苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 習い事/ピアノ

ホッとしたぁ! 

2011/11/28 Mon.

今日はユタのピアノの発表会。

そこで、なぜだかワタクシまで出演する事になったわけですが・・・はい、サックスにて^^;

(関連記事→がんばんべーや!


ユタは、『冬 ~ヴィヴァルディ 四季より~』と、『戦場のメリークリスマス』の2曲。

まぁ、とちりもあり、ふてくされたような態度なのもいつもなら逆鱗ポイントなのですが、自分の事でいっぱいいっぱいな私は、イライラ度は半減(笑)

いやぁ、我が子どころじゃないね。


で、ワタクシめは『虹の彼方へ』。

これがまた、アレンジが難易度高しっ!

初心者のアタイには無理だよ~。・゚・(ノД`)・゚・。という泣き言は受け入れてもらえず、せっかくやるのだからと、サックスの先生の選曲でござんす(^_^;)


まぁ間違えましたけど、何とかぶざまな失敗はせず、初めてにしては上出来でした←自画自賛(笑)

ユタからも、上手だったとお褒めの言葉を頂き、上機嫌ヾ(*´∀`*)ノ♪

嗚呼・・・私はちゃんと褒めてやっていないのに・・・猛省<(_ _)>


とにかく、無事初舞台を終え、プレッシャーから解放されてホッとしているワタクシなのでした。

ユタの発表会なのにね・・・何か、色々ゴメン(;^ω^)

DSC_0088.jpg
(ちなみに靴は、私が中学の時に履いていたもの!)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪


スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

ADHDの習い事。継続編 

2011/05/28 Sat.

習い事シリーズ・続いている習い事編。


その1  ピアノ。

まぁ、これも親主導で始めたんすけど。


多動真っ盛りな4才のある日、保育園の先輩ママさんが教えていると言う情報を聞きつけまして。

クラスも違って話した事もなかったのですが、オーラがあって素敵な人でした。

何か理想的~(人´∀`)。.。・.。*゚+(浅はか)

共通のママ友を介して、無理矢理押し掛け女房でござんす。(我ながら、すごい勇気と根性・笑)


もう、目に入るもの手当たり次第触らなきゃ気がすまない当時のユタ。

パソコンのスイッチ入れたり、部屋をウロウロ・・・とっても迷惑だっただろうと思います(苦笑)

でもって、ピアノなんかに興味があるわけもない、多動4才児。

それでも、「ピアノをやっている」というのは自慢だったようで、保育園でも言いふらしていました。ヾ(-ε-o)ォィォィ


ところで、何故ピアノをやらせたかったのか?


ピアノだけは、どうしても子供に習わせたかったんすよね。私もやりたかったし、大人になってから「やっとけば良かった」と、男女共に結構聞くし。

本当は、ピアノとバレエを習わせたかったのですが、当時何でもやりたがった男も、バレエだけは断固拒否でした(笑)

それと、男子でピアノが弾けたらカッコイイというのもあるけど、両手で違う事をやるというのは、かなり頭を使いますよね。

一番の目的は、この「頭の体操」です(笑)

ピアノ以外でも良いのですが、他に思い付かないし、お月謝もお手頃だったもんで。

ま、その“体操”があまり活かされていない今日この頃ですが、ボケ防止くらいにはなるでしょう(^_^;)


あと、音楽センスのある人は、耳が良いのか語学も堪能だったり。。。

ほら、吉田美和さんとか、マッキーとか、英語の発音が上手だし♪

中国語を学んでいた友人に、「中国語は、音感のない人にはものすごく難しい」という話を聞いた事があったので、小さい頃から音楽に触れさせといた方が、使えない英語を習わせるよりも良いのかなぁ、と。←単純。


そして、当時やっていた「砂の器」というドラマで中居くんがピアノを弾いているのを見せ、洗脳しました(笑)


まぁ、母の「ミーハー根性」と「憧れ」という事情を含み、半ば強制的に押し付けたピアノですが、小学校入学と共に落ち着いてレッスンを受けられるようになりました。


が、家で練習しない!

私も、毎度怒りながら練習付き合うけど、ものすごいストレス( ̄‐ ̄#)


同じ理由で、同時期に入門した女の子が辞めてしまったので、うちもそろそろ潮時かと先生に相談しました。


「男の子なんてそんなもの。ココ以外で練習しないとしても、上達しないということはないし、ママがそれで大丈夫なら、うちは全然構わないよ。」

「例えば、学校や社会で何かあった時・・・意外と音楽で救われる事もあるし。」

なんて言われ、私も気が楽になり、お言葉に甘える事にして、家での練習は一切放棄しました(笑)

それに、年に一度発表会があって、その時だけは練習するし、人前で発表するという緊張感も良い経験になるし。


まぁ、私は、ユタには才能のサの字も感じないので、ここまで来ればいつ辞めても良いと言っていますが、例によって「辞めたくない」と言うので、ピアノに関しては放置しています。何だかんだ言っても自分で行くし(^_^;)

今は、色々弾いてみたい曲とかもあるようだし(実力が伴わないが)、長く続けいているというのは一応自慢のようなので(楽譜も読めないのに自慢すな!)、ユタにとってピアノをやっているというのは少しはプラスに働いているのでしょうか。


そんな感じで、小6現在も続いているわけです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

発表会終了。 

2010/11/15 Mon.

