苦あれば楽あり。 

ADHD児 ユタと 独身母 なでし子の つれづれ日記。Since 2007.05.16

Category: スポンサー広告

スポンサーサイト 

--/--/-- --.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

edit

CM: --
TB: --

page top

Category: 発達障害・薬

コンサータ、増量する? 

2013/03/17 Sun.

ユタは、今現在コンサータ18mgを服用しています。

この量は、年齢、体格からしてもごくごく微量なわけで、正直効き目はどこまであるのか・・・


主治医にその事を聞いてみました。

曰く、「どうせ飲むなら、副作用が出るギリギリまで増量した方が良い」との事。


以前の服用目的は、問題行動を抑える為でした。

しかし、夏に受けたWISC-Ⅲの結果を受け、学力の方に支障が出そうだという事で、
今は、そちらを補う為に服用しているのです。

なので、どうせならきちんと効果のある量を、という事のようです。

(今のところ、理数以外は標準レベルだと思われますが)


とりあえず、今すぐにではなく、新学期に入ってからの様子で決めましょう、という事になりました。


確かに、効果のない量を飲み続けているくらいなら、止めてしまった方が良いでしょう。

ただ、やはりユタにはそれによって補われる部分も多い訳で、
本来持っている力を出せるのであれば、薬に頼る事も致し方ない事だとも思います。


中学校生活は、勉学が中心ですからね・・・。

本当はそれだけではなく、色んな事を学ぶ場なのですが、
少なくともユタの中学には、勉強以外を教えられる教師はいないようなので。
(勉強を教える事ですら、怪しいし・・・)


結局、こちらが相手に合わせるしかないんですよね。。。

とにかく、今のユタには、薬は必要不可欠なものなのかも知れません。


何はともあれ、劣悪な環境でも1年乗りきった事は自信になるのでは?
との、主治医よりのお言葉でした。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
↑ぽちっと応援おねがいします♪

スポンサーサイト

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

発達検査とコンサータ。 

2012/08/11 Sat.

3年ぶりに、WISC-Ⅲを受けました。

結果、数値的にものすごい下がっていました。

普段の様子を見ていても、ものすごく能力が下がっているように感じていたので、これは想定通りではありました。

検査者も場所も前回までと変わって初めての場所で、当日はものすごい緊張感が高かったようで、その事も影響しているのかと思いきや、そういう事ではなるべく影響受けない仕組みになっている、との事でして。。。


これだけ数値が下がった理由の一つとしては、当日、薬(コンサータ)を飲んでいなかった事が大きいそうです。

特にユタの場合、「処理速度」と言うのがものすごく低く(例えば、板書などに影響するらしい)、この部分は薬で補えるのだそうです。


私は、今置かれている環境も影響しているのではと思い(小3の時に受けたものが、飛躍的に伸びていた経験も踏まえ)、医師に聞いてみたら、

それもあるかもしれないけど、やっぱり薬は飲んでおいた方が良い、とのお答え。


これだけ下がっていると、勉強の方も厳しくなっているのでは?と聞かれ・・・

確かにその通りでござんす。

板書ができないというわけではないけど、とにかくノートの字が汚い。

ページを飛ばしたりもするので、すぐにノートがいっぱいになってしまうし(-_-;)


この結果を受け、とりあえず対処できることとしては、薬を再開する事。

環境を整える事は、難しいのでね。


以前は、衝動性を抑える目的で服用していたけど、今は勉学に支障が出ないように・・・その事で自己肯定感が上げられるのであれば、これはユタにとって重要なツールになる。


本人も、今は薬を飲む事に前向きになっています。


とにかく、めちゃめちゃ下がっている自己肯定感(=やる気が低下)を、少しでも上げられるように、ユタの立場が少しでも良くなるように・・・


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

最近の薬事情。 

2012/04/10 Tue.

