苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 習い事/他

塾へ、前進。 

2013/02/24 Sun.

授業公開の後、小学校が一緒だったママ友に道で遭遇し、何だか勢いでお茶に誘ってみた(笑)

そこのお子さん(女子)もグレーゾーンではあったが、中学受験をし、今は楽しく学校へ通っているとの事。

やっぱり、私立の先生は良いらしい・・・羨ましい限りでござんす^^;

それでも、補欠合格だった彼女は、勉強について行くのが大変で、
1年ほど前に近所にできた個別塾に通っているという話に。。。


ああ、あの人がいるのかいないのか、わからないようなところ?!
(と、ママ友たちが噂していたところなのだ^^;)

確かに全く噂が入ってこなく・・・
が、その評判(?)とは裏腹に、料金から何からこのあたりの塾にしてはかなり良心的だという事が発覚。


とりあえず、チラシだけでも貰っていけば?と言われ、一緒に行って覘いてみると・・・


とても感じの良い先生(塾長?)が対応してくれて、何だかわからないうちに、
だったら明日、テスト対策で自習しに来ても良いですよってな展開になりまして^^;

いやいや、まだ全く本人に話し通っていないんですけど(苦笑)


ユタに話したら、案の定「嫌だ」という返答(-_-;)

それでも、そろそろヤバいという感覚はあるようなので、無理やり挨拶に連れて行き、結局自習に行く事決定。

渋々ながら、今行ってます(笑)
(最近、場所見知り、人見知りが激しいので余計。。。)


今は無理矢理だけど、あの塾ならきっと続けられそうな気がしている私。

去年、春期講習へ行った時の感覚とは全く違うし。


思えば、あそこの塾の先生は高圧的たっだし、集団塾でユタには全く合っていなかったのよね。。。

後になってから、「あの道を通る事すら嫌だった」と言われて・・・よっぽど嫌だったのね(汗)

入会の時も、このままではヤバいって脅しに近い感じだったし(これはどの塾もそうでしょうが)、
でも、こちらの塾は決して無理強いせず、来れそうなら来てという感じで、まさに北風と太陽(笑)


その集団塾よりもお値段は安いし・・・
といっても1教科だけの金額だけど、1教科から受けられる塾ってなかなかないんですよね。

それに、テスト前は追加料金なしで他の教科もみてくれるそうで、
今はまだ生徒数も少ないので、どんどん自習室も活用して下さいとの事!


もう、ここ以外ないっしょ!!

急転直下の展開で、今、習い事を追加するというのは正直きついのではありますが、
この金額なら、ちと私の無駄遣いをなくせば捻出できそうなので、ユタにも頑張ってほしいです。


にしても、まだ入会するかわからないのに、今日と、あとテスト中日の火曜日も来て良いと言って下さって。。。
(しかも無料です!)

どうせ、家にいたって何もやらないんだから、親としては大変ありがたい!

ここまでして貰ったら、入会するしかないけどね(笑)


・・・・・・・・・・

最近のお気に入りは、「泣くな、はらちゃん」。
笑って泣いて、心から楽しめるドラマなんだな。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
↑ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

終わったどー! 

2012/06/30 Sat.

はい、期末テストが終わりました!

長い長い、地獄の2週間(学習期間)でした。

まだ何も却っては来ていませんし、結果は中間同様散々だと思いますが、とにかく解放された!親も子も!!


何しろ、宿題(ワーク)の量が多い事!

これをこなすだけで手一杯で、本来の自主学習というのができないのです。

かと言って、ワークをやるだけでは学力が定着しないようで。。。

本当は、宿題になる前に自主的に進めて、テスト勉強期間はプラスα何かしなくてはいけないのでしょうね。


塾に行く事を拒否したユタは、現在、進研ゼミ中学講座を4月から受けていますが、このワークがあるおかげでほとんど手が付けられず。。。

それに、どうも進研ゼミの教材って、ユタには合っていない気が。

きちんと説明を読んで自主的にこなせるお子さんには良いのでしょうが、イラストとか実はゴチャゴチャしていて見にくかったりするんです。

テスト対策の問題集は非常に良いと思うのですが、これなら学校から出されているワーク(コピーして何度か使う)で十分じゃないか・・・

というわけで、早々に辞める事決定!!