無事、ピアノの発表会が終わりました。


ユタも、何とかノーミスでできまして(若干おぼつかないケド)、先生からも「本番に強いよね~」と、お褒め(?)の言葉を頂きました。





良かった、良かった、チャンチャン♪



 


で終わらないのがこの男。



すぐさま、欲深き『オネダリ男』に早変わり; ̄ロ ̄)!!


まぁね、これがなきゃやってらんないよね(^-^;





手に入れたブツ↓

 





これで、今年のイベント終了。



そして、ピアノから縁遠い生活のスタートです(笑)



チャンチャン♪





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

今年の曲。 

2010/11/04 Thu.

今年も、ピアノの発表会シーズン(?)がやってまいりました。




今回は2曲、「ドナウ河のさざなみ」と「ライオンの大行進」。


どちらも、簡単バージョンです(^-^;


両方とも私は初めて聞く曲なのですが、ドナウ河~は、とっても素敵な曲です♪(そういや、CMで聞いたことある。)


先生は毎度、腕のないユタを引き立てる選曲をしてくれているのです(*´∇`*)




ところで、ユタは楽譜が読めません。


習う曲もわりと簡単な曲とは言え、どうやって覚えているのか?!


去年、先生に「楽譜が読めないみたいなんですけど・・・」と聞いてみたら、「あら!そうなの?じゃあ、どうやって覚えているのかしら?」とな。


はい、ゆるーいお教室なので(笑)




どうやら、先生の「手」と「音」のみで覚えているようなのです(^。^;)


これまではその手でいけたでしょうが、これ以上レベルが上がると難しいかもね。。。




ま、私は、レベルアップなぞ望んでいないんすけど(^^;


家での練習も放棄してます、先生から許可を得て(笑) さすがに発表会前は少しはやりますけど・・・。 


お陰で、無駄な親子の衝突も減りました。あはは~。





では、そんな状態でなぜ続けているのか?!


もう、正直辞めても良いとも思っているのですが、目的はピアノの上達というより、「頭の体操」と、音楽に触れるという情操教育(そんな堅苦しいモンじゃないけど)、そして何より、ユタのような子でも受け入れてくれる教室であるという事。


それに、本人もなぜか「辞めたい」とは言わないので。。。



個人レッスンだから、他者との競争もないし、マイペースでできるからかな?サボりたい気持ちはあるようなんすが(^。^;)




そんなこんなで、門を叩いて早や6年になろうとしています。




本番は、来週です。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

発表会。 

2009/12/14 Mon.

無事に、ユタのピアノの発表会が終了いたしました。


ベートーベン「トルコ行進曲」。


ユタにとっては難易度の高い曲で、しかも練習も9月過ぎてから・・・にしては土壇場で頑張り、まぁ間違えたりはしましたが何とかこなせました(^-^;


今回は、先生の事情でホール等ではなく、お宅でのこじんまりとした会でしたが、それなりの緊張感の中で1年の成果を発表できる場ってやっぱり大切ですね♪


そして、『継続は力なり』です。



↓姿勢悪っ!!































去年は、まだ落ち着きがなく、自分の出番以外は他の人の曲を聴く事もほとんどできませんでしたが、今年はちゃんと聴くマナーも出来ていました。

成長したのぉ・・・ま、狭いところで身動きできないってのもありますが(汗)


発表会後は、そのまま各自持ち寄り&先生の手料理での打ち上げ♪


大変アットホームな教室で、ユタも伸び伸びとやらせて頂いているのであります

 





にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪  




edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

トルコ行進曲。 

2009/12/08 Tue.

実は、今週末のピアノの発表会でユタが弾きます。


あ、トルコ行進曲と言っても、♪てぃあるるるん てぃあるるるん~ by由紀さおり&安田祥子

もとい!モーツァルトの方ではなく、簡単なベートーベンの方です。


まぁ、普通のお子さんなら小2くらいで弾けるレベルでしょうかね(^。^;)


しかし、すでに家での練習は放棄宣言したユタにとっては難易度高し!!


しかも、練習し始めたのは9月をとうに過ぎてから(レッスンは月3回)・・・


私も、これくらいのレベルになると練習にも付き合えず(中学のブラバンレベルではもう楽譜が読めません・汗)ずっとほったらかしでしたが、って言うか、いい加減4年にもなったら自分の意思でやれや~!と思う今日この頃。。。

でもって、時間もないし、ちっとは簡単にアレンジしてくれるのかな~なんて甘かった!