コンサータ(18mg)ですが、最近は全く飲んでおりません。

6年生の3学期は、ほとんど飲まずに過ごし、卒業式もそれで乗り切りました。

初めは本人に毎朝意思確認していましたが、飲まない日が続くと、数年続いた朝の習慣も、私が忘れるようになり・・・^^;

今では二人ともすっかり忘れてしまっています(笑)


ちなみに、どんな日に「飲む」と言っていたかというと、担任が出張で居ない事がわかっている日や、何かをやらかして叱責された翌日など・・・

という話を主治医にしたら、「それだけ解ってコントロールできるのはすごい!」と褒められ(?)ました^^;


以前、お世話になっていた心理士の先生に、

「そのうちうっかり飲み忘れて、“あれ?飲まなくても大丈夫だった”という日が来る。それが続くと卒業よ。」

と言われた事がありました。

無理に止めようとしたこともありましたが、やはり先生が仰ったような“その日”は自然と訪れるようです。


久々に、「薬どうする?」と確認したら、

「また変になったら飲むよ」だそうです^^;


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

薬と成長の因果関係。 

2011/12/10 Sat.

現在、コンサータ18mを服用しているユタ。

2学期は行事目白押しだったので、前半の平日は休まずに飲んでいましたが、最近は飲んだり飲まなかったり。

本人が思い出せば飲んだり、あとは集中すべき事(テストなど)がある日に飲ませたりしています。

ユタは「イライラしないために飲みたい」と思っているのですが、私はなるべく意識させないようにして、徐々に飲まなくても平気、と言う経験値が積まれれば良いなと思っています。

担任には、以前は飲まない事を報告していましたが、それが却って先生の心理に影響するようなので、今は言っていません^^;


さて、コンサータの副作用として、「食欲減退」というのがあります。

ユタは、18mgという一番少ない量を飲んでいるので、今はほとんど副作用はないように見えます。


入学時は真ん中くらいだったのに、気付けば、現在はクラスの男子の中で一番背の低いユタ。(現在143cm)

ちょっと心配になって、医師に薬が及ぼす成長への影響について聞いてみました。


私は、食欲が落ちる事によって、成長にも影響が出るのだろうと思っていましたし、以前は医学的にもそのように思われていたそうなのですが、実際のところは解明されてはいないのだそうです。

子供の発達調査をする事は、なかなか難しい事なのだそうで・・・。

医師は、影響が出ると言っても1cm程度の事で、それくらいなら飲まないで生活するより、必要な人は飲む方がずっと良いわけで・・・と言っていました。


難しい判断ですね。。。


まぁ、まだ声変わりもしていないユタですし、手足は異常に成長しているので、今はあまり気にしない事にしよう。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

苦渋の決断。その後。 

2011/09/26 Mon.

(前記事→苦渋の決断。


ユタはコンサータを再開して、落ち着いた日々を送っております。


担任の先生は、潔く(?)再開した事を大変驚いていたので(あんたがそうさせたんやろが!)、「お互いの平和の為ですよ」ってイヤミ込めた言葉放っときました。


主治医にも相談しました。

曰く、

先生にそういった負の気持ちがある時は、無理に止めない方が良い。

これは意外と侮れず、先生の気持ちが周囲の子にも伝染して、良くない方向(イジメのターゲットや孤立状態)にいく事が多い。

そういった事も含めての、「服薬」なのだ。


と・・・。


何だか腑に落ちないけど、やはりユタを守る為には致し方ないのか?

相手を変える事は難しいですからね。


一番の気がかりは、成長期にこの薬を飲む事で影響は出ないのか?という事。

医師はきっぱり、


「それは出ますよ!」


ですとε-(‐ω‐;)


医師にしろ、担任にしろ、所詮他人事ですからねぇ。。。

まぁ、ユタは週末服用していないし、処方量も少なく、ご飯も何とか食べられているので、成長への影響は少ないと願いたいのですが・・・。


学期初めは教師も子供も落ち着かないもの。

特に2学期は行事が目白押しですから。

そういう時は無理をせず、やはり薬の力も少々借りて、また徐々に減らしていけば良いではないか!


これからは、馬鹿正直に担任には話さず、うまくコントロールしていこうと思います。



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

苦渋の決断。 

2011/09/13 Tue.