そして、ユタにぴったりな“塾”を見つけました。

小学校時代に同じ委員をやっていたママさんが、ECCの教室を主宰していて、英語と簡単な数学なら教えてくれるという話を聞きつけまして。

もう、ほぼ空きのない状態のところ、強引に入会させて貰う事にしたのです(o´ェ`o)ゞエヘヘ

テスト前日に一度だけ行ったのですが、マンツーマンで非常にわかりやすかったようで、しかもお月謝もとっても良心的♪

ママさんご自身にはお子さんが四人いて、発達障害や、身体障害を抱えているので、ユタに対しても非常に寛大で理解を示してくれて。

週一回ですが、まずは平均点を確実に取っていく学力を身に付けようという事で、ユタも、ここなら安心して通えそうです。


ああ・・・良いご縁に恵まれて良かった♪


これで、英語と数学からは解放された私(笑)

少しは学力が定着してくれると良いのですが。。。


そうそう、最近始めたツイッター、いきなりよくわからない理由(スパムがどうとか)で凍結されてしまったのですが、やっと解除されて昨日から再開しております♪

アカウントは、@pe_nadeshiko なでし子です。

良かったらフォローして下さいまし(^_^)/~



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

塾デビュー。 

2012/03/25 Sun.

明日から、塾の春期講習を受ける事になったユタ。

さすがに、中学入学前の春休みに遊び呆けているわけには・・・と思い、急遽金曜日の卒業式後に問い合わせ、土曜日に面談・テストを受け、「では明後日から・・・」と、とんとん決まってしまいました^^;

卒業式の余韻に浸る間もなく・・・


やっぱり、中学は今までのようには甘くはないな、と面談を通して実感したワタクシ。。。

まぁ、営業トークもあるだろうし、ユタが行く中学は、学習面も面倒見が良いらしく、塾はまだ必要ないという話も聞くけど、少しは自覚を持ってもらわないと・・・ね。

ユタ本人は、更々塾に行く気などはなかったのだが、先生の話を聞いて、少しはまずいと思ったのか、とりあえず英語の宿題に取り組んでおりやす^^;


とりあえず、お試しで春期講習、その後の一か月無料体験授業を受けて、本人がどう思うかで決めたいと思っておりますが。。。

3年後はあっという間だからねε-(‐ω‐;)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪



edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

ADHDの習い事。3 ~「辞めない」事へのこだわり~ 

2011/05/21 Sat.

自分から「やりたい」と言うまで新しい事はしない。

そして、ついにその日がやって来たわけで・・・。

それが、サッカー。

(カテゴリ:“サッカー”をご参照下さい)

ま、あっけなく撃沈したわけですが、「やらない後悔」より「やった後悔」の方が良いじゃないすか?経験値も上がりますし。←と、あくまでも前向きに捉えてみる。

私自身、やりたい習い事をやらせて貰えなかったので、余計色んな事を経験させたいと思う部分がありましてね。経済的には大変なんすけどε-(‐ω‐;)



ところで、何でもそうですが、習い事も始めるより辞める時の方が気力がいるもの。

ましてや、小さな子供には判断力がなく、親の気持ちひとつ。すぐ辞めてしまえば、辞めグセがついて、忍耐力の無い人間になってしまうのではないか・・・


そんなわけで、私にも幾度か試練があり、判断を迫られたわけですが、いざ辞めようと決めると、ユタが「辞めたくない」と言うのです。

どう見てもやる気無いし、情熱も感じられないし、特に団体スポーツの場合は人様に迷惑がかかる・・・

でもって「今日は行きたくない」と“今、この時さえ逃げ切れば”という短絡的思考。


何故、このような状態でも「辞めたくない」と言うのか?


