苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害

折り合いをつける。 

2012/12/22 Sat.

二か月ぶりの教育センター。

その間の、学習発表会、の後の友達とのトラブル、そして、先日のボンクラ担任事件

とまぁ、色々あったわけで、それぞれを手短にお話しました。


ボンクラ事件の後の、校長面談の話をした時に、こう言われました。

大概、学校というのは教師を庇いたがるものなんですよ。
なのに、そうされなかったという事は、校長先生もその担任を見限っているのかなぁ・・・


と。

ええ??あんな失態でも、普通は庇い立てするものだなんて驚きだけど、
確かにそれもアリかと思う。

校長と話す前に緊張したのは、そういう反応も想定していたからだったし。。。


・・・話をしているうちに、実に冷静でどこか諦めがついている自分がいる事に気付く。


起きてしまった事は仕方がないし、いくらボンクラでも今すぐ担任が変わるはずもなく、
だったら、いかに今の状況でこれ以下の環境にならないようにできるか・・・

過去よりも、未来を見つめるしかないのだ。


しっかし、7月頃のブログを読み返すと、何ともどん底に沈んでいる様子が窺えますなぁ^^;


宜しくない環境でも、ユタは、少しずつ部活も楽しくなってきているようだし
(先日の試合で、勝てはしなかったけど、惜しい展開が幾度もあったそうで)、
理解のある教師もいます。


保健の先生。

最近よく登場しますが、生徒の為に労力を惜しまない、まさに教師の鑑だと私は思っています。

子供たちの様子もよく把握していて、担任よりもよっぽど状況をわかっている。。。

こういう先生が一人でもいてくれた事は、本当に救いです。


保健の先生って、昔は健康な子には縁がなく、健康診断の時にチラッと会うくらいの存在でしたけど、

今は、道徳の授業をしたり、副担任だったり、そして、特別支援コーディネーターでもありと、結構存在感があるのですよ。


あとは、通級学級にも恵まれて、何とか中学校生活やって行けるかなぁ・・・と、

担任には恵まれなかったけど、折り合いつけて、あと三か月、乗り切れそうな気がしています。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

カミングアウトする理由。 

2012/06/09 Sat.

発達障害を、学校側に告知する理由。

今現在の我が家の場合、ですが。


①注意欠陥による集中力低下があるので、授業に集中できなかったり、提出物などの出し忘れが起こりやすい。

よって、こまめな声掛けが必要になる。


②コミュニケーション力に欠陥があるので、交友関係が心配。


中学校に入学するにあたり、正直、カミングアウトすべきか悩みました。

小学校低学年のような他害もなく、周囲に多大な迷惑をかける事もないので、本当はしなくても良いのかもしれません・・・

言わなければ、「ちょっと空気の読めない、変わった子」くらいで通るのかも。


しかし、中学校では①が出来ないと「不真面目」というレッテルを貼られる可能性も大きいし、無駄に叱られる場面はできるだけ避けたい。

そして、少人数で発達障害にも理解のある学校だという話を聞いていたので、正直に打ち明ける事にしたのです。


カミングアウトした事により、小さな欠陥をいちいち指摘されるために、この大きな決断をしたわけではありません。

細かく、どうでも良く、誰にでも起こりうる、学校だけで解決できるようなトラブル(って程ではない)を伝えられても、私にはどうする事もできません。


理科の時間に、マッチを多く擦っていました

って・・・(苦笑)

んなもん、そっちで何とかしろや!


欠点ばかり指摘して、うちの子、そんなに良いところありませんか?


トラブルに関しては、


人に怪我を負わせる(暴力をふるう)。

人の物を壊す(汚す)。


など、親の介入なしでは解決できない事のみ伝えて貰う、という事は不可能でしょうか?


近々、初めて担任と面談する事になっているので、上記をお伝えしようと思っています。


発達障害を、学校側に告知する理由。

それは、欠点を指摘されるためではなく、欠点をフォローして貰いたい、ただそれだけです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 発達障害

先生方に気付いて欲しい、現代のイジメ。 

2012/05/06 Sun.

前回の記事を書いた後、改めて考えてみた。


今は、世間でも教育者の間でも「イジメは許さない」と強く叫ばれているので、昔のようなわかりやすいイジメが露呈する事は少なくなってきているように思います。

“何か気に入らないから”という理由があいまいな子供っぽいイジメは減っているとして、では、きちんとした理由があったとしたら・・・?


