苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 小学校・高学年

祝・卒業。 

2012/03/25 Sun.

23日、ユタは無事卒業の日を迎える事ができました。


実は前日、38,9度の高熱を出したユタ。

体も痛いと言うので、もう、これはインフルエンザに違いない、とすっかり参列を諦めていましたが、診断結果は、「風邪(胃腸の)」。

解熱剤で熱を下げれば、卒業式の参加は問題ないとお医者さんに言われ、実際熱もすぐに下がりホッと胸をなでおろしました(´-∀-`;)


ただ、お腹が痛いとの事・・・長時間の式、しかも寒い体育館で耐えられるのであろうか・・・

いつでも退席できるように先生方も常に見守り、配慮して下さるとの事でしたが、よりによって席は先生たちの席とは反対側の、来賓席寄りでΣ(゚д゚;)ガーン

トイレ行きたくても、行きづらいよなぁ・・・という心配もよそに、一瞬自分のセリフを忘れる場面もありましたが、何とか式を乗り切りました。


昔ながらの形式で、ちゃんと国歌斉唱(今、どこぞで話題の)、「仰げば尊し」も歌い、これまた胸が熱くなります。

最後に、「栄光の架け橋」を合唱し、その歌詞がこの6年間とリンクして、私は号泣。+゚(pωq)゚+。

本当に、感動的な良い式でした。


このクラスは、最後まで雨にたたられ(これまでの大事な行事の雨天率高し!)、最後の校庭でのパレードができなくなりましたが、前日高熱出したユタが、この場にいられる事だけでも本当にありがたく嬉しい事でした。


ちなみに、この日はコンサータも飲まず(ここ一番の時は、基本飲むのですが)、本当に落ち着いていて・・・あの“伝説の入学式”の日には、こんな姿とても想像できなかったなぁ・・・(遠い目)


その後の食事会も無事参加する事ができて、これまたホッ。(ユタは卒業式よりこっちを楽しみにしていたので^^;)

そこでは、担任の先生制作によるスライドショー(入学時から撮りだめた写真を使ったもの)が披露されました。

小学校生活の半分(3,5,6年)をこの先生と共に過ごしてきたので、思い出がたくさん詰まった作品で、本当に素晴らしく、これまた感動(T_T)

嗚呼・・・色々あったけど、やっぱり最後の最後はグレイトティーチャーだったぜ!!


この後、親の方(先生含む)は、二次会、三次会と続き、我ら卒対委員一同による、集大成のスペシャルショー(?!)が披露されたのでした(爆)

その話もいずれまた(笑)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

番外・謝恩会~感動の再会?!編~ 

2012/03/12 Mon.

謝恩会には、転勤された先生もご招待しています。

ユタがお世話になった先生のうち、校長(2人)・副校長、低学年時の担任、養護、図工、音楽の先生が転出されていますが、やはりこの時期どの学校も謝恩会シーズンで、なかなか出席する事は難しいようで。

そんな中、何とか調整して、低学年時の担任だった先生が来てくださいました。


当時の記事をご覧いただければお分かりになるかと思いますが、この先生とは色々ございました・・・^^;

当時は恨みもしましたし、今でも思い出すと悔しさも込み上げてきますが、あの時があったからこそ、今の私たちがあるのだし、糧になったとも思っています。


その先生とも、少しだけお話しする事ができました。

まずは、ユタが美少年になったとお褒め(?)の言葉を頂きまして(笑)
(相変わらずトンチンカンやなぁ^^;)

先生!初めから美少年よ!!(爆)

しかし、先生も変わらず可愛らしいわねぇ。(年齢不詳)


そして、お母さん、よく頑張りましたね、と・・・

赴任先の学校でも、発達障害のお子さんがいるのでしょう。

しかし、親が協力的ではなかったり、聞く耳持たないようなケースがあるのだと思います。

「お母さんのように、協力的で前向きな方はなかなかいらっしゃらないです。」

と。

今さら解ったか(笑)

ホント、仕事辞めて付き添いまでする親なんて、なかなかいませんぜっ!


1年生の時、「最後は“あんなこともあったね”と笑って話せる日がいつか来れば良いと思っています」と話した事がありました。

その事を思い出し、現実にそういう日が訪れて・・・熱いものが込み上げてきました。

思わず先生の手を取って「本当にそういう日が来ました。ありがとうございました。」と、言いました。


こうやって感謝できる日が来て、嬉しいです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

親としての達成感。 

2012/03/11 Sun.