先日、教育センターの先生にも聞いてみました。

発達障害と関係しているかはわからないのですが、自分が受け持っているお子さんの中でそういう子は何人かいます、との事でした。


辞めてしまった後の不安や罪悪感、継続している事での「自分はこれをやっている」という自信(ユタの場合は“自慢”かも?)、そういうのが普通の子よりも強いのかもしれないと・・・


しかし、継続する事へのメリットより自己肯定感を下げるようなデメリットの方が上回った場合は、いさぎよく辞めさせた方が良い。

傷は浅い方が良い。長引くと、傷も深くなります。←これ、婚姻の継続にも言えます(爆)!


サッカーを辞める時には、主治医からは、

「ダメだから辞めるのではなく、ここまで頑張ったから辞める」と、あくまでも肯定的に話すように、と言われました。


それから、辞めるにしても何か一つ目標を設定するようにしています。

そろばん○級まで、とか。

その代わり、○○は継続して頑張る、とか。

最終的には自分の意思で始めたわけですし、嫌な事から簡単に逃げてほしくない。そして、「ここまでできる様になったら」と言うのがあれば、モチベーションも上がるのではないかと。

どうしても無理そうなら、少々ハードルを下げてみる。


あ、ちなみに空手だけは、習い事を整理する際に自分であっさり辞めると言いました。(関連記事→習い事。(スイミング編)



次回は、続いている習い事について記事にしたいと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

ADHDの習い事。2 

2011/05/18 Wed.

続かなかった(早すぎた?)習い事シリーズ。

その二、野球。

まぁ、スポーツ少年団なので正確には「習い事」とは言わないのかな。


男子に生まれた以上、野球の一つでもできるべきであるという、勝手な妄想。

ワタクシ、野球観戦が大好きだったもので。←しかし、己れはキャッチボールすら出来ない。

はっきり言って、少年野球は憧れでした、私の(笑)


かの長嶋茂雄氏もADHDなどとも言われているし、もしかして向いてたりして・・・という、これまた痛い妄想。


保育園時代に一度苦い経験をして、すっかり野球とは縁がないものと諦めていた小1のある日、先輩ママさんから声をかけられました。

ユタの多動ぶりを見て、「活発なお子さんだし、野球やらせてみない?」と。

とりあえず見学だけでも、と言われ、こんな子でも受け入れてくれるのかと嬉しくなり、やはり二つ返事で「やる」というユタを連れて見学へ。

猫をかぶっていたユタは、サウスポーは貴重だとかとおだてられ、すっかりその気に。

現ソフトバンクの小久保選手も母子家庭で、小1の時にお母さんに無理やり入れられたのがきっかけだった、なんて話も聞いて、私もその気に(笑)


しかし、いざ入ってみると、全くやる気が見られず、まず、練習に連れて行くのも一苦労。

毎回「今日だけ休む」とかグズグズ言うしε-(‐ω‐;)

やっと練習場についても、皆の邪魔をしたり、剣道同様バットを振り回すなどの危険行為・・・

そもそも、野球自体に興味があるように見えないのよねぇε-(‐ω‐;)