夏休みは一度も服薬せず、学校のプールや学習支援に問題なく参加し、そのまま2学期に突入。

本人も、薬を飲む事を全く忘れてしまっているので、これはやめるのには良い機会だと考えていました。

おふざけが過ぎる事もあるようですが、授業中などは集中できているようだし、先日の授業参観でも何ら問題なく見えたので、完全に大丈夫だと思い、担任にもそのように伝えました。


やっぱり、今まで飲んでいたものをやめられるのは不安なようですね。


「明らかに今までと様子が違う事(おふざけや下ネタが増えて)に、周りの子供たちが戸惑い始めている」

と言われまして・・。


要は、薬を続けてほしいという事。


誰かを怪我させた、とか、危険な事があるわけでもないのに、高学年になると、こういった事は受け入れられないのですね。

特に、ユタのクラスは一見問題児は一人もおらず、とても落ち着いているクラスだからでしょうか。。。


そして、周りと同じ事をやっていてもなぜか悪目立ちしてしまうユタ。

そんなわけで、先生にも叱られる事が人一倍多いそうです。


本来の明るさを取り戻したユタを、受け入れてくれている子は多いのですが、先生の目は厳しいようで。。。

確かに、周囲からヒンシュクを買い続けて人間関係に溝ができる、というのもわからなくもないのですが・・・。


最近は、そんな空気を察してなのか、朝になると「おなかが痛い」と不調を訴えるようになり、これは黄色信号が点ったと判断。


「薬を飲んでいないから」という先入観により、言動が目立ち些細な事で叱られ、自尊心を傷つけられるユタ。。。


指導力のなさを棚に上げ、子供のせいにする教師たち。

私は、そんな彼らとは今さら話し合う気もありません。


そして、我が子を守る為に、苦渋の決断を下しました。

薬を再開する。


薬は、最低限の学校生活を送る為の手助けツールであり(ユタの場合は多動・衝動を抑える為)、決して皆と同じレベルに持っていく為のものではないのですよ。

血液検査を定期的に受け、成長度合いを気にしながら、リスクを負う事、それをいとも簡単に押し付ける学校。。。


発達障害と言う診断を受け、皆と違う事も初めから解りきっているのに、皆と同じ事が出来ないと排除される・・・。

悲しいかな、これ、日本の義務教育の現実です。


かつては情熱のある先生だったのですが、最近は事なかれ主義が前面に出ています。受験生を抱えているので、それも致し方のない事なのでしょうか・・・。

とは言っても、クラスに馴染めず転校まで考えていたユタを、ここまで引っ張ってきてくれたのも事実。感謝しています。


卒業まであと半年。

楽しく小学校生活が送れる事を、切に願います。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 4
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

最近の様子。-コンサータを減らして- 

2011/06/12 Sun.

昨日は、朝9時から出突っ張りでござんした。

①ユタの病院(薬を貰いに、私のみ)→②教育センター(私のみ)→③スイミングの付き添い→④夜は職場関係の飲み会

はぁ…疲れた。そして私、エライ!←誰も言ってくれないから(笑)

録りだめしているDVDもじぇんじぇん見れていない今日この頃・・・貧乏暇なしでござんす。


それはさておき、新学期から薬を減らしているユタ。

5月までは、平日に一日休薬日を設け、6月からは週二に増やしての最近の様子、問題点を担任の先生に尋ねてみました。


Q1.授業中の集中力について。

A.授業は概ね集中しています。
ただ時々、ひもをいじりだしたりすると声をかけるまでやめる事ができません。


まぁ、授業にある程度集中できて理解できているのなら、問題ないっすよね(^_^;)


Q2.友達とのコミュニケーションについて。

A.会話の中で流れをつかめず発言してしまう事があります。(自分の興味のある事)
それと、ベタベタしすぎて、「やめろよ」と言われてもヘラヘラしていたり、しつこくしてしまったりしている姿を目にします。
一方、人懐っこいところもあり、とてもよく私などにも話をしてくれます。下品なネタも多いですが、その都度軽く注意しながら対応しています。


これも、経験値で学んでいくしかないかな・・・

それと、服薬している時は緊張感が高まるのか、人見知り状態になって先生にもあまり近付かない傾向にあったのですが(つーか、単に先生怖い?)、人懐っこい&下品なネタは本来のユタの姿だと思います(^_^;)


主治医曰く、薬を飲むか否かは、周囲の困り感次第、だそうで。

要は、友達が非常に迷惑しているかどうか。手が出たり、嫌がらせをしたり・・・今のユタ程度なら、周囲は受け入れてくれる範疇ではないかと私は思うのですが。

にしても、周囲に合わせるためだなんて、いかにも「日本」らしいですわい。


まぁ、これでスパッと辞めてしまうのは本人も不安だろうから、このペースで少しずつ減らしていきましょう、との事でした。

18mgという量も、ユタの体格から考えるとほとんど効果のない量だそうで、要するに気持ちの問題的なものが大きいわけです(^_^;)

