かなり怖気づきます(^-^;



技師の人からは「閉所恐怖症ですか?」とか聞かれ・・・



い、いや、多分違うと思うけど、そんな状況になった事ないし、今までの人生で閉所恐怖症かどうかなんて意識するような出来事なんて経験ないし・・・だから、閉所恐怖症かどうかなんてわからないし!!

あの機械に入れられた途端、すんごい恐怖に襲われたらどうしよう・・・



しかも、「すごい大きな音がするので、耳栓をして下さい」とな!

ど、どんな音がするのでしょう?!



プチパニックな私は、耳栓をなかなか耳に押し込められず・・・いえ、本当はちゃんと入っているのに入っていない気がして、何度もグイグイ押し込めて、後から痛くなる始末(滝汗)



いい大人が、どんだけパニくってんだ?!(笑)



やっとの事で、撮影開始。



多分閉所恐怖症ではないであろう事がここで判明。しかし、ああいう狭いトンネルに一人入れられると、結構恐怖です。

しかも様々な大音量の機械音。怖いです。



そんなこんなで約20分。最後の方は大分慣れてきて、ウトウト・・・(慣れるの早っ!)

ってところで終了。





で、気になる結果ですが・・・



「どこも異常なし」



ガクッ!

いや、もちろんそれでいいのですが、何だかこんなに大げさな事になってお恥ずかしい(^-^;



お医者さんの話では、『筋緊張性頭痛』ではないか、との事。

肩こりや、ストレスから起こる頭痛。



確かに私は超肩こり女ですが、今までそれが原因で頭痛起きた事はないのです。



他に考えられる原因は、やはり「ストレス」か?!



確かに、あの“事件”頃がピークだったもんなぁ。。。

で、話し合いが終わった頃から治まってきたのです!



うん!それしかないやん!!



先日、保護者会があったのですが、その最中また鈍痛に襲われて・・・

『教室・学校』という場所が、今年の鬼門なのだろうか?!





・・・と言うわけで、ちょっとした貴重な経験ができた、なでし子なのでしたー





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  

edit

CM: 8
TB: 0

page top

2009-07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。