なのに「辞めない」と言う。ナンデヤネン


野球って、サッカーなどに比べたら初めからルールが複雑で、低学年には難しいんですよね。

私が子供の頃も、だいたい3年生くらいからでしたが、やはり今は野球も低年齢化してて、幼稚園児からやっている子もいますけどね。


そして周りを見ても、1年生で来ている子はお兄ちゃんがいたり、野球にちゃんと興味がある子ばかり。

ユタみたいな子もいるけど、半分親の思惑で来ている子は、やはりぼんやりと練習に参加していない。


こんな状態で続けるべきか否か・・・

それでも、初めは地面に向かって投げてんのか?!というキャッチボールや、バッティングなども少しはできるようになってきたんですけどね。。。


さて、ちょうどその頃、学校でも問題多発しておりまして、私も休日の野球にまで付き添えない精神状態に・・・

スポーツ少年団というのは、親の活動は必須で、故に子供の気持ちが強くないと、とても続けるのは困難なんですよね。

中には親先導のお家もあるけど、私には無理っす。


無理やりケツ叩いてまでやらせるものでもないし、本当に好きでやりたいたら、時期が来れば自分の意思でまた始めれば良いさ。


というわけで、2年生に上がると同時に辞める事にしました。


野球一本なら、覚悟決めれたかも知れませんが、他にも習い事があったし、やはりあれもこれもは無理なんですよね。

どれを取るかと考えた時に、その時は「野球」ではなかった。

ま、結局は、私の根性が足りないのか?(-ω-ll)


そして、これからは本人が言い出すまで、こちらからお膳立てするのはやめよう、と強く思ったのでありました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

ADHDの習い事。 

2011/05/15 Sun.

子供に何か一つ、得意分野を見つけてあげたい・・・

特に発達障害とわかってからは、私はそういう思いが強くなりまして。


ユタはこれまで色々な習い事に挑戦してきました。

剣道、野球、公文、空手にサッカー。


そういや、幼少時に子役養成所に所属していた事も(笑)

これは、今更ながら本人も「続けていれば良かった」と申しておりやす。
きっと、同世代の子役達が活躍しているのが羨ましいのでしょう(笑)←そんなに甘かぁないぜよ!


まぁ、そんな数々の習い事たちですが、先に書いたのはどれも続かなかったものでござんす。


はて、なぜ続かなかったのか???


その一、剣道。

5才の時でした。

友達の子供が始めると言うので、一緒に体験に行く事に。

常日頃から棒を振り回しているユタを見て、こいつぁ武士の生まれ変わりに違いねぇ、と勝手に思い込んでいたので、絶対向いていると思いまして(笑)

本人に聞くと、二つ返事で「やる」と言うし。

当時は好奇心旺盛で、何でも「やる」って言ってましたっけ。

実は、私も剣道には憧れていました。


時は、多動真っ盛り。

一斉指示など通るはずもなく、竹刀を振り回しては叱られ、練習どころではない。

とにかく、当時は鉄砲玉状態でしたから、危険で危険で。。。

指導者もほぼボランティアなので日によって替わり、理解をしてくれる先生、そうでない先生と対応がまちまちで(-_-;)


私にも忍耐力がなく、この状況がいたたまれないし、これも一応「スポ少」というくくりなので、親の出番もあるらしいし・・・

平日の夜の練習という事もあり、5才児にとってはこれまたきつい。


向いていない訳ではなかったかもしれませんが、多分、ユタにはまだ早かったのでしょう。

今は何でも低年齢化してますけど、昔から、習い事は「6歳の6月6日から」と言いますし、それにはちゃんと理屈があるんですよね。


まだ「お試し期間」という事もあり、総合的に判断して、今はやめておこう、という事になりました。

本人は「辞めない」と言ったのですがね(苦笑)


その後、小学生になってから「剣道やりたい」と言った事がありましたが、タイミングが合わず、現在に至る・・・。


習い事シリーズ、まだ続きます<(_ _)>


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

新たな習い事。 

2008/06/22 Sun.