ユタの小学校の謝恩会が、無事に終わりました。


「謝恩会」。

学校によって形式は様々でしょうし、中には行わないところもあるようですが、ユタの学校は小規模で地域にも密着しているせいか、これまでお世話になった先生、地域の方などを招いて、体育館にて盛大に行われるのです。

しかも、“保護者が主催”という事で、我々卒業対策委員会が中心となって、これまで準備を進めてきた次第なのであります。


6年間お世話になった小学校。

しかも、その半分の3年間、今の担任に受け持って頂き、ここまで来られたのもこの先生のお陰だと言っても過言ではないほどお世話になり、少しでもご恩返しができるようにと卒対委員に立候補した私。

それに、どうせなら、嫌々お付き合いでやるより、自分たちが考えた企画で楽しく盛り上がりたいし♪


年度初めから、この日に向けて、保護者の出し物の企画、記念品選び、招待状作り、etc・・・特に2月に入ってからは出し物の練習も加わり、本当にハードな日々を送ってきました。


そして、当日。

「風林火山」というテーマのもと(担任が戦国武将好き)、BGMから食事から親の出し物からすべて戦国風に施したこの謝恩会、来賓及び先生方がとても喜んで下さっている様子を見て、こちらも感動いたしました。

頑張った甲斐があったねぇ(*^_^*)

(本当は、この日の為に作成した素晴らしい小道具の写真などアップしたいところですが・・・ミクシィのみで公開しています^^;)


ユタしか子供のいない私にとっては、どれもこれも初めての経験で、会を味わう余裕などなく、自分的には反省点も多かったのですが、作り上げていく段階に携わり、そして無事終える事ができ、今は達成感でいっぱいです。


安堵感からか、夜に発熱・・・^^;

思い返せば、練習初日からヘルペスにかかり、腰痛を患い・・・色んなモノと闘ってまいりました(笑)

それもこれも、きっと良い思い出になる事でしょう。


さて、息つく暇もなく、次の企画(卒業式後の食事会等)に向けて始動です。

若干体力落ちていますが、最後まで頑張るぞぉ!!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

制服採寸完了。 

2012/03/04 Sun.

2月逃げる・・・で、あっという間に3月です。

卒対委員の仕事も大詰めに入り、ほぼ休みなしな状況。。。


で、気付けば3月に突入していたわけで、中学の制服注文せなならんやん!!

って事で、やっと昨日採寸してきました^^;

仕上がりは3月末か4月の頭という事で、ギリギリ・・・というのも、ちょっと遠くの洋品店で購入する事にして、そこが人気店だったため、このような状況らしいっす。

近所の洋品店だともっと余裕があるのだけど、6000円強金額が違うんですもの!!(品質は同じ)

ふぅ~。ぎりぎりセーフ(*´-д-)フゥ-3

夏服も合わせて、締めて42000円也~(_△_;)

これに、体育着一式、上履き、カバン(これは自由なので、5000円くらいのリュック購入予定)。。。

さよなら、マニー(T_T)


ちなみに、制服はブレザーです。

来月には、ちょっとブカブカの制服を来て登校する姿・・・まだ現実味ないっすね^^;


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

最後の保護者会。 

2012/03/02 Fri.

小学校最後の保護者会。

卒業式までカウントダウンも始まりましたが、全く実感が湧きません、親も子も^^;


にしても、このクラス、最後まで集まり悪っ!

定刻に来たの、2人!最終的に集まったの、12人!!(38人中)

働いている方が多いので(私もだけど)それは致し方ないにしても、そうでない方まで(明らかに意図的)・・・3年もお世話になった先生に、感謝の気持ちとかないのかいな?!