そして、ついに先生から、「ちょっと時間がないので家でも練習させて下さい」と言われてしまい、ここ2週間ほど何とか毎日ピアノ(電子)に触れさせています(-o-;

ま、普通の人なら、毎日練習するのが当然でしょうけどね(苦笑)



そういや、トルコ行進曲ってさわりは聞いた事あるけど、最後までは知らんよなー。

楽譜読めない私には(つーか、読む気無いだろ!)、ユタが弾いてんのが正解なのかどうかも分からんレベル(滝汗)


さっき、ユーチューブで見てやっと分かりやした(笑)

しかも、あんた、ちゃんとできてないやん(爆)!


ま、今回は先生のお宅での会なので、ちょっと気が抜けているのですがね(^。^;)




ちなみに去年は、千と千尋の神隠しの主題歌「いつも何度でも」と「ミッキーマウスマーチ」でした。




にしても、「トルコ行進曲」、モーツァルトの方も良いけど、ベートーベンもなかなかカッコ良いですね!ちゃんと弾けたら・・・ね。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪

 


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

ピアノ発表会。番外編 

2007/11/17 Sat.

発表会後、打ち上げがありました。


その教室は、ピアノは趣味で教えているという感じなので、習っている子もごく少数で、近所の同じ保育園出身の子ばかり。

(先生のお子さんも同じ保育園出身で、そんなご縁で通っています)


ユタが入門した後、同じクラスの女の子が3人入ってきました。


今は、彼女達とは小学校は違うのだけど、久しぶりに再会してみんな嬉しそう♪


ユタは黒一点♂でしたが、赤ちゃんの時からの付き合いの彼女達と、和気あいあい、”面白い男”として普通に受け入れられ、打ち上げでも楽しいヒトトキを過ごす事ができました。



3人とも明るく活発な女の子で、ユタも押され気味なところもありながら、小学校での様子とは全然違う、リラックスして楽しんでいるユタを見て、保育園時代は良かったなぁ・・・こうやって見ると全く普通の子だし(ちょっと元気の良い?!)、乱暴な事(暴言等)も全然しないし・・・としみじみ思う母なのでした(^-^;


それでも、学校でも少しずつ仲の良い子もできてきています。


昨日も、この2学期に転校してきた子のお家に遊びに行ったし、今日は、ユタが大好きな友達と一緒に、芋ほりピクニックへ出かけています。


芋ほりの話はまた後ほど~(^_^)/~



にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽちっと応援お願いします♪


edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

ピアノ発表会。 

2007/11/16 Fri.

11日(日)は、ユタのピアノの発表会でした。

”発表会”と言っても、大きな会館の舞台の上ではなく、音楽スタジオの一室でのこじんまりとしたアットホームな会。

私の友人を一人連れ立って観に行きました


弾いた曲は、『ロンドン橋』と『河はよんでる』の2曲でした。


『河はよんでる』は、練習に悪戦苦闘。

前半はスムーズに弾けるのだけど、後半はつっかかる・・・。

それでも、以前は嫌がっていた練習も、本番近くなるとさすがに諦めて、ピアノに向かうようになりました(^-^;


そして本番。

・・・やっぱり完璧に弾けなかったけど、練習よりもうまく出来たかな?!










































結構、本番に強いタイプなのであります


これまで、練習嫌いで(と言うか、ピアノそのものさほど好きではなさそう)何度も辞めさせようかと思いましたが、本人は決して「辞めたい」とは言わないのと、年に1度こういう姿を見られ、少しずつでも進歩を感じられると、続けてて良かったなぁ、と思うのでありました



いつかは『冬ソナ』主題歌、『最初から今まで』を弾いてくれる日を、母は心待ちにしております



にほんブログ村 子育てブログへ ←ぽちっと応援お願いします♪


edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 習い事/ピアノ

ピアノの日。 

2007/05/24 Thu.

木曜日(月三回)はピアノの日です。



私は若かりし頃から、子供ができたら、男でも女でもピアノとバレエを習わせたいと思っていました。



ピアノは、音楽の基本。(勝手な思い込み)



音感がよければ語学習得も早いそうで、逆に音感のない人は、特に中国語などは絶対マスターできないと聞いた事があります。

だから、英会話より何より『ピアノ』かな、と。



私自身、ピアノは本格的にやった事はありませんが、楽器が好きで、吹奏楽部でクラリネットをやっていました。

ピアノも独学で何となくは弾けますが、我が子にはきちんと習わせたかった。



バレエは、全ての踊りの基本。(同じく思い込み)



私はミュージカルが好きで、もし子供が将来ミュージカル俳優になりたいと言った時、子供の頃にやってれば良かった~、と絶対後悔する日が来ると思っていたのですが(爆)、どうやらユタには不向きなようで・・・

こればかりは早々に諦めました(苦笑)
-- 続きを読む --

edit

CM: 2
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。