現在ユタがやっている習い事→ピアノ、スイミング・・・そして今月から新たに『空手』を始めました。


前から本人がやりたいと言っていた事、体力作りに週1のスイミング以外にも何か・・・と考えていた事、そして月謝が安い事もあり挑戦してみる事にしました。


武道は、私も前々から何かやらせたいと思っており、剣道は道具にお金がかかるし、道着だけで済むのは柔道、合気道・・・


で、条件の良い教室(道場?)を見つけ、空手を選んだわけです。




実は、剣道はお試しで5歳の時に少々かじった事がありまして・・・


その頃は多動真っ盛りで全く練習にならず、まして竹刀を持っているので危ないし、とても私が見ておられずに断念したという苦い経験が・・・(-o-;


でも、ユタ的には剣道は嫌いではなかったみたいで、今でもやりたいと言う事があります。

が、やはり、道具にお金が・・・というのと、この辺りだと近所の小学校で開催している教室しかなく、親の当番などもあるので、そういうのが苦手な私にはなかなか負担になりそうなので・・・(^-^;




まずは教室の見学へ行ったのですが、どうやらユタが想像していたモノとはイメージが違ったらしく・・・もっと戦い的なモノだと思っていた模様。(実戦空手ではないので)


それでも「やってみる」、と言うので、私も今までの経験上、一抹の不安を抱えながらも入会してみる事にしました。




ホントねぇ、新たに習い事をさせるってドキドキなんですよねぇ。


皆が真面目にやってる中でふざけてしまったり、人に絡んだり、他の親御さん達からの視線も痛い事!!




で、初日。

根本は気が小さいユタですので、怖そうなおじいさん先生を見てビビッたのか、初めはかなりモジモジ君でしたヾ(-д-;)ぉぃぉぃ・・・


そして、3回目の今週は大分慣れた様子・・・これ以上調子に乗るなよ・・・(;人;)


それでも、今のところは羽目をはずさず練習にも参加出来ているようです。




今考えると、習い事を始める時期(年齢)ってあるんだと思います。



よく『六歳の六月六日』からが良いと言いますが、発達障害傾向の子は精神的にも幼いので、もう少し後が適齢なのかも。


なので、就学前に色々やらせようとしていた私は愚かでした・・・。



自分自身が疲れてしまう事、そして何より、結局子供自身を傷つけてしまっていた事・・・無駄に叱られる事で(先生から、そして私からも)、自己否定感が強くなりますから・・・。


何を始めるにも遅いって事はないと思うので、焦らず時期を見るのが大切なんだと実感しています。

本来は親の意思より、子供自身が『これやりたい』って思った時こそが、本当の適齢期なんでしょうね。


なーんて言ってると、何も興味を示さずに時が過ぎていく気もしなくもありませんが(^-^;




不器用な子なので、型を覚えるのも苦労するかも知れませんが、精神を鍛える事を目的に、あとは体力作りに続けられたら良いと考えている母であります。



 にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害・自閉症へ ←ぽちっと応援お願いします♪


edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 習い事/他

公文の日。 

2007/05/18 Fri.

ユタは、4月から毎週金曜日、公文に通っています。

算数が苦手で、母も教えるのに限界を感じ・・・「何でこんなのできないの!バカ!!」って罵倒しちゃうのですよ(^_^;)



障害児向けの公文の教室というのがあり、そこは個別で指導してくれるのです。

料金は通常の公文と一緒。

個別学習のほかに、数字盤、絵・文字・色カード、読書(読み聞かせ)等があり、週一ながらとってもお得な感じです



見学に行ったら、ユタはなぜか気に入って(個別学習に魅力を感じたらしい。算数に対しコンプレックスがあるので克服したいみたい)即入会を決めてしまった。

算数だけのつもりが、この教室は国語も必須のようで、1教科6300円×2はかなり痛い出費だけど、学力向上のため、母は腹をくくりました



ゆくゆくは、算数のみで普通の公文に通わせるつもりですが。(費用面がね・・・)



今日の個別学習の担当の先生が、まだ不慣れな方で、ユタはそういうところは敏感に察知する子なので、態度最悪~イライラして口が悪くなってるよ(汗)

親も隣に座って見ているのですが、見ている私も慣れない先生とユタ、二人のやり取りにイライラ・・・(オイオイ、大人気ないぞ)

何とか課題はこなせたけど。



ま、そんな日もあるさ。

来週は頑張ろう!



にほんブログ村 子育てブログへ

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。