あいつは悪い事をした。だから先生に言いつけて怒って貰おう。


ユタの元担任のように、怒ると見境なく罵倒する教師の場合・・・


大概、言いつけて済むような事って、大した事がないんですよね。

本当に悪質なものが隠れている場合は、子供は言いつけたりはしないんです。

だから、子供同士でも十分に解決できるのに、あえてそうしないで教師に言いつける。


先生は、「ほうほう、そんなに悪い事をしたって本当か?」と凄んで聞くので、弱く言葉が足りないターゲットの子供は、「そうです」(一部は本当の事なので)と答えるしかない。

そして、クラス全員の前で罵倒され、「ごめんなさい、もうしません(涙)」と言わされて、終了。

真実や、隠れた問題は見て見ぬふり・・・

これ、教師も加担した、新種のイジメではないでしょうか?


発達の遅い子の場合、このようなターゲットになる事は少なくないと思います。


私は以前、ユタがこのような目に遭った時、悪い事をしたのは事実なのであれば、そこは厳しく叱って貰いたいが、関係のないクラス全員の前で叱りつけるのは止めてほしいとお願いしたことがあります。

それによって、好奇の目にさらされ、ユタの評価が下がることを避けたかったからです。

先生が怖かったので、賢い子供たちはあからさまにユタの評価を下げるような事はしませんでしたが、実際はどうだったのでしょう。


そして、言いつける子の心理。こちらも見逃してはならないと思います。

人に言いつける事によって、自分という存在を認めてもらいたい。

ユタのクラスのチクリっ子達は、親が、子供よりも優先したい事がある、放任家庭という共通点がありました。


人間は、誰しも何かしらのストレスを抱えて生きている動物です。

そのストレスを軽減する事ができなければ、

イジメがこの世からなくなる事は、私はないと思います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

何でも言いつける子。 

2012/05/06 Sun.

何でも言いつける子、いわゆる「チクリ魔」。

我々が子供の頃もいましたよね。


現代にももちろん存在するわけで・・・。

でも、我々の時代と違う点は、先生がご丁寧に取り合う事。

まぁ、イジメの種を少しでも早く摘みたいという思惑もあるのかもしれませんが。


小学校最後の担任がそうでした。


ユタは、そのチクリっ子達から常にターゲットになっていまして・・・そりゃ悪目立ちナンバーワンでしたから^^;

同じ事をやっているのに、なぜか目立ってしまうのです。

正直で不器用というのも要因でしょうね。


そして、必要以上に先生から怒られるのです。(あえて“叱られる”とは書かず)


先生、怒ると反社会勢力の方々のようになってしまい、感情の赴くままに執拗にひどい言葉で攻め立てるらしく、自分がやっていない事まで「やった」と自白し、皆の前で吊し上げられる、という事が時々ありました。

鬼刑事の尋問を受け、思わずウソの自白をしてしまう容疑者のような図に似ています^^;


先生は、二言目には「ちゃんと自分の意見が言えなきゃダメだ」と言いましたが、大体チクる子は数人になっているわけで、ユタ一人、どうしてそんな怖い大人と集団にに立ち向かう事ができましょうか。

国選弁護士もつかない容疑者、そりゃ容赦なく有罪ですがな。


ユタは、怒られるのは自分が悪いから、と、私には詳細を話す事はないのですが、クラスメイトやその親たちから相当ひどく絞られた模様を聞き、真相を後で知ることが多かったのです。

或いは、同じような目に遭った子の親が、学校に猛抗議したという一件があり、ユタもそのような目に遭っていたのかとショックを受けた事もありました。


実は、卒業寸前にもちょっとしたトラブルがあり、先生は事の真相を知らぬままユタをどやし付け、卒業式前日に高熱が出たのは、そのせいではないかと周囲に囁かれるほどで。


この先生には、本当にお世話にもなったのですが、この点に関しては教育者としてはどうなのかと思いますし、チクリっ子を増長させたのも罪だと思うのです。


近く、卒業アルバムの受け渡しの会があり、この先生もいらっしゃる事になっているのですが、ユタは行きたくないと言います。

理由は、いまだチクリっ子と先生が繋がっており(何故かメールをしているのです)、色々言いつけているようで、その日に怒られると思うよ、と言われたそうで(-_-;)


「正義」という名の下、賛同する子を集めて“仮想敵”を作り攻撃・・・先生、その事に気付いて!