そもそも、多動衝動を軽減するために飲んでいたコンサータですので、それはもうクリアできたし、上記程度の問題なら薬でコントロールするものでもないでしょうしね。


そんな感じで、完全に止められる日は近いと思われます。

中学でまた環境変わったら、お世話になるかもしれませんけどね(^_^;)


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

賭け。 

2011/06/03 Fri.

明日は運動会です。

で、ユタは「薬(コンサータ)を飲まない」そうです。


騎馬戦の大将になったユタ。

薬を飲んでいると、闘争心がなくなって力が出せないとな(´゚∀゚`;)


小学校最後の運動会。

賭けに出ても良いのでしょうか。。。


にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 0
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

どんな薬にも副作用はある。 

2011/05/06 Fri.

コンサータの服用について、副作用やデメリットばかりを強調し、不安をあおるような記事を書いているブログがあります。

ユタも小2から飲み始め、4年近く服用していますが、この記事を読み、私も今更ながら不安になってしまった。。。


ちょい待ち!!


誰だって、薬なんか飲ませたくないし、今すぐやめたいさ!!

でも、今の日本の公立学校のシステム上、コンサータを飲む事によって、はるかにメリットの方が大きくなるんです。悲しいかな。


皆と同じ事ができなくて毎日怒られてばかりより、できる事を少しでも増やして自己評価を上げていく方が、成長期の子供にとってプラスになるはず。。。


コンサータを飲ませる親は愛情がないですか??

そこまで行き着くのに、どれだけの葛藤があった事か。。。


どんな薬にだって副作用はあるんです。

じゃあ、あなたは風邪薬も飲まないのですか???


何だって、使い方によって良薬にもなるし、麻薬にもなる。



まぁ、どんな事を書こうが自由ですからね。

だから、私もこうやって自分のブログでぶちまけるのさ!(笑)



にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ
にほんブログ村←ぽちっと応援おねがいします♪

edit

CM: 6
TB: 0

page top

Category: 発達障害・薬

新学期。クスリ大作戦。 

2011/04/10 Sun.

いよいよ、小学校最後の学年の幕開けです。


担任は、やはり持ち上がりでした。ホッ。



3年、そして5・6年と、結局小学校生活の半分がこの先生です(^-^;


問題のないお子さんの親たちは「違う先生が良かった」などと言っているし、先生も、保護者会の挨拶でも馴れからなのか何なのか、「本当は異動願い出したんですけど・・・」なんて言っているし(冗談でもそんな事言わないでほしいなぁ(-_-;))、違う先生の方が良かったのかな・・・とちょっと考えちゃったりもしましたが。。。


でも、ユタにとっては、やっぱり最後の一年新しい先生になるという事は少々大変なわけですし、この先生のお陰で今のユタがあるわけですし。




先生は、先日の入学式でユタが姿勢良く座っている姿を見て、6年前を思い出し、大変感慨深いものがあったと言っていました。


そういう話を聞くと、やっぱり最後まで見届けてもらえる事は幸せな事だと思えます。




そういえば、1・2年の時の担任が異動になっていて、また一人、ユタ伝説を知る先生が去りました。




さて、昨年度末に「薬飲まない」宣言をしたユタ。


そして、あの大震災の日を一日乗りきったわけですが。




で、今後の事。


「ビタミン剤作戦」(→こんな方法どうでしょう?)を実行した方が良いのか?本人にしっかり自覚させて止めて行くのがいいのか?


主治医に相談してみました。




答えは後者でした。




ユタは薬を飲んでいない事を自覚し、自制しようとしているらしいのですが、それが一番大事なのだそうです。


最終的に完璧にコントロール出来るようになれば、薬は卒業。




これからは、週一でそういう日を設けて、徐々に日数を増やしていく、という作戦です。




成功を祈る。







にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 注意欠陥・多動性障害へ←ぽちっと応援おねがいします♪

にほんブログ村  


edit

CM: 0
TB: 0

page top

2017-05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。