ちょうど謝恩会の練習真っ最中で、ここに来て超強烈な面々を目の当たりにし(そういう人々は保護者会には一切来ない)、戸惑い隠せない今日この頃でございます。


さて、話は戻りまして。

最後という事で、先生からのお話はそこそこに、あとは親からのご挨拶タイム。

ワタクシ、気が早い事に、随分前からこの6年間を振り返り、どんなコメントをしよう・・・涙・涙バーションにしようかしら・・・等とあれこれ考えておりましたの(笑)


低学年の頃、過酷な日々に、ユタが「もう学校を辞めたい」と言っていた事。

3年生で、今の担任に出逢い、やっとまともに学校生活を送れるようになった事。

ちょっと手のかかる子供を授かったおかげで、素晴らしい出会いもあり、自分自身の人生も豊かになったという事。

エトセトラ、エトセトラ・・・


湿っぽい挨拶は良くないと思ったので、マイナスな事(低学年時の事)にはほとんど触れずに、あとは、先生と、穏やかなクラスメイトに恵まれた事と、そのお母さん方に感謝の言葉を述べ、一切お涙なしに簡潔に終えました(笑)

それに対しての担任からのコメントは、お決まり(?)の伝説の入学式の話に触れ(笑いを誘いつつ^^;)、そんなユタも今では低学年の面倒をよく見ている事、成長した事などを話して下さいました。


これから待ち受ける中学校生活を思うと不安もありますが、最後まで小学校生活全うし、新たなステージに進みたいと思う次第でございます。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

所詮・・・そんなもの。 

2012/02/21 Tue.

小学校最後の社会科見学。

そして、小学校最後のお弁当。


という事で、頑張ってキャラ弁作っちゃいました!頼まれてもいないのに(笑)


はい、これ!ド━━m9(*'д`*)━━ン!!
4012087_1536454302_235large.jpg

そぼろと、ハムと、チーズ・・・至って簡単素材で簡単チョッパー♪

初キャラ弁にしては、上出来じゃないっすか!!と自画自賛^_^;


そして、これはユタには内緒。

さてさて、お昼にどんな反応を示すのか、この形状をキープ出来るのか・・・諸々心配。。。


で、帰宅後に確認したら(こちらから聞くまで無反応)、

「ああ、チョッパーだったね。」

え??それだけ???

友達とかさ、周りの反応は??

「皆に見えないように食べたから、誰も見ていない。だって恥ずかしいし。」

ガクッ。

ま、高学年ともなると、こういうサプライズはやはり恥ずかしいのでしょうなぁ。


で、形状はどうだったか尋ねると、

「豆(鼻)がずれていて、ウインナーがひっくり返ってた」

ガァ──(_△_;)──ン

お弁当が崩れるから、くれぐれも持ち運びには注意するようにと言っていたが、ロッカーに入れる時に倒れてしまったのだとか^_^;


嗚呼、高学年男子・・・所詮こんなものよね。。。

味はおいしかったとの事なので、ま、いっか(笑)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

素晴らしい授業。 

2012/01/21 Sat.

ユタの学校の公開日。

そしてこの日は、小学校生活最後の公開日でもあります。

基本、全授業を見るワタクシですが(低学年時に“ちゃんと自分の子見てなさいよ”的な視線を浴び、それ以来の習慣による)、特に1・2時間目の授業に興味があったので、日課の「カーネーション」を観た後、早々に出掛けたわけですが。。。


講師の先生をお招きしての、「いのちと心の授業」。


院内学級で教員をしている先生が、今回の講師。

大学病院内に設置されている、入院している子供たちが通う教室を「院内学級」というのだそうです。


「赤鼻のセンセイ」というドラマをご存知でしょうか?

どうやら、そのモデルになった先生のようなのです!

NHKの「プロフェッショナル」でも取り上げられたそうなので、ご存知の方も多いかもしれません。


物腰が大変柔らかく、そのお話に引き込まれる素晴らしい話術。

後で担任の先生とも話したのですが、はい、確かに大泉洋っぽい(笑)


学級の子供たちが書いた詩や、会話の中から抜粋した言葉などを紹介して下さり、涙を誘う場面も。。。

病気や怪我と闘っている子供たちにとっての幸せは、毎日ご飯が食べられる事であり、毎日朝が来る事なのです。


いつも些細な事で怒っている自分が、本当にちっぽけに感じましたね^^;

ちなみに、昨夜もユタと大バトルをしたところでして・・・健康で毎日そばにいられる事だけで、本当は幸せな事なのにね。


これまでも、様々な講師の先生がいらして授業や講演会をして下さっていますが、正直、どれもありきたりなお話ばかりでねぇ・・・(失礼)

しかし、今回ばかりは本当に感動的で素晴らしい授業でした。


とにかく、私は大変感銘を受け、授業後にいそいそと寄って行って、その気持ちをお伝えした次第なのであります^^;

本当に気さくな先生で、「良かったらFacebookもやってますので、いつでも連絡ください」なんて・・・あたしゃFacebookはやっていないけど、始めちゃおっかしらん(笑)


家に帰ってからも、ユタ相手に「良い授業だった」と連呼しているアタイ^^;

そして、ユタはユタなりに、心に響いていると思われます。

本当は、クラスのお母さん方とこの話をしたかったのに、6年生の保護者(5・6年の合同授業)がほとんど見に来ていなくて非常に残念・・・もったいないぜよ!!