我々の時代の「チクリ魔」とは、ひと味もふた味も違うようです。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

発想の転換。というか諦めの境地。 

2012/01/15 Sun.

ゲーム、テレビ大好き我が息子。


視力が落ち、眼科医からもゲーム禁止令が出て、当初は真面目に守っていたものの、時間が経てばそんな日々も過去のお話。

お年玉で3DSを購入し、それも「家では絶対やらない(友達といる時だけ)」などという言葉も、ほんのお戯れでございました。

時間を決めてもダメ(「今セーブするところ」と・・・終わらず)、まぁ、結局しまいにゃ私がブチ切る事も度々でして、でも、毎日毎日これの繰り返しで私も疲れ果ててしまいました。

ゲームやっていない時は、録り溜めたテレビ番組をひたすら見る・・・。


“ルールを決めて”とか、“タイマーを使って”とか、特に発達障害児向けに色々対処方法が挙げられてますけど、私の忍耐が足りないのか、はっきり言ってどれも無理!!!


で、考え方を変えました。

学校では真面目に良い子で緊張感を持ちつつ頑張っている。

放課後や土日も習い事があり、ほぼ休む事なく通っている。

家でくらい、好きな事させたって良いじゃないか。

これで視力が落ちるのは嫌だけど、まぁ、こればかりは遺伝的な要因も大きいし、なるようになれ!(親としてどうかと思うが)


発想の転換、というか、諦めというか、でも、これくらいゆるく考えていた方が無駄な争いが少なくなるし、お互いの平和の為にもこの方が良い。

その代わり、宿題や、やるべき事は先に済ませる事、くらいは守ってもらいたいが^^;


考えたら私だって、ほぼパソコンの前に居座っているし(笑)


以上、人の親として未熟な者の戯言でございました。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 2
TB: 0

page top

Category: 発達障害

発達障害とゲーム。 

2011/11/10 Thu.

視力低下により、ゲーム禁止令が出たユタですが・・・。

(→禁止令。

発達障害を持つお子さんは、ゲーム(DSやPSPなど)に熱中しやすいと聞きます。


ユタはというと・・・

確かにゲームは好きで、一度始めると、なかなか止められません。


しかし、それが毎日続くというわけではなく、一週間毎日ぶっ通しでやったと思えば、その後は全く見向きしなくなったりと、“熱しやすく冷めやすい”という状態なのです。

今回の禁止令もあっさりと受け入れました・・・というか、真面目で小心者のユタは、医者に言われてビビっているのでしょうけど(^_^;)

「友達がやっているのを覗くくらいは良いよね?」と、かなりビビりです(笑)

友達と付き合い程度にやるくらいなら、良いんじゃないかな?医師は4年間絶対やっちゃダメって言ったけど、きょうび、それも難しいと思うしd(-∀-。)

と言うわけで、友達の家ではこっそりやっているようですが、家では全くゲームをしなくなったユタなのでした。


一度ゲームを始めると「あとちょっと」となかなか切り上げられず、最後は私がキレて、電源切ってしまうという強硬手段に出て修羅場を迎えていたので、これで争い事が一つ減って良かったと思う今日この頃です(^_^;)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

サトラレ。 

2011/09/02 Fri.

「サトラレ」という映画(漫画)、ご存知でしょうか?


ADHDの子供は「サトラレ」なのだと、田中康雄先生の講演会で聞いた事があります。


「サトラレ」とは、心の中で考えている事(声)が周囲の人に聞こえてしまう(悟られてしまう)という、特殊な人間の事です。

さすがにそれはファンタジーですが、ADHDの子供は思った事を何でも口に出してしまいます。

それを称して「サトラレ」だと(笑)


まさにユタがそれ。

まぁ、小さい子供はみんなそうなのですが、普通は小学校に上がる頃にはそういう事はなくなるそうなのです。

が、小6現在でも変わらずの調子です(-_-;)


なので、人を不愉快にする事もしばしば。。。


まぁ、口にしないだけで、案外心の中はみんなそんなもんだったりしますけど。

なーんて、言っちゃいかんですな(笑)


ストレートすぎて、逆にそこには悪意はないので、こいつぁ悪い事は出来ないタチだなぁ、とも思います。


そして、しつこい。

相手の反応を見て、さらにしつこくする。。。

無視が鉄則ですが、悪い言葉だと聞き捨てはならないわけで・・・


いつになったら解ってくれるのでしょうねぇ・・・ε-(‐ω‐;)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

記憶の不思議。 

2011/06/18 Sat.

本日は土曜参観日。

何だか、運動会以降ゆっくりできる日がありません(;^ω^)

でも、社会(歴史)の授業がとっても面白かった。

さすが歴史好きの先生。

小学校の日本史なんて、通り一遍で終わるものを、短い時間で詳しく興味を引く話に仕立てて・・・「桶狭間の戦い」がよくわかりました(笑)

こんな授業なら、もっと歴史に興味持てたのになぁ。。。と、子供たちを羨んでみる。



さて、以前にもチラッと書きましたが、記憶力のお話。

ユタは、小学校低学年の頃の記憶がほとんどないようなのです。

普通、小学校入学以降の記憶って大体ありますよね・・・


とにかく、入学後から2年間クラスに馴染めず、衝動性も強く手が出まくりだった当時。

伝説の入学式の事も覚えていないし、手が出て相手に怪我を負わせた事も全く覚えていないのです。


最近、友達から当時の話を頻繁に聞くらしく、「ボクってそういう子だったの?」と私に聞いてきます。

人間、嫌な事や辛い事は忘れるように出来ている、とも聞きますが、まさにそれなのだろうか?!


先日、教育センターの先生に聞くと、そういう可能性もあります、との事。


何だか、過去の失態を持ち出されて、「あいつ、昔こんな奴だった」と、イジメの対象になりゃしないかと一瞬不安がよぎりましたが、そうでもない模様。何しろ、昭和初期か?っていうくらいな、ホンワカのほほんクラスだし(^_^;)

センターの先生曰く、この年頃になると、過去の自分を振り返るようになるのだそうで、周囲の友達はちょうどそういう時期に差し掛かって、ユタ君にも過去の話もするのでしょう、との事でして。


へぇ。そうなんだぁ。。。


色々ふしぎです。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

記憶力。 

2011/04/28 Thu.

「ボクと○○くんは、1年の時仲が悪かったらしい。今は良いけど。」

そりゃあんた、学校一有名人だった当時、仲良い子なんか一人もいなかったけどさ(苦笑)

つーか、「らしい」ってどういうことよ?


ユタは記憶力が良いのか悪いのか?!

何年も前の事を唐突に話し出す事もあれば、このように、普通は憶えているような事が全く記憶になかったり・・・


なもんで、誰もが衝撃を受けた、語り継がれる“伝説の入学式”の事も憶えていないわけです(汗)



一体、何なのでしょうねぇ。。。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害

冬休みの宿題・・・を見てて気付いたこと。 

2011/01/04 Tue.

冬休みは短いので、それと、塾に通っている子も多いので、あまり宿題は出さないと先生は仰っていたけども・・・我が家にはやはり多すぎる宿題の量(苦笑)


いや、本当はこれプラス何かドリルでもやるべきなのでしょうが・・・(^-^;




ま、ホント簡単な基本問題ばかりなんすけども、そういや3年生の時にめっちゃ苦労した2ケタ×2ケタの掛け算(5年なので小数の掛け算ですが)、普通にできるようになってますやん、お兄さん!


当時は、筆算で数字がずれっちゃったりして(しかも字が汚いもんだから)、答えなんか合うわけないね状態でやんした( ̄ー ̄;




算数はめっぽう弱いユタですが、遅れながらも理解できる時がやってくるようです。


思えば、時計が読めないと心配したり、九九が覚えられないと心配したり・・・

(時計は今でも若干怪しいけど(^-^;)




学力は、遅れ気味でも18歳くらいまでには追いつくという話を聞いたことがあります。


発達が早くて、中学以前に高い学力を身に付けるお子さんもいますが、特に男の子はその先に伸びしろがあるのではないかと思う今日この頃です。


なーんて言ってて、ちっとも伸びなかったりするかも(^-^;


ま、小学校入学まで読み書きの出来なかったユタですから、それを思うとやっぱり成長していますわ(^-^)




やっぱり、発達障害という診断を受けていると、ついつい人様より心配も大きくなりがちですが、私自身も焦らないように、なるべく温かく見守らなくては!






にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村

edit

CM: 0
TB: 0

page top

2017-10

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。