小学校生活最後の公開授業が、このような素晴らしい授業で、今日は本当に行って良かった!


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

今冬休み、最大の山場。 

2012/01/08 Sun.

この3連休が終われば、冬休みも終了。

今回の宿題は書初めだけという事でしたが、希望者には、漢字と算数プリント出しますという事だったので、我が家は速攻申し出て頂戴したわけです。
(ユタには“余計な事言いやがって”と言われ・・・しかも、申し出はうちだけだったらしい^^;)

まぁ、それもちょうど良い量で、今日明日で完成する予定で、始業式に提出してちゃんと先生も見てくれるそうなので(いつもは自分で丸付け等する)、かえって全員への宿題じゃなくて良かった~♪などと勝手に喜んでいたワタクシなのですが(笑)


しかし・・・

実は、最も難題が密かに控えていたのでありました。


『卒業文集』。


2学期から制作していたのは知っていたのですが、こんなもんが宿題になったらとんでもねぇ!と、早々に担任に“私は手伝いません宣言”をしまして^^;

だって、本来卒業まで親は見ないものでしょう??

その甲斐あってか(?!)、下書きは学校で終わらせてきたわけですが、ユタを含めた数名が清書まで終わっておらず、冬休みの宿題になった模様。。。


工程は以下の通り↓

①普通の原稿用紙に下書き→
②文集用のマス目がめっちゃ小さい原稿用紙に下書き→
③そのマス目がめっちゃ薄くて見づらい原稿用紙に、ペンで清書(これが宿題)


この③の作業・・・ご想像つきますでしょうか・・・


字が汚くて不器用なユタには、ものすごい大変!!

間違えたら修正用のテープを貼って・・・気が遠くなる作業・・・
(普通のお子さんでも、なかなか大変なのでは?!)


書初めはすんなり自分で終わらせたのだが、こちらはなかなか進まないので、さすがにこれは私が口を出さないと終わりが見えない・・・もう、怒鳴りつけ親切に教えながら、何とかこの二日で終わらせましたε-(‐ω‐;)


まぁ結局、卒業を前に暗記できるほどこの作文を読みつくしてしまったのですが、完成度はなかなか高いです(笑)

って、実は早く終わった女子に手取り足取り手伝って貰ったそうで・・・道理で良く出来ているわけだ(爆)!


はぁ、ホント疲れた。
宿題が足りねぇ!!とか言ってる場合じゃなかったね(笑)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

2学期終了。 

2011/12/23 Fri.

あっという間に年の瀬。

そして、2学期終業式。

長い長い冬休みに突入です^^;


通知表。

学習面は置いといて、所見欄にこのようなコメントが↓


「なかよし班(学年を超えた縦割り班)では、自分勝手にふるまってしまう低学年児童の面倒を見る事ができました。
つきっきりでゲームの説明をしたり、立ち歩くと、きちんと注意をしたりする事ができました。」



嗚呼・・・かつては、ユタがこの“低学年児童”だっただろうに、逆の立場になる日が来るなんて・・・。

そして、こういう縦割り班が成立しているのも、小規模校の良いところですね。


成長させて頂いています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 小学校・高学年

これって普通?? 2 

2011/12/18 Sun.

集まりがあったので、冬休みの宿題について、公立組のお母さん方に問うてみた。


「おかしいとは思うけど、仕方ないんじゃない?」


「まぁ、言えば個別にプリントも貰えるらしいから、波風立てずに、黙って貰っとけば良いよ。」


しまいにゃ、

「若いから、カッカ来ちゃうのねぇ。」


あははは・・・(-_-;)


皆さん大人です。

だから、争いを好まない、穏やかなお子さんが多いのね。。


あたしゃ、文句ばっか言って、嫌な女だよ。


修行が足りないっす。。。

ひゅるるる・・・(心にすきま風・・・)


ってか、どうせなら、「書初め」もやめてくんないかなぁ。これが一番大変なんすけど(>_<)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2017-08

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。